カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画バンブルビーの主題歌Back to Life/ヘイリー・スタインフェルド 歌詞の和訳紹介!

2019/07/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画「バンブルビー」で主演を努めたヘイリー・スタインフェルドが手がけた主題歌「Back to Life」

彼女が撮影を通して感じ取ったバンブルビーへの思いを歌詞にした曲です。

映画ではエンドロールで流されていますが、チャーリーとバンブルビーのお互いへの信頼と思いやる気持ちを映画でたっぷり見た後、すっと心に染み込む歌だなぁと思いました。

そんなヘイリー・スタインフェルドの思いの詰まった曲「Back to Life」の歌詞を日本語訳してみました。

ボクも映画を見て感じたインスピレーションのまま、訳してみましたので、楽しんでいただけると幸いです。







Back to Life/ヘイリー・スタインフェルド の動画

「Back to Life/ヘイリー・スタインフェルド」 歌詞の和訳

‘Cause I’m bringin’ you back to life

だから僕が立ち直らせてみせる

Our love’s enough
Transcending us through space and time
It’s holdin’ up
It keeps you and me intertwined

距離も時間も超えてお互いのことを思い続けている
僕達は固い絆で結ばれているから

What’s a bad dream if you ain’t tryin’ to do it?
What’s a heartbreak if you ain’t cryin’ all through it?
What’s a sunset if you ain’t ridin’ into it?
Let’s drive into it

挑戦しようとしてなかったなら、悪い夢も見なかった
辛くて泣かなかったらなら、失望することもなかった
始めなかったなら、ハッピーエンディングは迎えられなかった
さぁ、はじめよう!

‘Cause I’m bringin’ you back to life
And I know that you’re gone but I swear that you’re here
It’s a feelin’ that won’t disappear

昔の自分を取り戻してほしいから
本当はあなたもそうしたいと思っている
だからここにいるのだと信じている
消えることのない思いを

And you’re bringin’ me back to life
I was lookin’ for somethin’ that I couldn’t find
It’s a feelin’ you give me inside

そして君は僕を立ち直らせてくれる
僕がずっと探していて見つけられなかったものを
僕の心の中に君が思い出させてくれる気持ち

Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
‘Cause I’m bringin’ you back to life
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
This feeling’s comin’ back to life

あの頃の君を取り戻させてあげる
この思いで君を変えてみせる

Our memories
They’re more than just our history (Our history)
They lift me up
They flow like electricity (Oh-oh, oh)

僕達の思い出は、ただ時間が過ぎた以上のもの
僕はそれで癒やされた
電気に打たれ、満たされていったかのように

What’s a bad dream if you ain’t tryin’ to do it?
What’s a heartbreak if you ain’t cryin’ all through it?
What’s a sunset if you ain’t ridin’ into it?
Let’s drive into it

挑戦しようとしてなかったなら、悪い夢も見なかった
辛くて泣かなかったらなら、失望することもなかった
始めなかったなら、ハッピーエンディングは迎えられなかった
さぁ、はじめよう!

‘Cause I’m bringin’ you back to life
And I know that you’re gone but I swear that you’re here
It’s a feelin’ that won’t disappear

昔の自分を取り戻してほしいから
本当はあなたもそうしたいと思っている
だからここにいるのだと信じている
消えることのない思いを

And you’re bringin’ me back to life
I was lookin’ for somethin’ that I couldn’t find
It’s a feelin’ you give me inside

そして君は僕を立ち直らせてくれる
僕がずっと探していて見つけられなかったものを
僕の心の中に君が思い出させてくれる気持ち

Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
‘Cause I’m bringin’ you back to life
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
This feeling’s comin’ back to life

あの頃の君を取り戻させてあげる
この思いで君を変えてみせる

I can see you in the night
Comin’ through like flashin’ lights
When the world is passin’ by
Oh, oh, oh
(×2)

暗い夜でも君に気が付くよ
君は光を照らすのような存在だから
たとえ他の、全世界の物に気が付かなかったとしても

‘Cause I’m bringin’ you back to life
And I know that you’re gone but I swear that you’re here
It’s a feelin’ that won’t disappear

昔の自分を取り戻してほしいから
本当はあなたもそうしたいと思っている
だからここにいるのだと信じている
消えることのない思いを

And you’re bringin’ me back to life
I was lookin’ for somethin’ that I couldn’t find
It’s a feelin’ you give me inside

そして君は僕を立ち直らせてくれる
僕がずっと探していて見つけられなかったものを
僕の心の中に君が思い出させてくれる気持ち

‘Cause I’m bringin’ you back
‘Cause I’m bringin’ you back
‘Cause I’m bringin’ you back to life
‘Cause I’m bringin’ you back to life
And you’re bringin’ me back
And you’re bringin’ me back
And you’re bringin’ me back to life
This feeling’s comin’ back to life

僕が君を立ち直らせるから
そして君が僕を元通りにしてくれる
二人の思いがあるかぎり

Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
‘Cause I’m bringin’ you back to life
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
This feeling’s comin’ back to life

僕が君を救ってみせる
この思いで




映画を見て感じた歌詞の意味

「Back to Life」という英語は直訳すると

「生き返らせる」

というような意味になります。

が、ここで言う「Life」はただ単に「生きている」というよりも「目的を持って生きる」ということだと思います。

チャーリーは父親を亡くした後、そのショックから一人立ち直れずにいました。
そのせいで家族からも孤立し、友達からも離れてしまい、それまで打ち込んでいた飛込みも辞めてしまいます。

生きてはいるけど、本当にただ生きているだけ

唯一の目標である、おそらく父親の遺品だと思われるシボレー・コルベットC1型の修理も行き詰まってしまいます。

引きこもりじゃないだけまし、というような生活です。

一方、バンブルビーもそれまでの記憶を一切なくし、

    自分が誰であるか、
    なぜここにいるのか、
    自分に何ができるのか、

もわからずに途方に暮れていました。

そんな二人が互いを助け合うことで立ち直っていく姿が微笑ましく、これまでのトランスフォーマー・シリーズの映画と一線を画する内容で、ボクはとても良かったと感じたのです。

ヘイリー・スタインフェルドが作詞した歌詞を見ると、まさに同じことを彼女も感じ取っていたのではないか、と思いました。

しかも、ボクが思うには彼女はバンブルビーの立場でこの歌詞をかきあげたのではないか、と思ったのです。

チャーリーが何かと世話を焼いていますが、喋れないバンブルビーがどれだけチャーリーのことを思っていたのかは、行動をみればわかります。

見ず知らずのバンブルビーに対して怖がらず、疑わず、ただただ助けてくれるチャーリーのために、なにかしたいと、バンブルビーも思ったはずです。

話せないからこそ、その思いが明確に視聴者に伝わらないように思いましたが、バンブルビーもチャーリーのことを知れは知るほど、助けたいと思ったのではないでしょうか?

What’s a sunset if you ain’t ridin’ into it? の補足説明

訳していてこの一文の意味が今ひとつつかめませんでした。

「Riding into」は直訳すると「乗り込む」ということになります。

この一文の上の2行はおそらく、チャーリーが乗り越えようとして乗り越えられずに傷ついている状態を見て、

今はできていないかもしれないけど、やらずに諦めたのではなく、乗り越えようと第一歩は踏み出したことに目を向けて自分を褒めたらどう?

と、気が付かせてあげているように思えました。

ところが、その後に来るこの一文、直訳で「それに乗り込まなかったら夕日って何?」が繋がりません。

そこでいろいろと調べてみると、こんな言い回しを見つけることができました。

Riding off into the sunset.

これは「夕日に向かって馬に乗って行く」という意味です。

これだけでは、全く意味はわかりませんが、この言葉が生まれた背景説明を読んで納得しました。

西部劇が流行っていた頃、ほとんどの西部劇のエンディングは主人公が悪者を倒し、美しい未亡人に小さい息子が見守る中、真っ赤になって沈んでいく夕日に向かって、ゆっくり去っていく、というものでした。

ここから「Riding off into the sunset.」は、ハッピーエンドという意味に使われるようになったのです。

丁度こんな感じですね。

おそらくヘイリー・スタインフェルドもこの言い回しを意識してこの一文を歌詞に加えたと思ったのです。

「Riding into」自体が「乗り込む」という意味で、転じて「始める」という意味として使い、「a Sunset」という言葉で「Riding off into the sunset」を意識させる。

なかなか粋な一文だと思いませんか。

まとめ

映画「バンブルビー」の主題歌「Back to Life/ヘイリー・スタインフェルド」の歌詞を和訳してみました。

ボクはこの歌詞が、どちらかと言うとバンブルビーの目線で作られたものだと感じましたが、チャーリーの思いを歌ったものとして見ても違和感はないと思います。

ボクは幸いにもチャーリーのように、心を閉ざしてしまうほどの辛いことに巡り合ったことは、まだありません。

が、たとえそんなことが起こったとしても、生きている者としては立ち直らなくてはならないのでしょうね。

そんなときに、バンブルビーのように「自分がしっかりしないと彼はどうなるのか」というような、守らなければならない存在がいると、悲しいことにいつまでも囚われてはいられなくなるのでしょう。

そんな場合、チャーリーがバンブルビーを助けているのか、バンブルビーがチャーリーを助けているのか

どっちなんでしょうね?

関連記事: 映画バンブルビーのネタバレ感想とあらすじ!任務を遂行できたのか?
関連記事: 映画バンブルビーでトランスフォーマーたちが地球に落下したときの被害は正しい?
関連記事: 映画「バンブルビー」の撮影秘話とトリビア紹介!続編の可能性は有る!?
関連記事: 映画「バンブルビー」で使用された80年代の名曲を紹介!主演のヘイリーが作った主題歌も!











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.