カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画バッドボーイズフォーライフのアーマンド役は誰?ジェイコブ・スキピオのプロフィール紹介も!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画「バッドボーイズフォーライフ」で主人公のマイクとマーカスを苦しめる敵役のアーマンド。

格闘術や射撃能力、冷酷な性格でありながら関係ない人を傷つけることはためらってできないなど、魅力的で複雑な個性を持つキャラクターです。

このアーマンドを演じた俳優はいったい誰なのでしょうか?


今回はアーマンドを演じた俳優のプロフィールを紹介していたいと思います。







アーマンド役の俳優はジェイコブ・スキピオ!

映画「バッドボーイズフォーライフ」の敵役・アーマンドを演じる俳優はジェイコブ・スキピオ。

それではジェイコブ・スキピオの詳しいプロフィールを見ていきましょう。

ジェイコブ・スキピオのプロフィール紹介

名前:ジェイコブ・スキピオ(Jacob Scipio)
生年月日:1993年1月10日
年齢:27歳(2020年2月現在)
身長: 177 cm
国籍:イギリス
出身地:イギリス ロンドン
出身校:エセックス大学
活動期間:1993年より
インスタ:@jaycpo

生年月日・年齢・家族背景

ジェイコブ・スキピオは1993年1月10日生まれ。
2020年2月の時点で27歳です。

出身はイギリスのロンドン。

家族構成で分かっているのはイギリス人とガイアナ人の血が混ざっているということだけです。
おそらく彼の顔つきから南米系の血が入っていることは容易に見て取れますので、両親のうち片方がイギリス人、もう片方がガイアナ人、というような構成ではないか、と思われます。


ちなみにガイアナという国の名前はあまりなじみのない人のほうが多いのではないでしょうか?

ガイアナとは南米ある国で、南アメリカ北東部に位置し、東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジルと接し、北はカリブ海、大西洋に面しています。

イギリス連邦に加盟している国のひとつの共和制国家で、南米で唯一英語を公用語にしており、南米で3番目に国土が小さい国です。


大学は名門校でもあるイギリス エセックス大学を卒業しており、そこのフィルム学科と文学学科の学士を修めています。

これまでの俳優としての生い立ち

ジェイコブ・スキピオは今回の「バッドボーイズフォーライフ」がハリウッドデビューとなりますが、その俳優としての経歴はとても長く、本国イギリスでテレビを中心に活躍してきました。

なんと彼自身のテレビデビューは生後9か月という幼さで、当時イギリスで放送されていたテレビドラマに赤ん坊役として出演しています。

その後も俳優業は続けており、10歳の時には別の有名ドラマの主要キャラクターの子供のころの役として出演しました。

さらには若者向けの学園ドラマで主人公の恋人役としてレギュラー出演をしたり、とドラマを中心に活動し、テレビ以外にも映画や劇場芝居などに参加しています。

声優としての顔も持っており、有名どころでは子供向けアニメ「ボブとはたらくブーブーズ」のイギリス版に登場するレオというキャラクターを担当しました。

そのほかにもコマーシャルでコカ・コーラやスニッカーズ、トヨタなどの音声音源を務めていたこともあります。


また、ジェイコブ・スキピオは2016年に仲間とともに制作会社CPO プロダクションを設立し、脚本家としても活躍しています。

ジェイコブ・スキピオのバッドボーイズフォーライフに参加した感想は

ジェイコブ・スキピオは北米であまりまだ知名度がないせいか、インタビュー動画なども多くありません。

そんな中、ジェイコブに対する「バッドボーイズフォーライフ」に参加した感想を求めたインタビューがありましたが、その中で彼はこう答えています。

「『バッドボーイズ』シリーズという、25年という歴史を持つシリーズに参加できたことはとても光栄でした。

この『バッドボーイズ』シリーズはただ「25年」というだけでなく、主演キャストや制作陣もほとんどオリジナルがそのまま参加しているという特別な作品です。

そんな中の一因になれたことは大変名誉なことだと感謝しています。」


「撮影現場はとても楽しいもので、朝から晩まで大笑いしているような現場でした。僕自身仕事をしているという感覚がなかったくらい楽しめたのです。

そんな中でウィル・スミスやマーティン・ローレンスといったレジェンドのすぐそばで仕事ができることの素晴らしさ、彼らがどのように撮影に対して準備し、全部を出し切っているのかを経験できたことなど、毎日が貴重な勉強であり、これからにきっと生かしていけると思っています。」

「アーマンドというキャラクターを演じる際に気を付けたこととして90年代の悪役のようにただただ悪いことをするというような1面的なキャラクターにしたいとは思っていませんでした。

彼のすることには彼なりの倫理観、判断基準がはっきりとあり、どんな行動をするにしても彼の信念に沿った行動をすることを心掛けました。」


このようにイギリスで25年以上の俳優経験のあるジェイコブも初めてのハリウッド映画でハリウッドスターとの共演ということで、興奮を隠しきれないことが分かります。

一方で、全くの新人ではないことも、その見事な演技を映画の中で披露しているのは流石というところではないでしょうか。

今後の活躍を期待したいと心底、思ってしまいます。

まとめ

映画バッドボーイズフォーライフで敵役のアーマンドを演じたのは俳優歴27年というイギリス出身のジェイコブ・スキピオでした。


「バッドボーイズ4」の制作開始の公式発表もありましたし、本編のエンディングはマイクとアーマンドの意味深な会話で終わっていますので、バッドボーイズ4にジェイコブがカムバックする可能性は高いのではないでしょうか。


できれば、続編は、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスがあまり年を感じさせないうちに制作公開されることを期待したいものです。










この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2020 All Rights Reserved.