カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画アナと雪の女王2続編のストーリーは?スピンオフやショートムービーの内容についても

2019/12/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画「アナと雪の女王2」で、世界がぐっと広がったアナ雪ワールド。

公開からまだ時間が経っていませんが、ファンの間ではすでにアナ雪3に関して、期待が膨らんでいます


そこで今回は、「アナと雪の女王」、「アナと雪の女王2」で広がった世界と、まだ明かされていない謎を中心に、「アナと雪の女王3」やショートムービーのストーリーの可能性について、考察していきたいと思います。







アナと雪の女王2の続編として考えられるストーリー

アナと雪の女王3のストーリーとして色々と考えてみました。

一つずつ見ていきましょう。

ノーサルドラの森で暮らすエルサのお話

アレンデールの女王を退任してノーサルドラの森で精霊たちと暮らすことを選んだエルサ。
そんなエルサの新しい世界についての物語が考えられます。

エルサのロマンス

「アナと雪の女王」シリーズでエルサというディズニープリンセスは、全く新しい立ち位置にいると思います。

というのも、前作と今回の2作を見渡しても、エルサの恋の相手になりそうな男性がいないからです。


これまでディズニーは、

    王子様に助けられるだけのお姫様

というステレオタイプのお姫様から、

    王子と協力して、もしくは王子がピンチのときは自ら助けに向かう

という、自立した女性像を描いていましたが、それでも王子様はきちんと存在していました。


が、「アナと雪の女王」シリーズでは、エルサの関しては、そういった存在の男性が全く見当たらないのです。


ですので、「アナと雪の女王3」ではいよいよエルサに恋人が、という展開も悪くないのではないでしょうか


ただ、エルサは男性に興味がないのではないか、という噂も流れています。

「アナと雪の女王2」でも恋仲になりそうな男性はいませんでしたが、エルサとなんとなくいい雰囲気になっているキャラクターは全く存在しないわけではありませんでした。

それは「ハニーマレン」

ただ、ディズニーが新しいディズニーアニメを目指して、例えば前作では全く見ることのなかった黒人キャラクターが「アナと雪の女王2」ではアレンデールの住民として描かれているなど、たくさんのポリティカル・コレクトネスを作品に反映させようとしています。

とはいえ、レズビアンの主人公はなかなかハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。

特にディズニーはアメリカだけを市場にしているわけではなく、全世界を相手にしています。
ゲイについての理解が深まっている地域とそうでない地域の差が激しいので、まだまだこの領域に足を踏み入れるのは、リスキーではないでしょうか。


なにはともあれ、エルサの恋物語をメインストーリーに持ってくるというのは、「アナ雪3」で十分にありえると思います

開放された森

エルサとアナの活躍でノーサルドラの森は呪いから解かれ、誰もが自由に行き来することのできる場所になりました。

そしてそれまで通り、エレメンタルが生活する魔法の森でもあります。


が、誰でも行き来できるということは、この森の魔力を利用して、と考える悪者の注意を引いてしまう可能性も高くなってしまいます

そうしたディズニーヴィランズに対して、エルサが立ち向かい、アナとクリストフが手助けする、という、どちらかというとオーソドックスなストーリーも考えられますね。

イドゥナ王妃の過去

「アナと雪の女王2」でエルサとアナの母親がノーサルドラの出身であることが明らかになりました。

ですが、その割にそれ以外のことには全く触れられず、スルーされていたような気がします。

ノーサルドラの人々も、イドゥナ王妃が森で暮らしていた頃はどんな少女だったかをエルサやアナに語ることはありませんでした。

イドゥナ王妃はノーサルドラの民の中でも古い一族の出身であることがちらっと登場したくらいです。


ですので「アナ雪3」ではエルサが母親のこと調べたり、その家族、叔父や叔母、祖父母、いとこたちとの出会ったりというストーリーはどうでしょうか?

それに合わせてノーサルドラの人々に関するストーリー、例えばどこから来たのか、どうして魔法が使えるのか、などを絡ませていくことができると思います。

アナとクリストフの結婚式

「アナと雪の女王2」のエンディングでようやくアナとクリストフは婚約をしました。

が、アナのアランデール女王就任の戴冠式のシーンでは、アナの左手の薬指に指輪らしきものを確認することはできませんでした。


アナが指輪をしていないということであれば、結婚指輪もしていないということになり、つまりは二人はまだ、結婚式を挙げていないことになります。

そうであれば、アナとクリストフの結婚式は格好の「アナ雪3」のメインストーリーになりますよね!

もちろんエルサも式には出席するでしょうから一同が会する理由を作る必要がありません。

そんな中、起こる事件として、

    ・アナが何者かに誘拐される
    ・クリストフとスヴェンが雪山で遭難、アナとエルサが救出に向かう

と言った展開などが考えられます。

ハンスの逆襲

前作「アナと雪の女王」のディズニーヴィランズのハンス。

今回でも過去の思い出として一コマ、登場しておりました。


その後の様子はショートムービー「エルサのサプライズ」でワンシーンだけ登場していました。

故郷、サザンアイルズ王国で馬の牧場での雑用をやらされてます。


なんと言っても第13王子で、上に12人の兄弟がいる以上、王国内での王位継承権に関する立場は、とても弱いものでしかありません。

だからこそ前作でアレンデールを乗っ取ろうと企んだわけですが、そんなハンスがアレンデールを狙って再度やってくるというストーリーは考えられないでしょうか?


特に今回の件でアレンデールにはエルサはいなくなっています。
魔法使いがいなくなっているということで、戦力はダウンしていますから、策略をめぐらせるには都合がいいでしょう。

また、兄や父親の王をそそのかしてアレンデールに軍隊を送る、という展開も考えられます。ディズニーのお話っぽくはありませんが。


アナとクリストフの結婚式のことを聞きつけて、アナを誘拐するという犯人役にも適していますし、ノーサルドラの森のことを聞きつけ、エルサの力に対抗できるように森の魔法の秘密を奪おうをする役も適任です。

ノーサルドラに関するお話

魔法の森であるノーサルドラと、そこに住む魔法を使ってきたノーサルドラの民。

こんな素材を全く利用しない手はないでしょう。


「ノーサルドラに移り住んだエルサのその後の物語」でも指摘しましたが、ノーサルドラという不思議な場所とエルサを絡めることでより深いストーリーの展開が可能だと思います


例えば、古くから森に住んでいるノーサルドラの人々ですが、その過去にエルサのように魔法を操ることのできた人物がいたのかどうか。

他にもノーサルドラの森で生きている魔法は一体どこから来たのか、や魔法は森の中だけに存在しているのか、森の外には出たことはないのか?など。

そしてもし森の中だけなら、その理由は一体なぜなのか?


さらに森以上に謎めいているアートハラン。
この場所の秘密にもメスが入るとなれば、ストーリーの厚みはさらに増すように思います。


そんな、空想するだけでもとても楽しい疑問が「アナ雪3」で解き明かされるかもしれません。

スピンオフやショートムービーで扱えそうなネタ

その他にも、アナやエルサを主人公とした場合、二人を絡めた展開がちょっと難しいものの、物語としては深く知りたいと思うような題材がいくつもあります。

それではそういったネタを一つずつ見ていきましょう。

アグナル王とイドゥナ王妃に関する話

「アナと雪の女王2」で明らかになったイドゥナ王妃の過去。

王妃の出身から二人の出会いなど、かなり興味深いものの、映画内では詳しく描かれることはありませんでした。

    ノーサルドラに住んでいたころのイドゥナ王妃の生活はどういったものだったのか?

    若きアグナル王とイドゥナ王妃が初めて森の中で出会ってから、どんな過程を経て友人となっていったのか?

    ルナード王の騙し討ちによって起こったアレンデールとノーサルドラとの争いの中、どうしてイドゥナ王妃はアグナル王を助けることを選んだのか?

    アレンデールにアグナル王を無事に届けたあと、森に帰れなくなったことを知ったイドゥナ王妃の困惑や、父親が突然いなくなって王として王国を継がなければならなくなったアグナル王の戸惑いなど。

    そんな中、どうやってイドゥナ王妃はアレンデールで一人で暮らしていったのか?
    アグナル王は命の恩人であるイドゥナ王妃に対してどのような援助をしていたのか?

    そして二人の関係がより親密になっていく過程。

    やがて結婚することになって、誰も反対しなかったのか?

などなど、どれの題材もそれだけで1本の長編映画を作れてしまうくらい知りたい疑問が山のように出てきます

長編映画は無理にしても、これらの疑問に答えが出せるようなショートムービーを出してくれないものでしょうか。

ノーサルドラの人々の話

今回初登場したノーサルドラの人々。
昔ながらの生活様式を変えず、森の中で魔法と一緒に生きています。

そんな彼らの物語もショートムービーの題材としては格好のものではないでしょうか?

ライダーやハニーマレン、イエレナについて

多くのノーサルドラの人々が登場した中で、名前がわかっている3人。

アナやエルサ、クリストフと絡むことで、それぞれの個性も披露しています。

そんな彼らのショートムービーは考えられないでしょうか?


一番カンタンに思いつくのが、ライダーがクリストフを訪ねてアレンデールに訪れる、というストーリーです。

初めて街に来て、何もかもが目新しいライダー。街の中では控えたほうがいいノーサルドラの風習をやってしまう、といったおもしろ要素も加えることができるでしょうが、あまりやりすぎると、ノーサルドラが未開であることを笑い者にしている、と取られかねないので、今の時代はちょっとチャレンジなのかもしれません。


村のリーダーであるイエレナも面白そうな存在です。

とはいえ、厳格そうな性格の彼女が全面に出てしまうと子供向けのお話が作りにくいかもしれません。

そこは破天荒な行動をするライダーとの対比という形で登場させると、より際立って面白いかもしれません。


ハニーマレンも魅力的なキャラクターです。

映画ではエルサに第語の精霊についての伝承を教える役を担っていました。

しっかりものそうで、エルサともすぐに親密になれるほど、フレンドリーな性格のようです。

せっかくですので、仲の良くなったエルサとつるんでちょっとした冒険を、というストーリーはどうでしょうか?

マティアス中尉と兵士の34年間

ルナード王とともに森の中に入り、霧によってアレンデールに戻れなくなってしまったマティアス中尉とその兵士。

映画の中で不思議に思ったのは、ルナード王の騙し討ちで戦争をしていたアレンデールの兵士が34年の月日がたったとはいえ、ノーサルドラの人々と共同生活をしているっぽいことでした。

あんな戦争をしたあとですので、恨まれるでしょうし、下手をしたら皆殺しにあいかねません。

いったい、霧が外界と森を遮断したあと、両者の間で一体何があったのでしょうか?

すごく気になりますので、ぜひショートムービーを作って欲しいものです。

トロールについて

今回も少しだけ、登場したトロール。

その描かれ方は、今回の映画を見たあとで考えると、スモール版アースジャイアントと言えなくもありません

岩ですし、長老のパピーは魔法も使えますし。

一体トロールがなぜアレンデールの近くに住んでいるのか?もともとはノーサルドラの森にいたのではないか?といった疑問が湧いてきました。


トロールに関するストーリーもぜひショートムービーで詳しくやってほしいものの一つです。

アナとクリストフの子供の話

今回ようやくプロポーズしたというのに、子供の話は早すぎかもしれませんが、アナとクリストフの子供の話も面白そうです。


特に二人の子供がエルサのように魔法を使えるとしたら、興味深い話になると思いませんか?

実際、アナは霧で閉ざされたノーサルドラの森をダムを破壊することで救っていますし、そのお返しとして、エルサのように魔法の使える子供を授かる条件を満たしていると思うのです。

そして生まれた子供が大きくなったあと、エルサのもとにいって魔法をコントロールする術を学ぶ、という展開は美しいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気が早いかもしれませんが、「アナ雪3」として作れそうなストーリーの可能性を考えてみました

ショートムービーの方は、謎のままとなっているもの答えを知りたい、という個人的な欲求のほうが強かったのかもしれません。


どちらにしても、この「アナ雪」というストーリーは、ぜひ続けてほしいものです。


もしあなたが、こんな続編のストーリーは面白いのでは、というものをお持ちでしたらコメント欄で紹介してくださいね。











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.