荒川区の崎山氏が落選する可能性と北区音喜多氏が当選する可能性を大予想!

      2017/01/14

Pocket

正月休みが一段落し、2017年の政治の話題がまた盛り上がってきました。

小池都知事が7月の都議選に対して40名の候補者を立てる予定で、候補者選びを始めたという
ニュースが駆け巡り、何処に誰を立候補させるかとか、標的は誰だとか専門家を交えて議論が
されていますが、僕の個人的な見方で昨年12月に有名になった自民党都議の崎山氏の荒川区と
小池都知事にかなり近いと言われて存在感を増している音喜多氏の北区の予想をしてみたいと
思います。


スポンサードリンク




定数2人の荒川区、前回1位当選の崎山氏も今回はうかうかしてられない?

前回は自民と公明の候補者のぶっちぎりで当選した荒川区。

今回も定数2人で変わりはありません。前回の有権者数と投票率を見てみますと160,466名と
46.17%になっています。

投票結果は1位崎山氏で22,361票、2位は公明党候補者で20,203票。以下11,791票、9,798票、
8,801票を民主、共産、維新で獲得して落選しています。

ここに小池都知事の刺客が送られたら、崎山氏を落選させるより公明党候補を落選させることに
なるのでは、という心配がなされていると、一部の報道でされていました。

しかし自分は、その見方には賛成できません。
その根拠は投票率です。

前回の投票率は46.17%と低く、あまり関心がなかったことが伺えます。それに比べて前々回の
投票率は58.20%と6割に迫る勢いでした。約10%の違いがありますが、この差を投票数にして
見てみますと馬鹿にできません。16万の有権者の10%ですから16,000という票になります。

この票だけで、3位の民主当候補が獲得した票数よりも多いわけです。

この10%は選挙に行っても行かなくても一緒と思っている無党派層になるとは思いますが、
そういった人たちが選挙に戻ってくるとしたら、その理由はなんだと思いますか?

それはやはり、小池旋風しかありません。
そんな人達が崎山氏に投票をするでしょうか?まず、しませんよね。

加えて崎山氏に前回投票した人たちも全員が全員、何が何でも崎山市に当選してもらわないと
行けない、と思っているわけではありません。
自分も選挙運動を手伝ったことがありますが、熱心に応援している人に頼まれて、という理由で
投票している人が絶対にいることは経験上間違いありません。

そういった人たちが今回も崎山氏に投票することは無いでしょうから、十分崎山氏が投票数を
減らすことは予想されます。

一方で、公明党は組織票がしっかりしている上、すでに小池都知事と手を組んでいるので
さらに得票を伸ばす可能性があります。

まとめとして、僕は十分に小池印候補者と公明党候補者のワン・ツーフィニッシュはあると
見ています。
その為に必要なのは、小池都知事が選挙までに失敗をしないこと、小池印候補者がスキャンダル
など無い、しっかりした人物であること、最後に投票率が高いことが挙げられます。

定数4人から3人に減る北区。都連幹事長を相手に前回4位当選の音喜多氏は?

さて、定数4人から3人に減ってしまう北区。前回は自民党、公明党、共産党の順で1位、2位、3位
となり、最後の当選者として音喜多氏が滑り込みました。

得票数別に見てみますと、1位 33,918票、2位 28,686票、3位 25,108票、4位13,296票、
5位 10,377票、6位 10,055票、7位 9,689票となっています。

上位3名と音喜多氏の差は1万票以上の開きがあり、難しいのでは、という印象を受けますが、
ここでも有権者数と投票率を見てみましょう。

前回の選挙での有権者数は273,036人、投票率は48.89%でした。やはり前々回の選挙と比べて
投票率は落ちており、前々回は59.29%ありました。これを票数で見てみると28,402人の有権者が
選挙を棄権していることになります。

この数字だけでほぼ2位と同数、これの数字が単純に音喜多氏に入ったとしたら4万票超えで
らくらく1位当選です。

こうなってくると自民党候補と公明党候補、共産党候補で誰が1人が落選することになりますが、
小池都知事としては、やはり都連幹事長の高木氏が落選してくれると都議会自民党に与える
ダメージが大きくなります。

そうなってくると、投票率を伸ばすことはもちろん、北区ではいかに自民党候補者から投票数を
奪うか、ということが戦略の金目になりそうです。

まとめ

今回は荒川区と北区の選挙予想をしてみました。

前回の得票数だけ見ると難しいのでは、と思える差があったとしても、投票率が伸びれば
かなり簡単に覆る可能性があることがわかりました。

まだ選挙まで半年ありますので、その間に今の状況がガラッと変わる大きな動きでも無い限り、
小池都知事有利で投票率が伸びる選挙になりそうです。


スポンサードリンク




 - 政治