Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

映画ライトハウスあらすじをネタバレ有で分かりやすく解説!キャスト情報と見どころも

スリラー

映画「ライトハウス」は孤島に閉じ込められた灯台守の老人と若者の男性二人がだんだんと狂気に犯されていく様を描いた作品です。

わざわざ昔の映画のような正方形の画角を使い、モノクロ映画にして光や影をとても効果的で美しく使っているのが印象的な映画でした。

内容は、というと一体何が真実で何が幻想なのかがはっきりせず、見終わってから、ああなのだろうか、こうなのだろうか、と考え込んでしまいます。


今回はこの映画「ライトハウス」の基本情報や予告動画やキャスト情報、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「ライトハウス」の基本情報



それでは映画「ライトハウス」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして出演キャストの紹介をしておきます。


映画「ライトハウス」の基本情報と予告動画


「ウィッチ」のロバート・エガース監督が、「TENET テネット」のロバート・パティンソンと名優ウィレム・デフォーを主演に迎え、実話をベースに手がけたスリラー。

外界と遮断された灯台を舞台に、登場人物はほぼ2人の灯台守だけで、彼らが徐々に狂気と幻想に侵されていく様を美しいモノクロームの映像で描いた。


1890年代、ニューイングランドの孤島。4週間にわたり灯台と島の管理をおこなうため、2人の灯台守が島にやってきた。

ベテランのトーマス・ウェイクと未経験の若者イーフレイム・ウィンズローは、初日からそりが合わずに衝突を繰り返す。

険悪な雰囲気の中、島を襲った嵐により、2人は島に閉じ込められてしまう。


引用:映画ドットコム





映画「ライトハウス」のキャスト紹介



続いてキャスト紹介です。

イーフレイム・ウィンズロー


灯台守の見習いとして孤島の灯台に4週間赴任することになった若者。

過去に暗い秘密を抱える。


演じるのはロバート・パティンソン。

トーマス・ウェイク


ウィンズローといっしょに孤島の灯台に赴任するベテラン灯台守。


演じるのはウィレム・デフォー。

映画「ライトハウス」の見どころ紹介



僕がおすすめする映画「ライトハウス」の見どころは全部で3点になります。


1つ目は映像美。

普段から見る映画の横長の画面でもなく、スマフォで慣れた縦長の画面でもない、見慣れない真四角の画面。

そこに映し出される白黒のモノクロ映像は、光の当たり方や影が作る黒色によってカラーよりもおどろおどろしさが強調されています。


2つ目はロバート・パティンソンとウィレム・デフォーの名演技。

二人しか登場人物がいないため、どちらか一人、もしくは二人一緒のシーンばかりです。

それでも飽きさせない素晴らしい演技と、二人を使ったコントラストを楽しむことができるでしょう。


3つ目はストーリー。

どこまでが真実で、どこまでが嘘、または空想もしくは幻想なのか。

一度見ただけでは分かりにくい不可思議な内容ですが、だからこそ、後々こういう意味なのだろうか、それともこういう意味なのだろうか、といろいろ空想をふくらまして楽しむことができます。







映画「ライトハウス」ネタバレあらすじを分かりやすく解説



それでは映画「ライトハウス」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・孤島での灯台守の生活



19世紀末、イーフレイム・ウィンズローは灯台守として雇われ、4週間、アメリカ東海岸ニューイングランド地方にある孤島の灯台に赴任することになりました。

ウィンズローと一緒に赴任するのは、長年、この灯台の灯台守を務めてきたベテラン、トーマス・ウェイクでした。

が、二人は灯台のある島に向かう船中でも、島についてからでも、名前はおろか、身の上話などは一切していません。

ウェイクはウィンズローのことを小僧とよび、自分が命じた仕事は口答えせず、二つ返事ですべて行うことを命じるのでした。


ウィンズローは島での初めての朝、ベッドの隅にあった象牙細工の人魚像を見つけます。

おそらくそれは、前任者が忘れていったものだったのでしょうが、ウィンズローはその像を上着のポケットにしまい、隠し持つようになるのでした。


ウェイクとの仕事は困難を極めました。

全ての重労働はウィンズローの仕事であり、人使い荒く、彼をこき使います。

また、仕事の仕方が気に入らないと、ウェイクの気が済むまで何度でもやり直しさせるのでした。

そしてウェイクは、ウィンズローに灯台のレンズ室に入ることを決して許さず、いつも彼一人がレンズ室の仕事を行っていたのです。


島での生活を続けていくウィンズローは、ウェイクが夜な夜なレンズ室に一人でこもっていることに気が付きます。

こっそりと様子をうかがってみると、ウェイクはレンズ室で裸になって光を虚ろな表情で見つめているのでした。


さらにウィンズローはいろいろなマボロシを見るようになります。

それは海の怪物であったり、いかだであったり、海に浮かぶ死体であったりするのでした。


ウィンズローは島での仕事の最中に、片目のカモメが何かにつけて彼の目の前に現れることに気が付きます。

カモメは彼に恐れることなく、威嚇するような動作を繰り返すのでした。


ウェイクは、特に夕食時にウィンズローにいろんな話をすることがあります。

その一つに海鳥を決して傷つけてはならない、という言伝えがありました。
しかもウェイクはこの言伝えを酷く真剣に信じているのです。

船乗りの中では、海鳥は死んだ船乗りの生まれ変わりだと信じられており、そんな海鳥を傷つけたり殺したりすることは、災いを呼び寄せる、と言われていたのです。


また、別の晩に語ったことによると、以前の灯台守見習いはこの島で正気を失い、それがもとで命を落としたのです。

ウィンズローもウェイクに自身のことを話すのでした。

灯台守見習いに応募する前は、カナダの北、ハドソン湾で木を切り出す仕事に就いていたのです。

ウェイクは木こりをしていた若者がなぜ、全く関係のない海の仕事をしたいと思ったのか、を訪ねました。

ウィンズローは、割のいい仕事について金をたくさん稼ぎたいだけだ、とこたえましたが、ウェイクはそこに、何か話したくない事情もあるのだろう、と気が付いていたのです。


ようやく4週間も終わりに近づき、翌日には島を離れるという日になって、ウィンズローは飲料水の様子がおかしいことに気が付きます。

貯水槽を確認してみると、そこにはカモメの死骸が浮かんでおり、それによって水が汚染されていたのでした。

ちょうどその時、例の片目のカモメがウィンズローの目の前に降り立ち、威嚇をするようにけたたましくわめきます。

それによって怒りが頂点に達したウィンズローは片目のカモメを捕まえ、地面に何度も打ち付けて殺してしまうのでした。


ウェイクの行った言伝えが真実なのか同か、定かではありませんが、急に風向きが変わります。

そのことに気が付いたウェイクは、ウィンズローに嵐が近づいていることを伝え、そのための準備として二人で窓を板で打ち付けるなどの対策をするのでした。


果たして夜になるころには激しい嵐が吹き荒れます。

そんな状況下、明日には迎えが来るということもあり、仕事期間中には規則として酒を口にしなかったウィンズローも、ウェイクと一緒に深酒をし、大騒ぎをするのでした。


が、嵐は次の日になっても収まらず、ウィンズローを迎えに来るはずの船はやってこれません。

任期を終え、帰れると思っていたウィンズローは嵐がおさまるまで島に足止めせざるを得なくなったのでした。

承・嵐によって孤島に閉じ込められてしまう



嵐のせいで迎えの船がやって来ないため、ウィンズローはいつもの仕事をこなすことにします。

手押し車でモノを運んでいる最中、海岸線に何かが打ち上げられているのに気が付きました。

近寄ってみるとなんとそれは若い女性でした。が、それは上半身だけ。なんと下半身は魚の人魚だったのです。

しかもその人魚は生きており、目を見開いて起き上がり、ウィンズローにむかって不気味な鳴き声をあげるのでした。


ウィンズローは恐ろしさのあまり、その場から逃げ出し、建物の中に逃げ込みます。

建物の中にはウェイクがおり、入ってきたウィンズローに対して、嵐のせいで食料がダメになったことを伝えるのでした。

次の食料は、数週間後にならないと配達されない予定です。


ウェイクは、ウィンズローを連れて予備の食料が入っているはずの木箱を、地面から掘り出します。

探し当てた木箱をあけますが、中には大量の酒・ジンが入っているだけで、食料は見当たりませんでした。


嵐は翌日も吹き荒れていましたが、ウェイクとウィンズローは自棄になったのか、掘り出したジンを大量に飲み、深酔いして二人で大騒ぎをしていたのです。

二人とも完全に酔っぱらい、親密さを見せたかと思えば急に敵意を互いに見せるなどの乱痴気騒ぎを繰り広げるのでした。

転・ウィンズローの秘密



その後もウィンズローを迎えに来る船は現れず、島で灯台守の見習いとしての生活を繰り返しているしかありません。

そんな中、二人はいよいよおかしくなっていってしまいます。


ウェイクが昼寝をしていたある日、ウィンズローはウェイクからレンズ室のカギを盗めるのでは、と考え付くのでした。

靴を脱いで足音を立てないように寝室に近づき、中に入って、ウェイクからカギを盗もうと腕を伸ばします。

その時、隠し持っていたステーキナイフを一思いに首に突き立てれば、もっと簡単なのでは、とナイフを取り出すのでしたが、その瞬間、ウェイクは目を覚ましてしまうのでした。

靴も履かずに何をしている、と聞くウェイクに対し、ウィンズローは足音で目を覚まさせないように気を使っただけだ、と言い逃れます。

ナイフはウェイクが目を覚ましたことに気が付いてとっさに隠し、どうやら気が付かれていない様子でした。


またある時には、ロブスターを取るための籠をウィンズローが海から引き揚げていたところ、上がってきた籠の中に、片目のつぶれた男性の首があるのを発見して腰を抜かします。

この男性の首は、ウェイクが言っていたら気が変になって死んでしまった前任の灯台守見習いだと悟るのですが、この一連の出来事が真実なのか、幻想なのか、ウィンズローには、分からなくなっているのでした。


そしてある晩、夕食を共に食しながらいつものように深酒をしていた二人ですが、ウィンズローが、木こりとしてハドソン湾で働いていた時の話を打ち明けます。

じつは、彼の本当の名前はトーマス・ハワードといい、イーフレイム・ウィンズローは彼の上司の名前でした。

ウィンズローことトーマス・ハワードの話では、事故で水に落ちた上司を恐怖のあまり体が宇故和助けられなかった、と話すのですが、その時に彼の頭の中で思い出されているであろう映像では、彼が上司の不意を突いて危害を加え、水に突き落とした様子が、流されているのです。


その後、ついにウィンズローは孤独に耐えきれず、島にある唯一の小舟で荒れ狂う海に出て、本土に戻ろうとします。

そんなウィンズローを追いかけてきたウェイクは、「わしも連れて行け!」と叫び、持っていた斧で小舟を叩き壊すのでした。

ウィンズローは建物の中に逃げ込みますが、ウェイクは斧をもって追いかけてきます。

しかし建物の中に入ってきたウェイクはことのほか落ち着いており、ウィンズローを落ち着かせるのでした。

そして語るのは、小舟を斧で壊したのはウィンズローである、というのです。


このころになると、酒も底をついてしまいます。

ジンが無くなった二人は、灯台の動力となっているエンジンの整備につかうテレピン油にはちみつを混ぜて、それを飲むようになっていました。

こうして二人は、飲料用ではないアルコールも飲むことでしか、孤島に閉じ込められているストレスを発散させている方法はありませんでした。

結・ついに衝突する二人



飲料用ではないアルコールでふたりで深酒をしていた時、外は相変わらず嵐でした。

そしてついに波が窓ガラスを破って水が大量に流れ込んできます。

そんなとんでもない状況でも酔っている二人は構うことなく酒を飲み続け、やがてつぶれてしまいます。


翌朝、ウィンズローが目を覚まし、水の溜まった部屋の中で用を足していると、足元に一冊の本が流れてきていました。

何の気なしに拾って目を通すと、それはウェイクが島に来てからの記録帳であることが分かります。

読み進めていくとウィンズローには信じられない記述を発見するのでした。


そこに書かれているのはウィンズローの仕事具合についてだったのですが、全くのでたらめが書かれていたのです。

酒ばかり飲んで仕事をなまけ、全く使い物にならない無能であるから、給金の支払いはすべきではない、というものでした。


あまりのことにウィンズローはウェイクに詰め寄ります。

そして今まで我慢してきたことをぶちまけ、ついには取っ組み合いの殴り合いになってしまうのでした。

しかし体力的には若いウィンズローの方に分があります。

床に転がるウェイクに馬乗りになり、一方的に殴りつけるようになったのでした。


しかしウェイクを殴りつけてつつ、ウィンズローはいくつかの幻想を見ていました。

いつか見た人魚を組み伏せている幻想であったり、ギリシャ神話に登場する海神プロテウスであったり。

ウェイクが完全に弱ったところで殴るのを止め、首に縄をつけて外に連れ出します。

そして緊急用の食料を掘り起こした穴の中に入れ、生き埋めにしようとウィンズローは土をかぶせるのでした。


その間、ウェイクはウィンズローにプロメテウスの呪いがかかるようにと叫び続けます。

が、それも力尽き、静かになったのをまって、ウィンズローはレンズ室のカギをウェイクからうばうのでした。


建物の中に戻ったウィンズローでしたが、その後ろから斧を持ったウェイクが襲い掛かります。

が、致命傷を与えることができず、反対にウィンズローに斧を奪われ、頭をたたき割られてしまうのでした。


ようやくレンズ室に入ることのできたウィンズローに対しフレネルレンズが開き、中の光が直接彼を照らします。

その光を浴び、獣のように大声で叫ぶウィンズローでしたが、バランスを崩してレンズ室から下に落ち、そこにつながっていた塔のらせん階段をしたまで転がり落ちていくのでした。


映画の最後のシーンは、裸で虫の息ののウィンズローが岩の上に横たわり、カモメの群れに腹を悔い破られ、内臓をついばまれている、まさにプロメテウスの責め苦を受けている映像で幕を閉じるのでした。












コメント


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function do_blocks() in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php:330 Stack trace: #0 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/widgets/toc.php(35): get_toc_expanded_content() #1 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/class-wp-widget.php(372): TOCWidgetItem->widget(Array, Array) #2 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/widgets.php(743): WP_Widget->display_callback(Array, Array) #3 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/main-scroll.php(11): dynamic_sidebar('main-scroll') #4 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(690): require('/home/takmori83...') #5 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/takmori83...', false) #6 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/general-template.php(155): locate_template(Array, true, false) #7 /home/takmori83/takmo01.com/publi in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php on line 330