Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

映画プロミシングヤングウーマンのあらすじをネタバレ有で分かりやすく解説!

ドラマ

2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した「プロミシング・ヤング・ウーマン」。

それにふさわしい、とても楽しめる映画でした。


特に、エンディングに復讐が完了し、スカッとして「ざまぁ」と留飲をさげて終わるだけのエンターテイメント作品ではありません。

復讐を成功させた主人公キャッシーに対して悲しみを感じずにはいられない展開には、見終わった後も、いろいろと考えさせられて仕方がありませんでした。


今回はこの映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」の基本情報や予告動画やキャスト情報、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」の基本情報



それでは映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして出演キャストの紹介をしておきます。


映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」の基本情報と予告動画


Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。


ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。

実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。

明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。


主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ・史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。


2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

引用:映画ドットコム





映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」のキャスト紹介



続いてキャスト紹介です。

カサンドラ(キャリー)・トーマス


30歳になりながらいまだに両親と一緒に暮らし、親しい友人もなく、コーヒーショップでバイトとして働いている。

もともとは優秀な医学生だったが、とある理由で退学した過去を持つ。

が人知れず、週末の夜に不可解な行動を繰り返しているという裏の顔を持つ女性。


演じているのはキャリー・マリガン。

ライアン・クーパー


キャッシーのい学生時代の同級生で今現在は小児科医師。

偶然にキャッシーと再会し、交際を申し込む。

二人は無事、結ばれるが…。


演じるのはボー・バーナム。

ゲイル


キャッシーが働くコーヒーショップのオーナー。

彼女唯一の友人といっていい存在。


演じるのはラバーン・コックス。

映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」の見どころ紹介



2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しただけの作品だけあり、そのストーリーの展開はとても楽しめるものでした。

が、一方で予告などで宣伝されている復讐物として、エンディングにスカッとして終わる単純なエンターテイメントではありません。

正直に言えば、作品を見終わって感じたのは『悲しさ』でした。

そんな、一味違う復讐物の物語として存分に味わってほしいと思います。






映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」ネタバレあらすじを分かりやすく解説



それでは映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・キャッシーという女性・ライアンとの再会で始まる復讐劇



金曜の夜、とあるバーに3人のビジネスマンが飲みに来ていました。

カウンターの隅で3人は仕事の話などで盛り上がっていたのですが、少し離れた場所に泥酔したビジネスウーマンが一人でいることに気が付きます。

様子をうかがっていた3人ですが、そのうちの一人、ジェリーが心配だから大丈夫かどうか、声をかけることにしました。

そして女性は、帰りたいけどもとても一人では帰宅できないことが分かり、タクシーで送るといって、肩を貸し、バーの外に出ます。


タクシーの中でジェリーは、自分のアパートが近いので、そこで何か飲まないか、と誘うのでした。

ふらふらの女性を部屋の中に連れ込むのですが、その目的は不純なもので、女性が寄っていることをいいことに性欲を満たそうとベッドの上に寝かせます。


女性は酔った声で「何をするつもり?」と繰り返していましたが、ジェリーが女性の下着を脱がせた途端、女性は上半身を起こし、突然しっかりした声で「何をするつもりかって聞いているでしょ?」と詰問したのでした。


翌日、朝日が昇った通りを女性がサンドイッチを頬張りながら、歩いていました。

白いワイシャツに返り血と思われるものが付いており、他の体の部分にも認められます。

そんな彼女を3人の道路工事員がからかいの声をかけますが、それに答えず、ずっと見つめ返されていたことに気味悪がり、強がりの悪態をついてどこかに逃げていくのでした。


女性の名前はキャシー。

両親と住んでいる自宅に帰り、自分の部屋のベッドの下に隠してあった手帳を取り出し、青色で人数を数えるための線を、ジェリーの名前とともに書き加えまるのでした。


その後、キッチンに行くと両親が朝食を取っており、彼女の帰宅が遅かったことについて尋ねます。

それに仕事場で在庫整理があったためだ、とうそをつきますが、母親は、妙に在庫整理の日が多いのね、と納得していない様子。

そしてキャッシーの30歳になる誕生日のためのプレゼントを渡すのでしたが、彼女は今日が自分の誕生日であることをすっかり忘れてしまっていました。

そんな彼女に母親のスーザンは心配のあまり、声を荒げ、学生時代から考えれば理由が分からないほどの変化に戸惑っていると、ついには泣いてしまいます。

父親はそんな母親を少したしなめ、プレゼントをあけるように促すのでした。


プレゼントはピンク色のスーツケースでした。

それは早くキャッシーに自立して家から出ていけ、というメッセージなのかもしれません。

そのようなことを仕事先のコーヒーショップで、オーナー兼マネージャーのゲイルに愚痴っていました。


ゲイルが店を去った後、そこに男性の客が来店します。

それは医学校に通っていた際の同級生の一人、ライアン・クーパーでした。

ライアンはキャッシーに気が付き、懐かしそうに話しかけます。


そんな中で医学校では成績優秀であった、なぜキャッシーがコーヒーショップでパートとして働いているのか?と聞いてしまいますが、それは彼女が医者よりも低い仕事に就いている、と受け取れる発言でもありました。

必死で謝るライアンは、注文したコーヒーに唾を入れられても文句が言えないほどのことを言った、と言います。

その言葉にキャッシーはコーヒーの中に唾を入れてライアンに渡すのですが、少し驚いたライアンは、そのコーヒーを持って、キャッシーにデートを申し込みます。

これにはキャッシーも驚きますが、この日はデートの誘いには断わって分かれるのでした。


そんなキャッシーはまた次の週末に泥酔したふりをしてニールという男性にお持ち帰りされます。

ニールは自宅アパートにキャッシーを連れ帰り、麻薬を勧めてことに及ぼうとします。

が、酔ったふりを止めたキャッシーに理論的に論破され、恐怖のあまり、帰ってくれと懇願する始末。


自宅に戻ったキャッシーは再びノートに成果を書き込むのですが、その際、壁に飾られているになという女性の写真に向かって、意味深な独り言を話しかけるのでした。


ライアンが再び、キャッシーの働いているコーヒーショップに現れ、再度デートの誘いをします。

その熱意にほだされて、キャッシーは一緒にランチをする約束を交わすのでした。


そしてその時、医学生時代の同級生と今でも交流があるか、という話題になります。

ライアンはアルという学生が最近地元に戻ってきたことをキャッシーに伝えます。

とっさに表情を変えるキャッシーでしたが、ライアンはそれに気が付かず、イギリスに留学していたはずだけど、というキャッシーの言葉に、アルが近々結婚する予定であることを話すのでした。


さらにライアンはキャッシーにマディソンとキャッシーがもう一人の女性とよく3人でつるんでいたような記憶があるが、と続けます。

キャッシーはマディソンという名前の友人はいない、記憶違いじゃないのか、と答えますが、ライアンはそのマディソンが最近双子を出産したことを世間話の一つとして話すのでした。


自宅に戻ったキャッシーは、ライアンが話していたアルやマディソンのSNSにアクセスし、結婚や出産の話が本当であることを確認します。


ライアンとのデートは楽しいものであり、昼食だけでなく、映画の鑑賞もして、すっかり日も暮れた町中を二人は歩いているのでした。

ライアンは自宅アパートの前まで来て、ここが自宅であることを話し、部屋に来て何か飲まないか?と誘いますが、キャッシーは、断わります。

ライアンはそれ以上強く勧めず、そこで二人は別れることとなり、一回目のデートはお開きとなりました。

一人歩いて帰るキャッシーはなぜが、通り脇にあったゴミ籠を腹立ちまぎれに蹴り倒してしまいます。


自宅に戻ったキャッシーは、真っ暗な部屋の中で意を決した表情でパソコン画面と見つめ、マディソンのSNSページから情報収集に没頭していくのでした。

承・復讐をしても満たされない心



キャッシーはとあるホテルのレストランでシャンパンとジンジャーエールを注文し、誰かを待っていました。

自分のグラスにはジンジャーエール。

相手のグラスにはシャンパンを注いで。


待っていた相手はマディソン。

久しぶりの再会に、二人は大喜びでお祝いします。


楽しい会話を食事しながらして過ごしていましたが、マディソンの飲酒ペースはどんどんと早くなっていき、量も増えていきます。

そして食事を終えたころ、今日は久しぶりに会って、なぜキャッシーが医学校から退学したのかの理由を話し合うために呼び出したことを明かすのでした。


明らかに居心地の悪くなっているマディソンは、ニナがアルにパーティーで酔わされて部屋に連れ込まれ、レイプされたということは、あくまでうわさとして聞いただけで、それが真実であると信じたわけではなく、いまも真実でなかったと信じていると答えます。

が、明らかにその発言には自信が感じられず、学生時に一度、噂だと主張した以上、いまさらあれは間違いだったとは言えない、という罪悪感がとても分かりやすく、読み取れるものでした。

その居心地の悪さから、さらに酒をあおるマディソンを、キャッシーは一人残します。


ホテルのカウンターにはキャシーが雇った男性が座っており、酔いつぶれたマディソンをホテルの一室に連れて行くように部屋の鍵を渡すのでした。


翌日、マディソンから何度も電話連絡がきますが、キャッシーは電話に応答しません。

残された留守電を聞いてみると、酔っぱらって記憶が無くなっており、気が付いたときにはホテルの部屋で寝ていたことで、一体何があったのか、もしかしたら一線を越えてしまったのではないか、と不安になって、キャッシーに助けを求めていたのでした。

しかしキャッシーは、マディソンへの連絡はせず、次の復讐相手への準備を開始します


キャッシーはスタイリストに成りすまし、とある大学の女学生に声をかけます。

その女学生アンバーは、レストランへの行き方を聞いてきたキャッシーに不信感をあらわにしますが、車の助手席に乗っていた書類に、アンバーの大好きなロックバンドの新しいMV撮影のことが書かれていることに気が付くと、とたんに大興奮してしまうのでした。

キャッシーは、公式発表日までにSNS等でつぶやかれたら、仕事を失うという理由でアンバーの助けをことわろうとしますが、アンバーは、彼女のスマホをキャッシーに渡して安心させ、現場でロックバンドのメンバーを生で見たいと懇願します。

こうしてキャッシーはアンバーの拉致&スマホの没収を、アンバーに疑われることなく、済ませてしまうのでした。


その後、キャッシーは母校である医学校の学部長エリザベス・ウォーカーと会っていました。

エリザベルはニナの事件があったときも学長であり、ニナが被害を訴えた相手でしたが、証拠不十分という理由で、訴えを退け、加害者のアルに何の罰則も与えていませんでした。

そして、キャッシーが再び、ニナのレイプ事件の話題を持ち出しても、ニナの名前も覚えてもおらず、このような訴えは日常的に持ってこられ、互いの証言だけで証拠もなく事件がするのはむつかしい、と答えます。


そこでキャッシーは彼女の娘であるアンバーを男子生徒が数人いる部屋においてきた、と告げます。

そしてそこにはウォッカの大瓶があったことも付け加えるのでした。


始めはそんな話を信じなかったエリザベスでしたが、試しにアンバーの携帯に電話をしてみると、キャッシーはカバンの中から呼び出し音の鳴るスマホを取り出します。

ようやくキャッシーがいっていることが真実であると気が付いたエリザベスは、取り乱してアンバーの居場所を聞きますが、キャッシーはニナがアルにレイプされた部屋だ、としか答えません。

エリザベスの記憶の中にニナの事件のことを全く残っておらず、したがってどの部屋のことをキャッシーが言っているのかも理解できないで、途方に暮れるのでした。


ついには、エリザベスは自分の間違いを認め、キャッシーに謝罪します。

それを聞き、キャッシーは、男子生徒の部屋においてきたのは嘘で、アンバーはとあるレストランで来もしないロックバンドメンバー待ち続けているはずだ、と打ち明けます。

そしてエリザベスのオフィスを後にするのでした。


帰り道、二つの復讐を果たしたキャッシーでしたが、心は晴れず、思い悩んでいました。

そのやり場のない、どす黒い気持ちは、絡んて来たドライバーに向けられてしまいます。

それでも、気持ちは晴れることなく、重い足取りで自宅に帰るのでした。


自宅に帰ると、ライアンが待っていました。
デートの約束をしていたことをすっかり忘れていたのです。

とっさに仕事で、と言いましたが、ライアンはコーヒーショップにも行っており、キャッシーが今日は休みを取ったことも知っていました。

謝りながらもすっぽかした理由を話せないキャッシー。

そんなキャッシーを心配するライアンでしたが、疲れているというキャッシーをそれ以上、と質問することなく、その場は分かれます。


が、その夜、またもキャッシーは泥酔したふりをして、男性の肩を借りて店から出てきていました。

しかし、いつもとは違い、その場面をライアンに目撃されてしまいます。

全てを悟ったようなライアンと、何とか弁明をしようとするキャッシー。

ライアンはがっかりして店の中に入っていき、キャッシーは怒りに任せて男性に悪態をついてその場を離れるのでした。


キャッシーはジョーダン・グリーンという弁護士の元を訪れます。

彼はニナの事件でアルの弁護士としてかかわっており、ニナに事件の被害届の取り消しをするようにした人物でした。

が、キャッシーが会ってみると、ジョーダンは今まで彼がしてきたことに対する罪悪感で精神を病んでおり、不眠症を発症させていたのでした。

ニナのことも覚えており、今では弁護士の仕事も辞め、自分のした過ちを悔いて過ごす日々を送っていたのです。

弁護士として働いていたころは、

    裁判で勝つ
    訴えを取り下げさせる

等の結果でボーナスが発生していたため、そのことだけに働いていたのでした。


ジョーダンはキャッシーに助けを求め、許しを請います。

そのともすると、恐ろしさまで感じてしまうジョーダンの真剣な訴えに、キャッシーはジョーダンを許し、雇っていたヒットマンにも、ジョーダンへの制裁をキャンセルすると伝えるのでした。


キャッシーは、ニナの実家へ向かいます。

ニナはキャッシーの幼馴染であり、ニナの母は、キャッシーに気が付いて迎え入れ、昔話に花を咲かせます。

そんな中、ニナの母親は、キャッシーがニナのことを忘れられず、過去に生きていることに気が付いて心配します。

そしてもう、ここに来ないほうがいい、と言って分かれるのでした。


思い悩んでいたキャッシーでしたが、隠し持っていたノートをゴミ箱に捨て、復讐に生きる生活に別れをつげ、自分のために生きることにするのでした。

転・ライアンとの恋を選ぶことにしたが…



自分のために生きる第一歩としてライアンに謝りに行きます。

キャッシーの謝罪に困惑していたライアンは、その場では謝罪は受け入れるも、やり直すことには即答しかねていました。

しかし次の日、コーヒーショップでキャッシーの前に現れ、やり直す覚悟をしたことを告げます。

こうして二人は交際を開始し、キャッシーの両親にも紹介して、順調に愛を育んで行くのでした。


ある日、キャッシーが自宅に戻ると、外でマディソンが待っていました。

お酒に酔いつぶれた後、ホテルの部屋で何があったのか、どうしてもはっきりさせたいと、キャッシーを訪ねてきたのです。

電話を折り返さなかったことを謝り、あの日、何もなかった、酔いつぶれたので部屋まで送ってベッドに寝かせただけだ、とキャッシーは答えます。

それに安心したマディソンですが、キャッシーに見せたいものがある、といって、家の中に入るのでした。


ニナがアルにレイプをされた際、取り巻きの友人の一人が、実は動画撮影をしており、その動画が入った携帯を持っていたのです。

マディソンはその携帯をキャッシーに渡し、見るのも破棄するのもキャッシーのしたいようにすればいい、と言います。

そして二度と連絡をしないようにと告げ、出ていくのでした。


キャッシーは、恐る恐るその動画を再生します。

そしてそこに写っている映像を見て絶望に打ちひしがれるのでした。


いろいろと思い悩んだ末、キャッシーはライアンの勤務先の病院に行きます。

そしてライアンの事務所で見せたいものがある、とマディソンから受け取った動画を見せるのでした。


始めはポルノ動画かと思っていたものの、すぐに何の動画であるかを理解し、見たくないと拒絶するのですが、その理由は、ライアンもその場にいたことが、動画内に写っていたからでした。

キャッシーに若気の至りだったから、と言い訳して謝りますが、キャッシーはライアンにアルの結婚前の独身最後のパーティーを行う会場がどこなのか、と質問します。

そして答えないのであれば、この動画をライアンの職場に送る、と脅すのでした。


ライアンはその脅しを拒否できず、パーティー場所を教えます。

そして再度、謝りますが、キャッシーは彼を許さず、部屋を後にするのでした。

結・最後の復讐



復讐を止めて、味蕾のために生きようとしていたキャッシーでしたが、その未来を託そうとしていたライアンも実はニナの加害者の一人であったことが分かり、最後の復讐を行うことを決意します。


独身最後のパーティーでは、新郎と新郎の男性友達だけでどんちゃん騒ぎをし、新郎のためにストリッパーを呼ぶのが通例となっていました。

そのため、キャッシーは看護婦姿のストリッパーに扮し、会場となっているコテージに潜り込みます。

アルは、ストリッパーを呼ばないように事前に参加者に伝えていたので困惑し、誰が呼んだのか犯人捜しを始めますが、パーティーで浮かれている友人たちは誰一人自分ではない、といい、ふざけているような雰囲気にさらにバカ騒ぎを盛り上げるのでした。


キャッシーは彼女が持ち込んだ酒を友人全員に飲ませ、アルを連れて二階の寝室に上がっていくのでした。

そしてプレイの為と偽って、アルの両腕をベッドに手錠で固定します。

怪しげな雰囲気に不信感を高めつつあったアルは、名前を尋ねますが、キャッシーは、ニナ・フィッシャーである、と答えました。

その名前に狼狽をし始めたアルは階下の友人たちに助けを呼びます。

が、キャッシーの持ち込んだ酒には薬物が仕込んであり、それを飲んだ友人全員は意識を失って寝てしまっていたのでした。


アルは、キャッシーの正体に気が付き、ニナとは合意の上だった、彼女も楽しんでいた、とレイプであったことを否定します。

しかし友人のジョーが動画を録画していたことをキャッシーから知らされ、ニナの復讐のためにアルの体にニナの名前を刻むと言われて、キャッシーが馬乗りになった時点で大暴れするのでした。


その拍子に左手の手錠が外れて片腕だけ自由になります。

そしてキャッシーともみ合いとなり、終にはキャッシーを仰向けにして抑え込み、枕で顔を押さえつけて窒息させます。

しばらくは抵抗をしていたキャッシーでしたが、やがてその動きは弱まり、終には動かなくなってしまいました。


翌朝、ジョーが目を覚まし、二階に上がってきます。

酔いつぶれてしまった間にアルはストリッパーといいことをしていたに違いない、とご機嫌に話しかけ、アルのストリッパーは死んだ、という言葉を信じようとはしません。

が、起こして追い返そうと枕をどけてのぞき込むと、本当に死んでいることが分かって驚きます。

アルは、人を殺してしまったことに絶望して泣いていましたが、ジョーは事故だったことにして、隠蔽することを提案します。

そして二人でキャッシーの遺体を森の中の小川の辺で償却し、証拠隠滅を図ろうとしたのでした。


キャッシーが返ってこないことから両親は警察に行方不明者として届け出ます。

事情を聴いた担当の刑事が、キャッシーが付き合っていたライアンに話を聞きに、病院にやってくるのでした。

ライアンはアルのパーティーのことを話さず隠し、警察の、

    「キャッシーは精神的に参っていて自殺する可能性があったように見えたか?」

という問いに、その通りだ、と話します。

こうすることでキャッシーの失踪事件はどこかで自殺している可能性大という結論でおわると思ったからでした。


アルの結婚式が行われているころ、元弁護士のジョーダンのもとにキャッシーからの封筒が届きます。

中には例の動画が入ったスマホと、キャッシーがこれからの行動が書かれたメモノートが入っていました。

このメモから、キャッシーがアルのパーティーに向かったことが分かり、すぐさま現場検証が行われます。

警察権を使った操作によって、キャッシーの遺体が焼却された場所が警察によって特定されるのでした。

そこには、「ニナ」と彫られたハートの片割れのペンダントが残されていたのです。

そしてそれと対になる「キャッシー」と彫られたもう片方のペンダントは、コーヒーショップのレジの中、ゲイルとの宛名付きの封筒の中に入っていたのでした。


結婚式が終わり、パーティーが行われているところ、ライアンも招待客としてその場に居合わせていました。

そんな彼にメッセージが届きます。

それはジャッキーからのメッセージ予約サービスからのものでした。

そこには、

「全て闇に葬り去って終わったつもり?」

とあります。

続いて

「今まさに終わりが近づいてきているのよ」

とメッセージが届きました。


そのメッセージが合図日のように、会場の周りにパトカーが集まり始めます。

そして新郎のアルをキャッシー殺害の容疑でしょっ引いていくのでした。

ライアンのスマホにはさらにメッセージが届き、それは

    「ニナとキャッシーから愛をこめて」

というものでした。












コメント


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function do_blocks() in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php:330 Stack trace: #0 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/widgets/toc.php(35): get_toc_expanded_content() #1 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/class-wp-widget.php(372): TOCWidgetItem->widget(Array, Array) #2 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/widgets.php(743): WP_Widget->display_callback(Array, Array) #3 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/main-scroll.php(11): dynamic_sidebar('main-scroll') #4 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(690): require('/home/takmori83...') #5 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/template.php(647): load_template('/home/takmori83...', false) #6 /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-includes/general-template.php(155): locate_template(Array, true, false) #7 /home/takmori83/takmo01.com/publi in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php on line 330