映画ヴェノム2レットゼアビーカーネイジのあらすじをネタバレ有で分かりやすく解説!

あらすじ

映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」はスパイダーマンの敵役として登場したヴェノムを主人公とした作品の2作目。


今回はこの映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の基本情報や予告動画や登場人物情報、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の基本情報

それでは映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして登場人物の紹介をしておきます。


映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の基本情報と予告動画

マーベルコミックのダークヒーロー、ヴェノムの活躍を描いたトム・ハーディ主演作「ヴェノム」の続編。
圧倒的戦闘力と残虐性を持ち、ヴェノムの大敵となるカーネイジとの戦いを描く。


「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生した地球外生命体シンビオートのヴェノムは、食欲制限を強いられ不満を抱えながらも、エディとの共同生活をそれなりに楽しんでいた。

そんな中、ジャーナリストとして未解決事件の真相を追うエディは、刑務所で死刑囚クレタス・キャサディと再会する。
クレタスは猟奇殺人を繰り返したシリアルキラーで、死刑執行が迫っていた。

エディに対し異様な興味を示すクレタスは突如として彼の腕に噛み付き、その血液が人間とは異なることに気づく。

そして死刑執行の時、クレタスはついにカーネイジへと覚醒する。


主人公ヴェノム/エディ役をハーディ、エディの元恋人アン役をミシェル・ウィリアムズが続投で演じ、「スリー・ビルボード」のウッディ・ハレルソンがカーネイジ/クレタス役を演じる。

そのほか新キャラクターのシュリーク役で、「007」シリーズのナオミ・ハリスが参加。

「モーグリ ジャングルの伝説」など監督としても活躍する俳優アンディ・サーキスがメガホンをとった。

引用:映画ドットコム





映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の登場人物紹介

続いて登場人物紹介です。

エディ・ブロック/ヴェノム

ヴェノムの宿主である敏腕記者。


演じるのはトム・ハーディ

日本語吹き替え担当は諏訪部順一。

クレタス・キャサディ/カーネイジ

カーネイジの宿主となった連続殺人鬼の男。


演じるのはウディ・ハレルソン

日本語吹き替え担当は内田直哉。

アン・ウェイング

エディの元婚約者で弁護士。


演じるのはミシェル・ウィリアムズ

日本語吹き替え担当は中川翔子。

フランシス・バリソン/シュリーク

超音波を操る力を持つ女性。
シュリークとしてカーネイジとともに一緒に行動することになる。


演じるのはナオミ・ハリス

日本語吹き替え担当は早見沙織。







映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」ネタバレあらすじを分かりやすく解説

それでは映画「ヴェノム2:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・クレタスの生い立ち

1996年、若いクレタス・キャサディはセント・エステスと呼ばれる孤児院で生活をしていました。

彼はフランシス・バリソンという、同じ孤児院に住んでいる少女が気になっていましたが、ある日、彼女は無理やりレイヴンクロフト研究所に連れて行かれることになります。

クレタスはフランシスが連れて行かれるのを、なす術もなく見守るしかありませんでした。


研究所へ向かう途中、彼女は彼女の特殊能力である超音波の絶叫を使い、逃げ出すことに成功します。

そして警護に当たっていた警察官の若者、パトリック・マリガンを攻撃するのでした。


フランシスの超音波攻撃を受け、パトリックは聴覚にダメージは負うものの、フランシスに反撃します。

この時の銃撃でパトリックはフランシスの目を打ち抜き、倒したと思っていました。
が、フランシスは命は失っておらず、レイヴンクロフト研究所に無事に運び込まれます。

研究所ではフランシスの能力を100%使えないように対処がなされ、ここでフランシスの過酷な人体実験場となってしまうのでした。


現在、昇進して刑事となったパトリックはエディに、連続殺人犯であるクレタスについて話したいことがあると連絡します。

というのも、エディが1年前にクレタスに対してインタビューを行った後、彼以外の誰とも話すことを拒否しているからでした。

エディはこの申し出を受けるのでした。


エディはクレタスと刑務所で面会します。

クレタスとの面会でエディに寄生しているシンビオート・ヴェノムがクレタスが隠していた彼の被害者遺体の隠し場所を感じて見つけ出すことになるのでした。

このことはエディの功績として世間から称賛され、その結果、昇進を果たすことができました。


そんなエディのもとに元婚約者のアンより連絡が入りました。

それはアンが医師のダン・ルイスと婚約をしたことを伝えるものでした。


クレタスに対する殺人容疑の裁判で有罪の判決を受けます。

薬殺刑で死刑を宣告されていたため、サンクエンティン州立刑務所の死刑因監房に拘留されることになりました。


クレタスは再度エディと話がしたい、と刑務所に招待します。

そして訪れたエディに死刑執行に立ち会ってほしい旨を伝えるのでした。

エディはそれを承諾しますが、二人の話し合いは、その後、おかしな雰囲気となっていきます。

というもの、クレタスがエディを侮辱するような言動をし始めたのでした。


このクレタスの行為にヴェノムが反応してしまいます。

その結果、二人はもみ合うこととなり、その際にクレタスがエディの手にかみつきます。

そしてこの手にかみつくという行為のため、クレタスはシンビオートの一部を摂取することになったのでした。


エディは帰宅した後にヴェノムと激しい口論を繰り広げることになります。

というのも、ヴェノムは犯罪者を好きな時に好きなだけ、捕食していいはずだ、という主張をしたからでした。

明らかにクレタスへの攻撃を辞めさせたエディに対する不満を述べているのです。

この口論の結果、ヴェノムはエディの体に寄生することをやめ、二人は別々に生きていくことに合意するのでした。

承・カーネイジの誕生

クレタスへの死刑執行日。

何の問題もなく作業は進められますが、毒物の注入の段階となった時に異変が起こります。

赤色をしたシンビオートが毒物の侵入を阻止し、拘束されたクレタスを解放させるのでした。

自由の身となったクレタスはシンビオートの力も使い、その場に居合わせた人々を皆殺しにしていきました。


その後、シンビオートはカーネイジと名乗り、クレタスに交換条件を持ち込みます。

それはカーネイジはクレタスがレイヴンクロフトからフランシスを脱出させるのを助ける代わりに、カーネイジがエディとヴェノムを抹殺することを助ける、というものでした。

クレタスは、この申し出を受け、レイヴンクロフトへ向かうことにします。


レイヴンクロフトに辿り着いたクレタスはカーネイジの力を使い、フランシスを取り戻すのでした。

久しぶりの再会を果たした二人は、つらい思い出しかない孤児院セント・エスタスを破壊するために向かうことにします。

転・ヴェノムとの再融合

一方、エディはパトリック刑事の訪問によって、クレタスが脱走をしたことを知るのでした。

パトリックは、カーネイジが出現する前にエディがクレタスと面会していたためにエディのことを疑っていました。

そのため、エディを警察署に連れて行って尋問することにします。


エディは質問に答えることを拒否し、弁護士を要求します。

そしてアンに連絡するのでした。


アンと連絡を取ったエディは、彼女に今、ヴェノムが彼から離れており、カーネイジと戦うためにシンビオートが必要であることを伝えます。

アンは、エディに代わってヴェノムを探すことにするのでした。


ヴェノムは不特定多数の人々に寄生することでサンフランシスコ中を移動していました。

アンは何とかヴェノムを探し出すことに成功し、エディの元に戻るように説得します。

彼女はヴェノムを寄生させて、警察署を襲い、エディを脱出させました。

その後、ヴェノムは再びエディに寄生することになるのでした。


クレタスはパトリック刑事を誘拐して人質に取ります。

フランシスはエディを探しますが見つけられませんでした。

そこで代わりにアンを人質に捕らえ、婚約者のダン・ルイスに、アンを助けたければ、大聖堂に来るようにと、エディに対する伝言を残していきました。

クレタスとフランシスは、ヴェノムを倒した後、大聖堂で結婚することを計画していたのでした。

結・ヴェノム対カーネイジ

大聖堂に辿り着いたヴェノムは、自分自身から分裂したカーネイジと戦闘を繰り広げるのでした。

しかし最終的にはカーネイジによってヴェノムはピンチを迎えることになってしまいました。

勝ち誇ったカーネイジはヴェノムを始末した後、大聖堂の上でアンも殺すと宣言するのでした。

パトリック刑事はフランシスによって鎖で吊り下げられており、すでにこと切れている様でした。


が、そんな中、ヴェノムはなんとかアンを時間内に救出します。

そして逆転の作戦として、フランシスに彼女の超音波をを使うように仕向けるのでした。

フランシスの放った超音波の声は、大聖堂が崩壊させてしまいます。

その結果、フランシスめがけて鐘が落ちてきてしまい、彼女はその下敷きになってしまうのでした。


ヴェノムの狙い通り、超音波によってヴェノムとカーネイジは宿主から抜け出してしまいます。

が、ヴェノムはエディが致命的な衝撃を受ける前に、再び寄生し、エディを助けたのでした。

一方カーネイジもクレタスに寄生しなおそうとしますが、ヴェノムによって貪り食われてしまいます。

クレタスはエディと友達になりたかっただけだ、と言いますが、ヴェノムはそんなクレタスを頭のてっぺんから食べてしまうのでした。


終われる身となったエディとヴェノムはこれからどうするべきか、を深く考えている最中、休暇を取ってゆっくり休むことにします。

その後、エンディングクレジットの途中、ヴェノムがエディにシンビオートとして宇宙について何を知っているか、を語っているシーンが映し出されます。

そしてその効果を体験させるためにホテルの部屋から別の部屋に向かって瞬間移動を行うのでした。

移動した部屋のテレビより、J・ジョナ・ジェイムソンがスパイダーマンの正体がピーター・パーカーであると明かしているに中継が映し出されます。
(この後、スパイダーマン・ノー・ウェイ・ホームへと話が続いていきます。)












コメント

タイトルとURLをコピーしました