映画スパイラル:ソウ オールリセットのあらすじをネタバレ有で分かりやすく解説!

あらすじ

映画「スパイラル:ソウ オールリセット」は人気の「ソウ」シリーズを全く新しいキャラクターでストーリーを再スタートさせた作品です。

死からの脱出ゲームのコンセプトはそのままに、どのような登場人物たちが物語を繰り広げるのか。


今回はそんな映画「スパイラル:ソウ オールリセット」の基本情報や予告動画や登場人物、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「スパイラル:ソウ オールリセット」の基本情報



それでは映画「スパイラル:ソウ オールリセット」のあらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして登場人物の紹介をしておきます。


映画「スパイラル:ソウ オールリセット」の基本情報と予告動画


2004年製作の第1作以降、これまでに8作品が製作された人気スリラーシリーズ「ソウ」シリーズの新たな一作。

過去のシリーズと関係する登場人物が一新され、ジグソウの後継者をめぐる物語をリセットし、ジグソウを凌駕する新たな猟奇犯が登場する。


地下鉄の線路上で舌を固定され、宙吊りになった男。
猛スピードに迫った電車により、男の体は四散する。

それが、猟奇犯が警察官をターゲットに仕掛けたゲームのはじまりだった。

捜査にあたるジークと相棒のウィリアムを挑発する不気味な渦巻模様と青い箱。

やがて、伝説的刑事で、ジークの父であるマーカスまでもが姿を消し、ジークは追い詰められていく。


主人公ジーク役をクリス・ロックが演じ、父のマーカス役にはサミュエル・L・ジャクソン。
監督は「ソウ2」から「ソウ5」までシリーズ3作品でメガホンをとったダーレン・リン・バウズマン。

引用:映画ドットコム





映画「スパイラル:ソウ オールリセット」の登場人物紹介



続いて登場人物紹介です。

エゼキエル・ジーク・バンクス警部


警官を狙った猟奇殺人犯を追う本作の主人公刑事。
過去にパートナーである警官を告発したことで警察署内では浮いている存在。


演じるのはクリス・ロック

マーカス・バンカス


ジーク刑事の父親で今は引退している元警察署長。

ジークとともに警官ばかりを狙って殺人を犯している犯人を追いかけることに。


演じるのはサミュエル・ジャクソン

ウィリアム・シェンク刑事


ジーク刑事の新パートナーとなる新人警官。


演じるのはマックス・ミンゲラ

アンジー・ガルザ警部


ジークの上司である女性警官。


演じるのはマリソル・ニコルズ

映画「スパイラル:ソウ オールリセット」の見どころ紹介



「ソウ」シリーズということでやはり見どころは大掛かりな「死のゲーム」ではないでしょうか。

よくもまぁ、考え付いて作り上げたな、と感心してしまう残忍な「死のゲーム」の数々。

そして究極の状態に陥った犠牲者が結局決断しきれずに、むごたらしい死を迎えてしまうところも定番ですね。


個人的な注目はコメディアンのクリス・ロックがコメディを全く封印して臨んだシリアスな演技

この映画の中でのクリス・ロックを見たら、あのコメディアンのクリス・ロックとは同一人物とは思えませんでした。

新しい境地を見事に切り開いて、今後の活躍の幅を広げることに成功したといっていいと思います。







映画「スパイラル:ソウ オールリセット」ネタバレあらすじを分かりやすく解説



それでは映画「スパイラル:ソウ オールリセット」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・ゲームのスタート



アメリカの独立記念日でイベントのパレードを見ていた非番の刑事マーブ・ボスウィックは盗みの現行犯を目撃します。

犯人を追いかけて裏路地へ入ると、相手は下水道の中に逃げ込んだ様子。

ボスウィックもその後を追って下水道の中に入っていくのでした。


が、下水道の中で相手を見失い、迷ってしまうと、後ろから豚の覆面を被った何者かに襲われ、気を失ってしまいます。

ボスウィックが気が付くと、体が地下鉄の線路の上に宙づりにされていました。

脱出は可能ですが、彼の舌が特殊な器具で固定されていたので、それをどうにかしないと完全には抜け出せません。


状況を理解しようとしているボスウィックに録音された不気味な声が聞こえ始めます。

その声が言うには、ボスウィックには2択が与えられているとのこと。

1つは、舌を引きちぎり、今の状況から脱出すること。

そしてもう一つは、そのまま助けが来る可能性に賭けること。
ですが、時間までに助けが来なければ地下鉄に轢かれてしまいます。


ボスウィックは自分で舌を引きちぎる決心がつきません。

やがて地下鉄が近づいてきてしまい、ボスウィックは地下鉄に轢かれてしまうのでした。


翌日、警官のエゼキル・ジーク・バンク刑事は上司であるアンジー・ガザル警部に呼ばれます。

そしてウィリアム・シェンクという新米刑事とコンビを組むことを言い渡されるのでした。


二人は早速ボスウィック殺害の事件を担当することになり、現場に向かうことにします。

現場に着いたジークはその状況を確認し、その結果、殺害の状況は、今はもうすでに亡くなっているもの、かつて世間を騒がしたジグソウの死のゲーム殺人に類似していることに気が付くのでした。

承・次々と起こる死のゲーム



続いての死のゲームの犠牲者はフィッチという名の刑事でした。

彼は過去にジークからの応援要請を意図的に握りつぶし、その結果ジークが殉職しかけたという因縁を持つ人物です。


彼は何者のかに襲われ、気絶させられて拉致されます。

気が付くと彼もまた、大掛かりな機械に拘束されていました。


彼に対する死のゲームは、

    ・指を引きちぎって脱出をするか?
    ・それともそのまま放電されている水槽の中に落ちて感電死するか?

の2択でした。


フィンチは自分で指を引きちぎることができず、感電死することになります。


このフィンチの事件の結果、過去の遺恨があるジークが何らかの関りを持っているのではないか、という憶測が警察署内で起きてしまうのでした。


そんな中、警察署に怪しげな小箱が届きます。

ジークが開けてみると中には、豚の覆面と切り取られた人間の皮が入っていました。

その皮を調べてみると、シェンク刑事の体に彫られたタトゥーが見つかります。

シェンク刑事は警察署に来ておらず、彼も拉致されて殺された可能性が出てきました。


箱の中にはその他に小瓶が入っており、それを調べるとかつてはパーティグッズ等を販売していた店で、今は肉屋になっている場所の存在が浮上します。

ジークは、かつて警察署長で今は退職して引退した彼の父親、マーカス・バンクとともにその場所に向かうことするのでした。


現場に到着した二人はテープレコーダーと皮をはがれた人間の死体を発見します。

その死体は、恐れていた通り、シャンク刑事のものであることがわかるのでした。


もう警察官ではないマーカスですが、犯人を自分の手で捕らえたいと独自で調査をします。

その結果、とある倉庫の存在が判明し、そこへ調査に向かいますが、逆に何者かに捕らえられてしまうのでした。


その後、今度はガルザ警部が拉致されてしまいます。

彼女はどこかの冷凍室に閉じ込められていました。

ガルザ警部に課せられた「死のゲーム」は、

    ・背骨を切断されるものの、それによって脱出をするか?
    ・沸騰したロウを頭上から浴びせられるか?

の2択でした。


ガルザ警部も時間内に決心をすることができず、頭から煮えたぎったロウをかけられことによって、命を落とすことになります。

そしてその後、ジークによってガルザ警部の死体が発見されるのでした。

転・犯人の正体と犯罪の動機



手がかりを追って捜査を進めるジークでしたが、ついに彼までも囚われの身になってしまいます。

気が付くととある倉庫の一室でパイプに手錠でつながれ、手の届く所にのこぎりが置かれていました。

ジークは、自分の手で腕を切り落として脱出してみろ、という犯人のメッセージだと理解します。

が、ジークはヘアピンを見つけ出し、それによって手錠からの拘束を脱することに成功するのでした。


倉庫の中を進むと、ジークはかつてのパートナーであったピーター・ダンリービーが拘束されているのを見つけます。

ダンリービーはジーク同様刑事でしたが、殺人に手を染めてしまい、そのことはジークの証言で明るみとなったために、罷免されて刑務所に送られた過去を持っていました。


ダンリービーが拘束されている前にガラス粉砕機が設置されており、ガラスがは破壊されるたびに彼はその破片を浴びて傷付くように設置されていました。

そして、テープレコーダーから録音が再生され、ジークはダンリービーを助けてもいいし、見殺しにしてもいい、と言われてしまいます。


ジークはダンリービーを助けようとしますが、彼の拘束を時間までにとることができず、結果的には彼を死なせてしまうのでした。


別の部屋に移動したジークはそこで死んだと思われていたシャンク刑事と対面することになるのでした。

驚くジークにシャンク刑事は、事の真相を語り始めます。

シャンク刑事だと思われていた、皮をはがれた死体は、ボスウィック刑事を下水道内におびき寄せた捨て駒で、同じタトゥーを持っていたため身代わりにされたのでした。


さらに驚くことに、彼の本名はエマーソンであり、ダンリービーが殺した犠牲者の息子であることを明かします。

ダンリービーが彼の父親を射殺した理由は、署内に多く存在した汚職刑事の秘密をすべて明るみにすることを決意したためでした。

その口封じのために殺されたのですが、この刑事による汚職の事実は、当時警察署署長だったマーカスも知っていながら、「毒を以て毒を制す」という考え方にのっとって見てみぬふりをしていたのです。


シャンクことエマーソンは、殺された父親の復讐のため、手を下した人物だけでなく、汚職をしていた刑事全員、そしてその汚職を知っていながら何もしなかったマーカスを狙って「死のゲーム」に無理やり参加させていたのでした。

結・最後の死のゲーム



エマーソンはジークに一緒に不正をただすことができると信じていた部分があったようです。

その証拠として最後の「死のゲーム」をジークに課すのでした。


エマーソンは緊急番号に電話し、銃撃者を目撃した市民を名乗って通報します。

銃を携帯している容疑者が相手であることでスワットチームが現場に急行することになるのでした。


その準備を終えたエマーソンは、彼にとらえられて、傷つけられて出血しているマーカスを宙づりにします。

そしてジークに弾が一発だけ入った銃を渡し、2択を迫るのでした。

それは、

    ・その弾丸でエマーソンを射殺する、しかし父親は出血死する。
    ・その弾丸で父親を解放し救助する、しかしエマーソンは逃亡する。

です。


ジークは父親を助けることを選択します。

見事に的を狙撃し、その結果、マーカスは腕が自由となり、ゆっくりと地面に下ろされ始めました。

それを確認し、ジークはエマーソンを追いかけます。

逃げるエマーソンに追いつき、二人は格闘を始めるのでした。


一方でエマーソンの偽の通報により、スワットチームが現場に到着します。

が、隊員が配備につく過程で、仕掛けられた罠を作動させてしまうのでした。


これによってマーカスが再度宙づりになってしまいます。

その結果、エマーソンによってマーカスの腕に固定された銃がスワットチームから目視できる形となり、スワットチームは犯人から攻撃される前に制圧する目的でマーカスに向けて発砲。

マーカスはスワットチームの銃撃によって亡くなってしまいます


一連の出来事にジークはエマーソンの追跡をあきらめてマーカスを救おうとしていましたが、それもかなわず、絶望的な絶叫をあげるしかできないのでした。

最後に簡単な感想



人気シリーズの「ソウ」を全く新しい登場人物で描く新シリーズ。

が、これまでのものとかなり毛色がちがうな、と感じました。

犯人の目的は復讐で、その過程で「死のゲーム」を犠牲者に課しています。

ということは、真の目的は復讐であるため、「死のゲーム」を切り抜けても結局始末されるのではないか、という思いが消えませんでした


また、犯人が逃げ切ったことでシリーズ化を狙っていると思います。

そうなるとさらに悪徳警官がいて、エマーソンは彼らを狙うことになるのでしょうか?

そのあたりの設定のつじつまを合わせるのに、一工夫が必要でしょうね。


つじつま合わせというか、説得力でいえば、エマーソン一人であれだけの仕掛けとそこに犠牲者を設置することができるのか、という疑問が湧いてきます。

特に一番最初の犠牲者は地下鉄に轢かれましたが、

    ・地下鉄が現場を通らない時間がどのくらいの長さなのか?
    ・その時間内に死のゲームの仕掛けに犠牲者を設置できるか?
    ・列車が来る前に正気を取り戻さなかったらどうするつもりだったのか?

等の疑問が次々と浮かんでしまいました。(笑)












コメント

タイトルとURLをコピーしました