Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

映画ファーザーのあらすじをネタバレ有で分かりやすく解説!キャスト情報も

あらすじ

映画「ファーザー」は世界的に問題になっている認知症を題材とした作品です。

認知症を患った父親とその世話に奮闘する娘の様子を、認知症を患った父親の視点で描いている、非常にユニークな映画でした。


今回はこの映画「ファーザー」の基本情報や予告動画やキャスト情報、映画の見どころ、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「ファーザー」の基本情報



それでは映画「ファーザー」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして出演キャストや個人的に感じた映画の見どころの紹介をしておきます。

映画「ファーザー」の基本情報と予告動画


名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じた人間ドラマ。

日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いによる喪失と親子の揺れる絆を、記憶と時間が混迷していく父親の視点から描き出す。


ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう。

そんな折、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。

しかしアンソニーの自宅には、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、ここは自分とアンの家だと主張。

そしてアンソニーにはもう1人の娘ルーシーがいたはずだが、その姿はない。現実と幻想の境界が曖昧になっていく中、アンソニーはある真実にたどり着く。


アン役に「女王陛下のお気に入り」のオリビア・コールマン。

原作者フロリアン・ゼレールが自らメガホンをとり、「危険な関係」の脚本家クリストファー・ハンプトンとゼレール監督が共同脚本を手がけた。


第93回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、助演男優賞など計6部門にノミネート。

引用:映画ドットコム





映画「ファーザー」のキャスト紹介



続いてキャスト紹介です。

アンソニー


認知症を患った父親。
本人は自分の健康に自信を持っている。


演じるのは「羊たちの沈黙」「レッドドラゴン」「ハンニバル」「トランスフォーマー/最後の騎士王」のアンソニー・ホプキンス。

アン


認知症を患った父親の世話に奮闘する娘。


演じるのは「オリエント急行殺人事件(2017)」「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマン。

ポール


アンの恋人。


演じるのは「ROCK YOU!」や「ジュディ 虹の彼方に」のルーファス・シーウェル。

ローラ


アンに雇われたアンソニーの介護士。


演じるのは「バーバラと心の巨人」や「ビバリウム」のイモージェン・プーツ。

関連記事:映画ビバリウムのジェマ役俳優イモージェン・プーツのプロフィール紹介!

映画「ファーザー」の見どころ紹介



映画「ファーザー」ですが、認知症はもはや世界規模で問題なのだな、ということを改めて感じさせる作品でした。


そんな認知症を題材にした映画ですが、面白かったのは、認知症になった80歳のアンソニーの視点でストーリーが進む所です。

そのため、下手なスリラー映画よりも断然面白く、一体何が真実なのかが、視聴者にも全く分からないストーリー進行となっています


認知症になってしまったら、あんな日常を送らなくてはならないのか、と恐怖すら感じる、わけのわからず、話がつながらない毎日。

認知症患者を抱えてしまった家族の苦労だけでなく、認知症になってしまった患者自身の苦悩も感じられるところが、とてもよかった映画でした。







映画「ファーザー」ネタバレあらすじを分かりやすく解説



それでは映画「ファーザー」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・娘のアンはパリに行く?アンは結婚して10年経っていた?



アンは80歳になった父アンソニーのアパートを訪れます。

雇っていた介護士をアンソニーが首にしたからでした。


アンソニーは年齢からくる認知症の症状が見られるようになり、今回も彼の腕時計を、介護士が盗んだ、と思い込んだことからのトラブルだったのです。

腕時計はいつもの置き場にあり、アンは心配します。
が、アンソニーは自分は大丈夫で健康だ、と言って聞く耳をもちません。


そんなアンソニーにアンは、近々フランスのパリに引っ越し、新しい恋人と一緒に住むことにしたと告げます。

アンソニーは、アンがジェームズと結婚していると思っていましたが、アンは5年前に離婚しており、アンソニーもそのことを知っているはずだ、と言うのでした。


次の日、アンソニーがアパートにいると、誰かが入ってきた音がします。

居間に行って見ると見知らぬ男性がソファーで新聞を読んでいました。

不審者だと思い、誰なのか尋ねますが、彼は自身をポールだと言い、10年以上アンと結婚してこのアパートに住んでいる、と言います。

しかもこのアパートはポールとアンの所有物で、アンソニーは世話になっているだけであると言うのでした。


アンは近々フランスの恋人のもとに引っ越すはずだが、とアンソニーは言いますが、ポールはそんなはずはない、と言ってアンに電話をかけます。

その電話で買い物から急いで帰ってきたアンでしたが、その女性は昨日アンソニーを訪れたアンとは全く別人の女性だったのでした。


アンソニー混乱して部屋に戻るのですが、そんな彼を心配してアンが様子を見に来ます。

しばらく話して、ようやくアンソニーは落ち着きを取り戻すのですが、そのころになるとアンはポールという夫なんておらず、アパートに男性はいない、と言い始めます。

買い物したものを受け取って台所に消えたポールの後を追い、アンソニーも台所に向かいますが、そこにはいるはずのポールの姿は影も形もありませんでした。

承・新しい介護士ローラと娘のルーシー



初日にアンソニーを訪れたアンが新しい介護士ローラをアパートに招いていました。

アンソニーに紹介し、仕事を始めるためです。


アンソニーは若いローラを見て上機嫌になり、楽しくおしゃべりを始めます。

かつて自分がプロのタップダンサーであったと自己紹介しますが、アンはエンジニアであったはずだ、と口をはさむのでした。


また、アンソニーはローラがもう一人の自分の娘、ルーシーによく似ている、と言い始めます。

ルーシーはプロの画家で世界中を旅しており、長いこと会っていない、と懐かしそうに語るのでした。

が、その話を聞いているアンの表情は、とても暗く、困惑したものとなっていました。


別のシーンで、アンソニーはアンと一緒に医者を訪問します。

医者はアンソニーに彼の記憶はどうか?と尋ねますが、アンソニーは全く問題ない、と答えるのでした。

そしてその会話の流れで、アンが近々パリに引っ越すことを医者に話します。

が、それを聞いたアンは、パリに引っ越すなんて話はしていない、と訂正するのでした。


別の日の朝、目を覚ましたアンソニーはアンの呼び声で台所に向かってみると、ローラが出てきます。

アンはすでに仕事に出ており、ローラが世話をするというのでした。

そこで、アンソニーは再びローラにルーシーの話をします。

その言葉に「アンから話は聞きました。お気の毒なことになって。」とローラは返しますが、アンソニーには何を言っているのか、理解できません。


ローラは一瞬困惑した表情をしますが、すぐに話題を変え、薬を進めてパジャマから着替えをするように言い、公園へ散歩に行こう、と誘うのでした。

転・真実



映画は認知症を患っているため、

    ・何が真実で
    ・どのような時間軸で話が進んでいるのか

が分からなくなっているアンソニーの視点で描かれています。

そのため、視聴者も一体何が何だか、真実が全く分からなくなってしまうのでした。


アンソニーに起こった真実の出来事は、以下の通りです。

アンは5年前に離婚をし、今は新しい恋人ポールと一緒に暮らしています。

父であるアンソニーの認知症が酷くなり始めたので、世話をするために彼らのアパートに引き取ったのでした。


が、認知症は酷くなる一方で、アンソニーも記憶の混同から精神的に不安定となり、雇っていた介護士を追い返してしまうことが続きます。

アンとポールが休暇を取ってイタリア旅行にいく計画を立てていた際にも、その時に雇っていた介護士を追い出してしまい、二人は休暇旅行をキャンセルをしなくてはならなくなっていました。


最初はアンソニーの同居と世話に賛成していたポールも、自体が深刻化することで施設に預けたほうがよいという意見に代わりつつあり、そのことで二人は口論をするようになっていたのです。


ついにはポールはアンソニーに対し、いつまでアンを苦しめるつもりだ、と問い詰める行為に出ます。

その際にアンソニーの前に立っていたポールは、かつてアパートに帰ってきて新聞を読んでいたポールであり、彼はアンソニーの顔を平手打ちして泣かせてしまうまで、行動をエスカレートさせたのでした。


アンソニーの鳴き声にアンが台所から飛んできました。

居間にいたのは「止めてくれ」と泣きじゃくるアンソニーと困惑の表情を浮かべるアンの彼氏のポールだったのです。


また、ある夜アンソニーは彼の名前を呼ぶ声で目を覚まします。

アパートの中を、声の主を探していると、いつの間にか病院の廊下に出ていました。

そしてとある一室に入ると、そこには大けがを負い、治療を施されてベッドに横たわるルーシーの姿があります。

彼女ははるか昔に交通事故によって大けがを負い、それがもとで亡くなってしまったことをアンソニーは思い出したのでした。

結・アンソニーの現状



ついにアンは彼女自身でアンソニーを世話することをあきらめて、彼を養護施設に入れます

そしてポールの後を追ってパリに引っ越すのでした。


アンソニーが別人のアンとポールとして時折見ていたのは、施設で働く介護士のビルとキャサリーンでした。

すでに施設に入って数ヶ月が経っており、アンは時折、週末にパリから戻ってきて様子を見に来ていたのです。


が、アンソニーは、彼の現状を説明してくれるキャサリーンの言葉に、理解したような理解していないような受け答えを繰り返し、母親のことを話し始めて、母親に会いたい、と泣き出してしまいます。

キャサリンはそんなアンソニーを落ち着かせ、あとで外に散歩に行こうとあやすのでした。












コメント


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function do_blocks() in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php:330 Stack trace: #0 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/widgets/toc.php(35): get_toc_expanded_content() #1 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/class-wp-widget.php(372): TOCWidgetItem->widget(Array, Array) #2 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/widgets.php(743): WP_Widget->display_callback(Array, Array) #3 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/main-scroll.php(11): dynamic_sidebar('main-scroll') #4 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(690): require('/home/takmori83...') #5 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/takmori83...', false) #6 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/general-template.php(155): locate_template(Array, true, false) #7 /home/takmori83/takmo01.com/publi in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php on line 330