映画カーズクロスロードのネタバレ感想とあらすじ!これで完結続編はナシ!?

   

Pocket

映画「カーズ クロスロード」はディズニー&ピクサーの最新作でカーズシリーズの3作目。
主人公のライトニング・マックィーンもベテランの域に達し、引退の2文字が見え始めます。

それに加えて新世代レーサーの台頭も出てきて、ちらつき始めた引退の2文字が、自らの
意思でなのか、まわりから突きつけられるのか、現実味を帯びてきました。

自分はまだできると信じ込み、新しいトレーニングを始めるマックィーンですが、果たして
どうなるのでしょう。





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

ライトニング・マックィーン: オーウェン・ウィルソン
ベテランの域に達し、台頭する新世代レーサーにトップレーサーの地位を脅かされている。
クルーズ・ラミレス: クリステラ・アロンゾ
マックィーンの新しいトレーナー。マックィーンに憧れてオートレースの世界に入る。
ジャクソン・ストーム: アーミー・ハマー
新世代レーサーの中でも一番の実力を持つレーサー。自信家で常に他人を見下している。
スターリング: ネイサン・フィリオン
マックィーンの新しいスポンサーで彼の大ファン。最初は協力していたが…。
スモーキー: クリス・クーパー
ドック・ハドソンの元クルーチーフ兼メカニック。

ネタバレあらすじ

ピストンカップシーズンをライバルのレーサーたちと楽しみながらレースを重ねていく
マックィーンでしたが、その前に新世代レーサーのジャクソン・ストームが現れます。

圧倒的な力であっという間にスポットライトを奪い去ったジャクソンの前に、マックィーン
を含む旧世代のベテラン達はレースで勝てなくなり、自ら引退を選択したり、スポンサーから
時期の契約を結ばないなどで引退を余儀なくされていくのでした。

シーズン最後のレースでなんとか新世代レーサーやストームに勝とうと無理をする
マックィーンでしたが、その結果は無残にも、タイヤ交換のタイムを省こうとしたことが
原因のタイヤ破裂による制御不能状態からの横転事故というものになってしまいました。

世間はこの事故でもうマックィーンは引退か、と騒いでいましたが、4ヶ月間、マックィーン
自身はラジエータースプリングで今後のことを考えていました。

マックィーンの師匠であったドック・ハドソンが引退した原因のクラッシュ事故の映像を
見ながら、恋人のサリーに自身の気持ちを語ります。
「引退はいずれはしないといけないだろうが、それを決めるのは自分であって、ドックの
ようにまわりに勝手に決められるのだけは嫌だ。」
と。

自分の正直な気持ちを確かめたマックィーンは、今まで違うレースの仕方を探しだすこと
にするのでした。

スポンサーのラスティ&ダスティに連絡すると「ラスティーズ・レーシング・センター」
を新装したのですぐに来るようにという返事でした。が、着いてみると二人はレーシング
チームをスターリングに売却しており、彼が新しいレースチームのオーナーになっている
ことがわかりました。

スターリングはマックィーンに最新鋭の施設と新しいトレーナーを紹介します。
トレーナーのクルーズ・ラミレスはマックィーンに新しい訓練を課しますが、その内容は
マックィーンにはゆるく感じられてしまいました。

マックィーンはクルーズが目を話したスキに、最新鋭のレーシングシミュレーターでの
訓練を始めますが、慣れないマックィーンは全く操作ができず、挙句の果てにシミュレーター
を壊してしまいます。

その様子を見ていたスターリングは、マックィーンにレースを諦め、まだ色あせていない
知名度を利用してグッズ販売を展開するようにしようとします。

マックィーンはなんとかスターリングを説得し、シーズン初戦のフロリダでのレースで
勝てなければ引退をして、グッズ販売のマスコットになることを承知する取引に成功します。
スターリングにレース参加の許可を取り付けたマックィーンは近くのハマでクルーズと
一対一対のトレーニングを始めるのでした。

しかし、トレーニングはマックィーンのものではなくて、全く砂地で走ったことのない
クルーズの訓練になってしまいます。

浜辺での訓練の後、ドックがレースをしていたというデモリッションダービーに参加する
事になり、紆余曲折があってクルーズが優勝するのでした。





スポンサードリンク

マックィーンは全然彼のトレーニングができていないことから、クルーズに八つ当たりを
してしまいますが、クルーズは、本当はマックィーンにあこがれてレーサーを目指していた
事、しかしレースサーキットは自分には場違いなところだとの臆病な考えから、自分が
したかったことから逃げ出したことを打ち明けるのでした。

その頃ストームは最高速度の新記録を叩き出します。
マックィーンは、メーターに助けを求めます。メーターはドックの師匠だったスモーキーの
居場所を探し出しており、そこへ行くことを薦めます。

ドックの故郷であるトーマスビルに、マックィーンとクルーズの二人は向かいます。そして
そこでスモーキーとドックの古い友人である伝説のレーサーたちに巡り合うのでした。

スモーキー達はクルーズの助けを借りて、マックィーンにスピードではなくテクニックで
勝てるための方法を伝授し始めます。

また、スモーキーはドックがレースから引退した後、心から楽しんだことがあったことを
マックィーンに伝えるのでした。それはマックィーンに自分の知識を教え、マックィーンが
成長して結果を出すことを見守ることでした。

特訓の成果を試す最後のダートレースがマックィーンとクルーズの間で行われました。
新しいテクニックをマスターしたマックィーンは最後の直線手前でクルーズを追い抜きます
が、とっさに昨シーズンに起こった横転事故の瞬間がフラッシュバックしてきてしまい、
最後の最後でクルーズに追い抜かれてしまいます。

その出来事に気落ちしたマックイーンは時間がないと、フロリダへ向かうのでした。

レース会場で、落ち着かないマックィーンでしたが、レースにスモーキーとドックの古い
友人たちが応援に訪れていたことにがぜんやる気を起こします。

レースが始まった後、スターリングはクルーズがチーム「ラスティーズ・レーシング・
チーム」の中にいることに気がつきます。
すぐにトレーニングセンターに戻り、若手に早く特訓をさせてレーサーにするように命じます。

しかし接触事故でレースが一時中断した時間を利用して、マックィーンはクルーズに戻って
こさせ、タイヤをレイス使用に変えて、彼女が残りのレースに出るように説得し始めました。

大騒ぎするスターリングでしたがメーターが押さえつけているスキにクルーズがレースに
参加します。実際のレースに戸惑うクルーズでしたが、マックィーンがこれまで一緒に
訓練をしてきた経験から的確にアドバイスを送ることで、実力を発揮し始めます。

ついにクルーズはストームの真後ろにつけるまで、順位を上げました。
残り1周になり、クルーズとストームのデッドヒートが繰り広げられます。
ストームはクルーズを外周の壁に押し付けて妨害しますが、かつてドックが使っていた
宙返りを使ってクルーズの内側に入り込み、見事に1位でゴールを通過するのでした。

クルーズとマックィーンは両者とも優勝者として公式に認定されます。クルーズはスター
リングとの雇用契約を破棄し、レーサーとして生きることにします。

ダイナコのレーサーとして契約を勝ち取り、マックィーンもクルーズのクルーチーフ兼
トレーナーとして参加。二人はラジエータースプリングのダートトラックで特訓のレースを
繰り広げるのでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画