30代、一人暮らしでインフルエンザにかかりました。皆さん、風邪には気をつけましょう。

      2017/01/14

Pocket

冬も本格化してきて、風邪の季節になってきました。ネットニュースでノロウイルスが流行るとの予報も出てましたし、皆さん風邪には注意してください。日頃からのちょっとした予防、帰ってきてからの手洗い、うがいなどを徹底して、寒いと思ったら一枚羽織る。疲れていると思ったら無理せず暖かくして寝るなど、できることで対処していくしか無いですね。


スポンサードリンク




最近、鼻を洗う鼻うがいを最低一日一回、できれば朝晩二回するようにしていますが、これが結構効くように感じます。喉の痛みや鼻づまりなど、もともと耳鼻咽喉が弱いのですが、朝起きて痛かったり、夜鼻が詰まってして鼻の奥に痛みがあったとしてもこれをするとかなりスッキリしてなんとか水際で風邪が本格化するのを防いでいる感じです。もしよかったらお試しください。

今でこそ、家族がいて風邪を引いても妻が看病してくれるんですが、独身、一人暮らしののときは風邪引いたら大変でした。熱出してうなされて寝ていてももちろん誰も看病してくれません。食事はおろか、水分補強したくても自分で起き出して台所まで行かないと水すら飲めない。汚れた寝間着が溜まっていっても誰も洗濯してくれず、終いにはジーンズ&トレーナーで寝ていたこともありました。

一度、インフルエンザになった事がありますが、それはこんな感じでした。
ある冬に陰気になってもいけないので、日本人の皆で鶏鍋を皆でやろうと言い出し、ある週末に皆で集まることにしました。鶏鍋大会は無事終了したのですが、そのとき、友人の一人が風邪を引いて来れなくなりました。その友人は日本から家族で駐在員としてこちらに来ていましたが、たまたまその時、奥さんが子供を連れて日本に帰っていたため、それはつらかろうと思い、御見舞を持っていった記憶があります。
翌週末、彼も元気になったので、楽しみにしていた鶏鍋ができなかったので、ということで、彼の家で鶏鍋の材料を持ち込んで二人で楽しみました。

ところが、そのとき、彼の風邪をもらってしまったんですね。数日後、具合が悪くなってぶっ倒れ、熱を出して寝床で養生する羽目に。医者にはなんとか行って薬をもらってましたが、とにかく熱と喉の痛みでぼーっとしながら寝ていました。
そしたらその彼が見舞いに来てくれ、そのときにアイスパックとフルーツ缶を買ってきてもらったことを覚えています。
熱があるため寝れないので頭を冷やすための保冷剤と水分補給と糖分補給、何よりのどが痛いので固形物を食べたいという食欲がなかったのでフルーツ缶を頼んだのでした。

保冷剤は普段は必要ないかもしれませんが、やはりいざという時便利です。今では熱冷まシートもありますし、何かのために用意をしておくといいでしょう。
フルーツ缶も普段は食べませんが、風邪のときだけでなく、緊急時の食料としても利用できますし、缶詰ですから長期保存には向いています。持っておいて邪魔になることは無いと思いますのでいかがでしょうか。





スポンサードリンク

 - 未分類