映画ダニエルのソフィー役俳優は誰?ハンナマークスのプロフィール紹介!

出演者プロフィール紹介

映画「ダニエル」でダニエルのアドバイスを受けることで陰キャの主人公ルークがナンパに成功した女の子がソフィー。

が、キャシーともいい関係になっていたルークはいきなり二股をかけるようなクズ男の立場に陥ってしまったことに戸惑ってしまいます。

そんなルークの体を乗っとって関係を持つダニエル。

そしてそのあとにダニエルは友人に暴行を働くという、とんでもない行為に及んでしまい、だんだんと壊れていくルークでした。


ソフィーはそんなルークの行動に恐怖を覚え、彼から離れていってしまいます。


ところでこのソフィーを演じた女優はいったい誰なのでしょうか?

今回は映画「ダニエル」でソフィーを演じた女優について調べましたので紹介していきたいと思います。










映画「ダニエル」のソフィー役の俳優はハンナ・マークス!





映画「ダニエル」のソフィーを演じる俳優はハンナ・マークス

それではハンナ・マークスの詳しいプロフィールを見ていきましょう。

ハンナ・マークスのプロフィール


名前:ハンナ・マークス(Hannah Marks)
生年月日:1993年4月13日
年齢:28歳
身長: 160 cm
国籍:アメリカ合衆国
出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州
活動期間:2005年より
ホームページ:www.hannahmarks.com
インスタ:@hannahmarks
Twitter:@hannahmarks
主な出演作品:「ランナウェイズ(2010)」、「アメイジンング・スパイダーマン(2012)」「Banana Split(2018)」


ハンナ・マークスの家族構成や関係は?



ハンナ・マークスは1993年4月13日にアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンタモニカで生まれました。

父親はロビン・マークス。
母親は女優のノバ・ボール

ちなみに母親の母親、つまり祖母に当たるのが実業家で音楽家のアーニー・ボール

このアーニー・ボールは世界的ベストセラーとなったエレキギターの弦「スリンキーギター弦」を開発したその人です。

またアーニー・ボールの父親、ハンナ・マークスの曽祖父がアーネスト・ローランド・ボールで、1912年に「アイリッシュアイが笑っているとき」の曲を作曲したアメリカのシンガーソングライターです。


ハンナに兄弟姉妹がいるかどうかは、明らかにしていません。

ハンナ・マークスの結婚・恋愛などの恋人情報



ハンナ・マークスですが、彼女のプライベートを明かしていません。

今のところ、彼女に付き合っている恋人がいるという情報はなく、シングルであると思われます

過去に付き合った恋人がいたかどうかも分かっておらず、おそらく今後もその情報は公にされることはない様子です。


残念ながら、ハンナ・マークスの恋人情報は今現在、全くない、といった状況です。

女優としてのデビューとその後の活動



ハンナ・マークスは2005年より女優として活動を開始しました。

映画の初出演は2006年公開の映画「トラブル・カレッジ/大学を作ろう」です。

その後2010年の映画「ランナウェイズ」で追っかけグループの一人というファン役を、2012年には映画「アメイジング・スパイダーマン」でピーター・パーカーに思いを寄せる陰キャの女生徒役を得て出演しています。


同時にテレビにも出演し、端役から活動を広げ、2014年からは純レギュラーやメインキャラクター役を演じるまでになりました。

また、その後も日本で公開されていない映画作品数本に出演を続けています。


その甲斐もあって、アメリカで18歳以下の俳優や歌手に送られるヤングアーティスト賞に2度、ノミメートされるほどの評価を受けています。

一度目は映画「トラブル・カレッジ/大学を作ろう」での活躍が認められたためで、2度目は2009年9月から2010年5月まで放映されたテレビドラマ「フラッシュ・フォーワード」の演技が評価された結果でした。


2016年にはサウス・バイ・サウスウエスト(SXSWと略される)という、毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれる、音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベントにおいて、

    今後ブレイクすると思われる有望な7人のアーティスト

の一人に選ばれています。




そして翌2017年には雑誌「ローリングストーン」にて、

    世界を変える25人の25歳以下の芸術家

の一人として選出され、




2020年にはフォーブス誌にて、

    30歳以下の注目芸術家30人

に選ばれたのでした。




そこまで評価される女優だけあって、2018年に公開された映画作品では、主演を務めたコメディー映画「Banana Split」では脚本も担当し、「After Everything」という作品では自身は出演せずに映画監督と脚本を手掛けるほどのマルチタレントぶりを発揮しています。


更に2019年12月から撮影を始めた映画「Mark, Mary & Some Other People」という作品では、脚本、監督、プロデュサーを務めていましたが、コロナによる世界的混乱で、公開情報などが止まっている状況です。

まとめ



映画「ダニエル」でソフィー役を演じたのは、ハンナ・マークス

女優の母親、ミュージシャンで実業家の祖母、シンガーソングライター曾祖父と何代にもわたってショービジネスにかかわっている家族出身の女優です。


デビューしてから脇役からコツコツと実績を積み上げてきており、その都度、注目をされる活躍をしています。


女優として作品に出演するだけでなく、脚本や監督業にも活躍の場を広げているマルチタレントぶり。

今後の活躍に期待が持てそうですね。


関連記事:映画ダニエルのネタバレ感想!ダニエルは悪魔かルークの想像の産物か?











コメント

タイトルとURLをコピーしました