映画海底47mのネタバレ感想とあらすじ!ケイジ・ダイブ・ツアーや窒素酔いなどのツッコミまとめ!

   

Pocket

映画「海底47m」は特定の状況下で閉じ込められた主人公がどうやってそこから脱出するか
を描いたパニックスリラー映画です。

潜水中の事故で海底に檻ごと沈んでしまい、サメのせいで檻から出ることができないという
状況になってしまう主人公たち。酸素ボンベの残量は刻々と減っていく中、無事に地上に
戻ることができるのか。手に汗握る展開と、読みやすいですが、驚きのラスト結末が
待っています。





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

リサ: マンディ・ムーア
妹のケイトに誘われてメキシコにバカンスに来た。慎重派で心配性の性格が災いし、彼氏にフラれる。
ケイト: クレア・ホルト
社交的で何事にも積極的。彼氏にフラれた姉を慰めるため、シャーク・ケージ・ダイブに誘う。
テイラー: マシュー・モディーン
シャーク・ケージ・ダイブの船長。
ハヴィエル: クリス・J・ジョンソン
タイラーのアシスタント

ネタバレあらすじ

リサはケイトに誘われてメキシコへバカンスに訪れます。

しかし旅行の前に彼氏のスチュアートに「一緒にいてもつまらない」という理由でフラれて
いたのでした。

それを知ったケイトはリサを慰めるため、夜の1時にも関わらず、リサを飲みに連れ出し
ます。そしてそこで地元の男性二人と知り合うのでした。

その二人から知り合いがサメを見るためのケイジ・ダイブをしていることを聞かされ、
誘われます。興味を持つケイトに対して不安がるリサでしたが、スチュアートに楽しんでいる
ところを見せつけるいい機会だというケイトの一言に決断するのでした。

翌日、船着き場までの移動の最中も心配症のリサは不安のままですが、ケイトは大丈夫だと
楽観的です。
船着き場で船長のテイラーに会い、ダイビングの経験を聞かれます。二人とも経験有りと
答えますが、本当はケイトだけがダイビング経験者でした。

ダイブスポットに着いた後、撒き餌でサメを呼び寄せます。するとすぐに体長7mものサメが
悠然と現れるのでした。サメの登場に興奮したケイトですが、リサがいないことに気が
つきます。リサは不安が大きくなりすぎて、ひとり心を落ち着けていたのでした。

現地の男性二人が最初にダイブします。しかしその時、船にいる誰もが気が付きませんで
したが、ワイヤーの一部が破損していたのでした。

男性二人は何事もなく、無事に戻ってきます。タイラーはケイトとリサを檻の中にいれ、
いつも通り水深5mまで下げました。そこは大小の魚が泳ぎ回る世界で、二人はその美しさに
驚嘆します。やがて巨大なサメが2匹現れ、ゆうゆうと檻のまわりを泳ぎ回る姿を二人は
十分楽しんでいましたが、突然、檻が沈み始めてしまうのでした。

ワイヤーが切れた檻は海底47mに沈みます。あまりの深さに無線も届きません。
パニックになるリサでしたが、ケイトがなんとか落ち着かせ、檻から出て、無線の届く水深
まで上昇します。

テイラーと会話のできる水深40mまで上昇したケイトは、テイラー達がハヴィエルに予備の
ケーブルを持たせて救助に向かわせることをしります。またテイラーはサメが集まってきて
いるので、檻の中に避難しているように言うのでした。

檻に戻ったケイトはリサに状況を説明して救助を待ちます。そうしている間にも酸素ボンベの
残量はどんどんと少なくなっていくのでした。

二人は遠くに光る明かりに気がつきます。助けに来たハヴィエルが探しているのだと思った
二人は音を立てて知らせますが、光は近づいてきません。

遂に二人は光まで泳いでいくことにします。ケイトの酸素ボンベ残量が少なくなっている
ため、今度はリサが行くことになります。

サメの攻撃をさけるため、海底スレスレを進んでいきますが、それでもサメはリサに襲い
かかってきます
。なんとかくぼみや洞窟などに隠れて難を逃れて進むリサの前にクレバス
が広がっており、その底は全く見えませんでした。

サメの襲撃に怯えながらなんとか対岸にたどり着き、ライトを見つけます。しかしどこにも
ハヴィエルの姿は見えません。しかもリサはどの方向に戻ればケイトのもとに帰れるのかも
わからなくなってしまいます。

迷いながらも泳ぐリサに突然、サメが襲いかかります。なんとか逃れたリサの前にハヴィエル
が現れ、檻の中に戻るように叫びますが、次の瞬間、ハヴィエルはサメに襲われてしまう
のでした。

その場から逃げ出したリサはくぼみに逃げ込みます。必死にケイトを呼ぶと途切れ途切れの
返事がありました。音で場所を知らせるように頼むと、檻を叩く音がし始め、その音を
頼りにリサは進みます。

すると幸運なことにハヴィエルの死体に行き当たります。リサは死体からスピアガンと
予備のケーブルを手に入れ、檻に戻るのでした。

ケイトにハヴィエルの事を話し、予備のケーブルを檻に取り付けます。
テイラーにそのことを伝え、檻はゆっくりと引き上げられていきますが、予備のケーブルは
檻の重さに耐えきれずに切れてしまい、また海底へと沈んでしまいます。
さらに悪い事に、今回はリサの足が檻と海底の間に挟まれてしまい、身動きが取れません。

ケイトは檻を出てテイラーと交信できる水深まで上がります。テイラーはケイトに予備の
ボンベを送ること、メキシコの海上保安庁が1時間以内に助けに来ることを伝えます。
そして新しいボンベをしようした場合、窒素酔いになる可能性があることを警告するのでした。

ケイトはボンベにつけられた信号灯を見つけ、空になる前に、新しいボンベに付け替えます。
そして3本の発火灯を見つけ、リサのボンベを持って檻に戻るのでした。

檻まで戻ってきたケイトですが、サメが襲いかかります。最初の攻撃はかわせましたが、
海底にへばりつくケイトの上を泳いで遠ざかりません。
やがてサメは見えなくなったため、ケイトは檻の中に戻ろうとしますが、サメはどこから
ともなく戻ってきて、ケイトを襲います。その後には予備のタンクが転がるだけでケイトの
姿はどこにもありませんでした。

一人残され、身動き取れないリサでしたが、スピアガンに手を伸ばして手のひらを傷つけ
ながらもなんとか手にし、ヒモの付いたスピアをタンクに引っ掛けて引き寄せようとします。

酸素が切れるギリギリのタイミングでなんとか新しいタンクに付け替えることができた
リサは、ケイトからの交信を受信した事に気が付きました。

ケイトは傷を負い。そのためにサメが寄ってきているといいます。また出血から体温が
落ちていることも伝え、助けを呼ぶのでした。

リサはケイトを探しに行くため、フローターを檻の下にいれて作動させ、隙間を作って
挟まれていた足を抜くことに成功します。
そして檻を出て、足をひどく怪我したケイトを見つけるのでした。

テイラーとの交信が可能になり、テイラーは檻に戻るようにいいますが、ケイトの傷の
状況から保安庁の助けを待つことはできないと、浮上することにします。

サメを威嚇するために発火灯をつけて浮上し、水深20メートルの位置で窒素抜きのため、
5分間待つようにテイラーに言われます。
2本めの発火灯をつけようとして落としてしまい、3本めをつけると数匹のサメが寄って
きていて、今にも襲いかかろうとしていました。

発火灯を使って、サメが近寄らないように威嚇します。そうこうしているうちに3本めも
消えてしまいますが、窒素抜きの5分も過ぎ、テイラーはタンクなどのギアをすべて脱いで
水面めがけて素早く浮上するように叫ぶのでした。

ボートの近くの水面に出た二人は、助けを叫びます。船上のテイラーたちも二人に気が付き、
救命具を投げて、船まで急いで泳ぐように叫び返すのでした。
船になんとか辿り着き、腕を伸ばして引き上げてもらおうとする二人を追いかけてサメが
近寄り、リサに食いついて水中に引きずり込んでしまいます。

リサは必死に反撃し、サメの目に指を入れることに成功します。それでサメはリサを放し、
テイラーによって船に引き上げられるのでした。

船に引き上げられた二人の傷を素早く応急手当てします。重傷を負いながらも助かった
リサは、まだ出血している手のひらを見ながら、助かったことを喜んでいました。

が、その出血は船に引き上げられたにも関わらず、まだ水の中にいるかのように、目の前で
漂っています。

そしてテイラーの声だと思っていたのはとぎれとぎれに聞こえる保安庁ダイバーからの無線
連絡で、リサはまだ海底で足を挟まれたままでした。
新しいボンベに変えた途端、窒素酔いを発症してしまい、幻覚を見ていたのです。

助けに来たダイバーをケイトだと思い、二人とも助かったことを喜びながら、ダイバーと
ともにリサは、水面めがけてゆっくり浮上していくのでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画