千代田区長選挙公示を明日に控えて与謝野信氏に日の丸問題が

      2017/02/02

Pocket

東京都の小池百合子知事と「都議会のドン」自民党都連重鎮、内田茂都議の“代理戦争”と
騒がれている東京都千代田区の区長選が29日に告示されます。

投票日は一週間後の2月5日で即日開票、この結果は夏の都議選に大きく影響し、ひいては
衆議院解散選挙の有無をも占う試金石になるのでは、と言われています。

そんな千代田区長選挙の3候補に関わる動きから今後の選挙戦と結果を予想してみたいと
思います。





スポンサードリンク

圧勝予想も出た現職の石川雅己氏だが、このニュースはあまり嬉しくない?

多選と高齢が唯一問題視される要因である現職の石川氏ですが、22日に開かれた決起集会に
応援を公表している小池都知事も駆けつけ、大変な盛り上がりでした。

政策的にも大きな問題はなく、逆にこれまでの成果が武器になっていて、しかも人気絶大な
小池都知事の応援もあります。

これだけ並べると負ける要素がなさそうですが、ここに来て2つの不気味なニュースが出て
きました。

まず一つが25名いる千代田区議員のうち、与謝野氏の応援に回る区議員が20名、というものです。

実際はわかりませんが、このニュースだけを見ると石川氏の区議員による人気度はあまり
よろしくなく、むしろ対立していると見たほうが良さそうです。

調べてみますと自民系の区議員数は14名。石川氏を応援しないとしている区議員数は20名です
ので、自民系以外の区議員からも協力をしないと言われたことになります。

残りの

さらにもう一つのニュースが、「2万票対5千票で圧勝」というデータが報道されたことです。

僕としたはこちらのニュースのほうがよっぽど心配で、まだ公示もされていない次期に、この
4倍差での圧勝という予想は、逆に石川陣営に緩みを産んでしまう原因になりかねない可能性が
あるからです。

先のアメリカ大統領選挙でも開票されるまで、終始ヒラリー・クリントン氏の優勢が伝えられて
いましたが、実際の結果はドナルド・トランプ氏の勝利でした。

最後まで何が起こるかわかりませんので、変な気の緩みにつながるような、この報道は「100害
あって1利無し」です。

知名度不足で苦戦が予想された与謝野信氏が思わぬ巻き返しも!?ただしポカも有り

上でも紹介しましたが、20名の区議員からの応援を受けられるというニュースは、小池都知事が
コメントしていたとおり、自民党の選挙戦である組織戦が順調に動いている証拠では無いかと
思います。

与謝野氏は「代理戦争」と言われることを嫌がっており、都議会での都知事との因縁を
この選挙に結びつけることなく、あくまで区の政治に対する政策で勝負をしたいとしています。

また、41歳という若さを最大限にアピールし、応援演説にも若手の都連所属議員の元五輪
ビーチバレー選手の朝日健太郎 参院議員や、ダンスボーカルグループ「SPEED」の
今井絵理子 参院議員などが公示後の応援演説に駆けつける予定にしています。

さらに全国的な人気、知名度を誇る小泉進次郎衆院議員にも応援を打診しているという情報も
あり、内田茂氏は全く前に出ない作戦で勝負を挑んでいます。

ところが、ここまで善戦している与謝野氏にマイナスのニュースが飛び込んできました。

22日に千代田区麹町の公園で開かれた餅つき大会で、子供たちのための出し物、ボールを投げて
当てる「的当てゲーム」があったのですが、その的が「国旗・日の丸」に酷似していて、しかも
その横で黄色の上着を着てマイクを握って仕切っていたのが、与謝野氏だったのです。

バッチリと証拠写真まで残っており、そこに映し出されている的は誰が見ても「国旗・日の丸」
そのもの。

この件に関し、マスコミの直撃取材を受けましたが、「見た目は似ているが別物で、材質も
国旗に使われるものとは違う」という苦しい回答をしています。

この的を用意したのは与謝野氏本人ではありませんし、明らかにこれは運が悪かったという
部類に入るものかと思います。ただ、初めての選挙でまだ公人でもない素人ですので、この
構図が国民にどう映るか、という配慮が欠けていた部分はあると思います。

特に保守系の候補者として立候補するのであれば、応援をしてくれる有権者がこの写真をみて
どう思うか、ということに思いを致さなかったのは、衝撃的な写真が残ってしまっただけに、
今後に影響する可能性もあるでしょう。

メディアではほとんど取り上げられず、五十嵐朝青氏はダークホースとなるか

他の2名に比べるとメディアで取り上げられることは殆ど無い五十嵐氏ですが、自身でSNSを
駆使し、知名度をあげようと活動されています。

フェイスブックで演説のスケジュールを知らせたり、ビデオで演説の内容を撮って載せたり、
と今時の選挙戦術を駆使し、対抗されています。

そういう意味では与謝野氏と同じ41歳ながら、身近に感じる雰囲気はあるかなという印象です。
そういう与謝野氏はSNSなどでの運動をされていないようで、昔ながらの選挙戦をされているの
かな、と対比してみてしまいます。

アメリカ大統領選挙で勝利したドナルド・トランプ氏もツイッターを駆使したSNS選挙で
勝利しましたので、勝算はあるかもしれませんが、いかんせん知名度の無さが大きなネックに
なっているのではないでしょうか。

とはいえ、千代田区は昔ながらの地域と新興住宅地の2つの顔を持つ選挙区です。
昔ながらの地域はおそらくすでに組織の中に組み込まれていて、組織選挙の中で無所属、
推薦政党なしの新人に票が出てくるとは考えにくいですが、新興住宅地の住人が「代理戦争」と
騒ぎ立てられる選挙に嫌気が差したとしたら、票が流れてくる可能性はなきにしもありかな、
とも思いました。

まとめ

ここまで見てきましたが、多分、都政改革を旗印にしている小池都知事に古い体制の刷新を
望む人たちが多いのではないかと思いますので、新興住宅地にある無党派層の票は現職の
石川氏に流れるのでは、と思います。

昔ながらの地域の組織票は石川陣営と与謝野陣営が、どれだけ自身の組織を守りつつ、相手側を
切り崩していけるか、が焦点だと思います。

関連記事: 千代田区長選挙の情勢は?与謝野信氏の演説動画を拝見した感想と心配
関連記事: 千代田区長選挙の五十嵐朝青氏に事実婚の彼女が?お相手はだれ?
関連記事: 千代田区長選挙に有利なのは石川雅巳氏と与謝野信氏はどっち?
関連記事: 佐々木信夫氏が千代田区区長選挙への立候補を断念、今のところ現職の石川雅巳氏のみが立候補表明
関連記事: 来年2月の千代田区区長選挙が大きな注目を集めているものの、個人的には後藤輝樹氏が立候補するかどうかが気になる。





スポンサードリンク

 - 政治