メンターや先生に従事するのは一番貴重な時間を有効利用するため-勉強と考えるより投資と考えよう

      2017/01/14

Pocket

メンターが必要かどうかと思い悩む人がおられると思います。今やネットで殆どの情報が無料で手に入るし、自分で独学で
やっていったほうがお金もかからず、いいんじゃないか、と思ったりするわけですが、これがやってみるとなかなかどうして
一人でやっていくというのは非常に難しい作業なんですね。


スポンサードリンク




最初はある程度スムーズに行くと思います。やる気もあるし、色々情報を調べて自分でやって形になっていく満足感も
得られますし、あれもしたい、これもしたいとバラ色の未来を想像しながらやっていけます。

ところが結構すぐに第一の壁が立ちはだかります。思っていたより成果が出ない、伸びない、という現実です。
ここで一人でやっている方はなぜだろうという疑問を持って、それを解決してやろうとするのですが、経験のない問題です
ので手探りの状態で対応せざるを得ません。
この方法が良いのかな、あの方法ではどうかな、と思いつく限り、また探し当てた無料の情報をもとにいろいろ試しますが、
なかなか解決してくれないことが普通です。
大体、はじめからやってきた方法自体が正しかったのかどうかもわかりませんので、どこに問題があるのか、
わからなくて当然です。
その内、突破できない壁の前にやる気も完全に吸い取られてしまう、ということになりかねません。

例え話をさせて頂くと、僕はヨガを習っていたことがありましたが、ここで言うメンターに当たる先生の教室に
通っていました。ヨガをやられている方、やられていた方がいらっしゃればわかると思いますが、ここのポーズ自体は
それほど難しいというか、複雑なものはありません。まぁ、実際にやってみるとあまりの体の硬さにできないのが普通ですが。
でもやっているうちに柔軟性が得られてそれらしいポースをできる様になります。が、まだ完璧なわけではありません。
でも自分で自分がやっているポーズって見えないんですよ。絶対に無理です。
これを一人でやっていると正しいポーズに行き着かず、それらしいポーズをしている中途半端な柔軟体操しかできない、
ということになってしまいます。
あるポーズをすることで体のどこの柔軟性を得ようとしているのかをきちんと理解した先生に、ここを伸ばしなさい、
腰はこの位置に、踵は浮かせずに、と言われても体のどこを動かせば言われたとおりになるのかもわからず、結局手とり
足取り直してもらって初めて正しいポーズがわかった(というより正しいポーズをした時、どこが張るのかが分かる)
という経験をしてきました。

別にこれはヨガだけの話ではなく、ダイエットもそうですし、踊りもそうだと思います。
自己流でできなくはないけれど、正確に覚える、身につける、成果を出すにはその方法を知っているメンターに従事する
のが一番早く、効率的です。

この効率的というのがかなり重要で、お金がかかることよりも更に大切な時間を節約することができます。
時間があれば、そこでメンターや先生を雇ったお金を稼ぐことができますが、お金を節約しても消費した時間は帰ってきません。
メンターや先生を雇うという行為は、いわゆる「勉強」として認識されますが、より良い自分になるための「投資」と
認識するほうがいいと思います。そして更に成長した後、以前よりももっとお金を稼いで、投資分を回収するという考えで
いたほうが良いでしょう。


スポンサードリンク




 - 未分類