カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

実写版映画アラジンのおすすめと見どころをネタバレなしで紹介!アニメとの違いも

2019/07/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1992年に公開され、ディズニーアニメの中でも1、2を争うほどの人気の作品「アラジン」。

その「アラジン」の実写版リメイクがついに公開されました!

今回は実写版映画「アラジン」を視聴してみて、とても感動した部分を元に、おすすめの見どころをネタバレなしで紹介していきたいと思います。







予告動画はこちら

簡単なあらすじとキャストの紹介

「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。

生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。
2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。

そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。

魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。

アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。

アラジン: メナ・マスード

ジャスミン: ナオミ・スコット

ジーニー: ウィル・スミス

ジャファー: マーワン・ケンザリ

サルタン: ナビド・ネガーバン

引用「映画ドットコム




一押しのおすすめはアラジンとジャスミンの恋

実写版「アラジン」に関して、公開される前に出ていた情報やインタビューでジャスミンのキャラ設定がオリジナルアニメと異なることがわかっていました。

たとえば、アニメ版ではジャスミンには虎のラジャーしか友だちがいない事になっていましたが、実写版では新キャラの王女付き召使いダリアがジャスミンの親友という設定になっています。

となると、アラジンと出会う事にきっかけになったジャスミンの宮殿を抜け出しの理由がおかしくなってしまいます。

しかしそんな心配は杞憂とばかりに、実写版のジャスミンは、アニメではそんな素振りをまったく見せなかった強い情熱を持っており、その情熱に後押しされて宮殿を抜け出したことになっています。

そんな背景があって、アラジンと出会い、ジャスミンにとってアラジンのことが徐々に気になる存在になるわけですが、そうなるための伏線が物語の最初から張り巡らされているのです。

さらに、アニメにはなかったイベントを加えて、ジャスミンとアラジンが互いに相手のことを思うようになっていき、アニメと同じよう展開で、ついには「ホール・ニュー・ワールド」を二人で歌う魔法のじゅうたんでのデートの後に両思いになるわけですが、そのときに見せる二人の表情は、見ているこっちも思わず微笑んでしまうほど、可愛らしいものでした。

オリジナルアニメではそこまで深く二人のキャラクターの心情の変化を、僕自身は感じることはありませんでしたが、実写版ではより深く、しかもわかりやすく演出されているのが、とても感動的でした。

次のおすすめはジャスミンというキャラクター

次におすすめしたい見どころはジャスミンというキャラクターです。

オリジナルアニメでは、がんじがらめに決められたルール通りに生きることを強制される立場に嫌気が差して、宮殿から抜け出す決意をしたわけですが、そんな立場にあることに対して同情を感じるものの、その対処法として選んだ「宮殿から抜け出す」という行為は、ある意味、ただ逃げているだけ、と感じられなくもありません。

実際のところ、宮殿での生活しか知らないジャスミンが宮殿を抜け出した後、どうやって生活をしていくつもりだったのか、そのビジョンが見えませんでした。

宮殿からの抜け出しに成功し、一生宮殿の外で暮らすことになっていたらを考えると、おそらく幸せな生活を遅れた、という結末にはならなかったのでは、思ってしまいます。

そこへいくと実写版では、ジャスミンのキャラクターは、その役を演じたナオミ・スコットの考えもあり、現代に沿った、強いメッセージ性を帯びていると言えるでしょう。

自分が感じる現状の理不尽さに対し、どんなに困難でもぶち破ってみせる、という決意が感じられる、とても強い女性として描かれています。

そしてそんなキャラクターだからこそ、好きになってしまったアラジンに対する表情が、一種の「ツンデレ」っぽく見えてしまうのではないか、と思ってしまいます。

とにかく、ジャスミンはただ、ディズニープリンセスの一人、というだけでなく、強い女性としてのキャラクターを、今回の実写版でよりはっきりと確立したと感じました。




ロビン・ウィリアムスのジーニーとの違い

良くも悪くも1992年の「アラジン」はロビン・ウィリアムスの作品というイメージついているように思います。

おそらく「アラジン」と聞いて何を一番最初に思い浮かべるか、という問いに、一番多い回答は「ロビン・ウィリアムスのジーニー」になるのではないか、と思うのです。

そして、2番めは「ホール・ニュー・ワールド」、3番めは「ジャスミン」になるのではないでしょうか。

それほど、ロビン・ウィリアムスのジーニーに、どでかい印象が集中していると感じますが、そのことは、今回ジーニーを演じたウィル・スミスも恐怖を伴って感じていた、とインタビューで答えています。

しかしそこは、トップスターとして30年以上、エンターテイメント業界にいるウィル・スミスですので、新たなジーニーを作り出す方法を見つけ出していました。

それが、今回僕が感じた、おすすめ見どころの一つ、各キャラクター通しの関係性、だと思うのです。

すでに述べたようにアラジンとジャスミンの関係もそうですし、アラジンとジーニーの関係もより深く、描かれているように感じました。

特に青いウィル・スミスの評判は、予告編が発表された時点では、芳しいものではなかったように記憶しています。

が、映画を全て視聴した今から思えば、あえてあのウィル・スミスを見せて悪い評判をとっておいたのは、戦略ではなかったのか、と思ってしまうほど。

それほど、アラジンとジーニーとのやり取りが面白く、前評判を完全に覆すものとなったと感嘆しました。

ぜひとも、アラジンとジーニーの掛け合いに注目して楽しんでほしいと思います。

その他のおすすめ

その他にも、深掘りされたジャファーもおすすめです。

アニメでは明らかにされなかった、ジャファーの過去やなぜサルタンになりたいか、といった設定も実写版では明らかにされます。

そうすることで、オリジナルアニメでただ単に国を盗もうとしていたジャファーに、国を盗もうと企んだ動機がきちんと説明され、より説得力を感じました。

さらにおすすめとして、新キャラクターのうまい使い方を挙げたいと思います。

「アラジン」だけでなく、これまでの実写版化した映画で感じていたことですが、アニメと比べると、人間以外のキャラクターの個性が死んでしまうような気がしました。

というのも、アニメーションでは描かれる人間以外の動物や道具にも、人間のような表情をたやすく加える事ができます。

たとえ動物が言葉を喋らなくても、人間のような表情をすることで、その気持がわかるほどでした。

しかし実写版となると、よりリアルに描かれるため、アニメのように絶対にしないであろう、人間のような表情をして心情を表すという技法は使えなくなってしまいます。

この問題は前作の実写版化映画「美女と野獣」でより顕著に感じた問題でした。

城の道具となってしまった使用人達がの動きが、リアルなポットやティーカップ、置き時計や洋服ダンスなどで表現しないといけないがためにとてもぎこちなく、更に表情に関しては、アニメと比べるとまったく表せないほど、とてもひどいものになってしまっていました。

「アラジン」ではその失敗を踏まえて、動物や絨毯にその役を無理にさせず、新キャラクターを作り出して対応しているのが、見事だと思いました。

新キャラクターを加えたことで、更に彼女に関するエピソードも加えてより楽しくストーリーを作り上げています。

特に予告編などではまったく紹介されなかった、映画の冒頭のシーンは、驚きの伏線となっていますので、楽しんでください。

まとめ

「ネタバレ無し」でおすすめ見どころを上げてみましたが、いかがだったでしょうか?

実写版で、ほぼオリジナルストーリーはなく、アニメと筋書きは一緒、ということが究極のネタバレかもしれません。
その点に関して、この記事を読んで、がっかりした方がいらっしゃったら、謝ります。

とは言え、ストーリーが殆ど一緒とわかっていても、見ていてすごく楽しめる作品に仕上がっていることは保証しますので、ぜひ楽しみにしていてください。

最後に、僕は6歳の息子と一緒に見に行きましたが、途中で席に座っていられず、動き回ろうとしていたので数回注意しました。
また、周りの子供連れの家族も、子供が立ち歩いて親が追いかけていたり、途中でトイレと言われたのでしょう、映画館から出ていく親子がいたりと、結構騒がし目でした。

そこから感じたのは、6歳前後の子供には、それほど面白くない映画なのかもしれません。

お子様と視聴を予定されている方がいらっしゃったら、一応、一意見として参考になればと思います。

関連記事: 実写版映画アラジンのネタバレと感想!実写版リメイクしての成功点と課題点の解説
関連記事: 実写版映画アラジンのジャスミン役を演じる女優は誰?ナオミ・スコットのプロフィールまとめ
関連記事: 映画実写版アラジンでアラジン役の俳優は誰?メナ・マスードのプロフィールまとめ!
関連記事: 実写版映画アラジンでジャファー役の俳優は誰?マーワン・ケンザリのプロフィールまとめ!
関連記事: 実写版映画アラジンでジャスミンが歌う最新曲Speechless 歌詞の和訳紹介!
関連記事: 実写版映画アラジンのトリビア紹介と制作裏話の紹介!メナマスード以外のアラジン候補一覧も!











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.