映画エイリアンコヴェナントのネタバレ感想!ショウ博士はプロメテウス後どうなった?

      2017/09/18

Pocket

映画「エイリアン・コヴェナント」は、人気のSF映画「エイリアン」シリーズの最新作、
第一作の「エイリアン」よりも前に起こったこととして話が進みます。

2012年に公開の「プロメテウス」の後日譚で、10年が経過しており、「プロメテウス」で
生き残ったエリザベス・ショウ博士とアンドロイドのデヴィッドが、その後どうなったのか
の一端を知ることができます。

「エイリアン・コヴェナント」ではデヴィッドが登場し、重要な役どころとして彼を中心に
話が進んでいきますが、エリザベス・ショウ博士はデヴィッドからの説明と写真、そして
墓石に刻まれた名前のみの登場でしかありませんでした。

果たしてショウ博士は一体どうなってしまったのでしょうか?

映画「プロメテウス」のおさらいはこちら、映画「エイリアン・コヴェナント」の詳しい
あらすじとネタバレ感想はこちらを参照ください。





スポンサードリンク

簡単なあらすじとデヴィッドの説明

プロメテウス号の失踪事件より10年後、コヴェナント号が入植を目的に宇宙旅行を行って
いました。

まだ目的地到着まで数年がかかる行程でしたが、不慮の事故が発生。冬眠装置で眠って
いた乗組員が起こされます。

修理を行っている過程で、偶然通信をキャッチ。調べてみると、すぐ先の惑星から発信された
ものであることがわかります。
信号は「カントリーロード」の歌で、地球人が何らかの関与をしていることから、調査隊が
送られることになりました。

14名のうち、11名が調査隊として惑星に着陸します。大気など完璧で地球上の穀物まで
確認でき、完璧な入植先かと思われましたが、知らないうちに黒い胞子が乗組員の2名の
体内に侵入、数時間後にエイリアンのネオモーフが寄生者を殺して登場、更に数名の
犠牲者がでます。

混乱の中、撃退を試みますが、そんな時に照明弾でネオモーフを追い払い、調査隊を
救った人物が現れます。

その人物こそ、プロメテウス号失踪事件で唯一生き残ったデヴィッドでした。

彼はプロメテウス号で生き残ったのは彼と、エリザベス・ショウ博士だけだと言い、
何が起こったのかを説明し始めるのでした。

生き残った二人は宇宙船で旅を続けますが、その船には大量の化学兵器が積み込まれて
いました。

この惑星にたどり着き、着陸を試みた際に事故が発生。化学兵器が漏れ出し、惑星が
感染します。

その混乱で操縦を誤り、宇宙船は墜落。ショウ博士はその際に死亡してしまったのでした。

衝撃の真実とは

デヴィッドは惑星について着陸を試みている最中に事故が発生したと説明しましたが、
実際には意図的に生物兵器を投下し、エンジニアと呼んでいる異星人を絶滅させたのでした。

映画「プロメテウス」でデヴィッドは頭部を体から切断されていましたが、ショウ博士との
航海中、彼女の手によって完全体に修理されたと述べています。

その際、デヴィッドを作り上げたピーター・ウィンステッドや他の人間からも受けたことの
ない慈愛を感じ、ショウ博士をとても愛したとアンドロイドであるウォルターに告げて
います。

一方でこの惑星に辿り着いて以来、生物兵器によって作られる寄生生物の研究を行っており、
寄生したエイリアンの幼体は、寄生主のDNAをコピーしてその特徴を自分のものとし、
新たなフォームになることを突き止めていました。

しかし、寄生主となる生物がいなくなり、デヴィッドの研究もそこで、滞ってしまって
先に進めなくなっていたのです。

そのため、あの「カントリーロード」の通信を流すことで、それをキャッチした者が、
この惑星に来ることを期待して罠を張っていたのでした。

フェイスハガーの卵を完成させていたデヴィッドは船長のオラムを騙して、卵の安置場所に
おびき寄せ、フェイスハガーを付着させてゼノモーフを植え付けることに、まんまと成功
してしまいます。

惑星からの脱出の目星をつけたダニエルズは散り散りになった生き残りの乗組員を探して
まわります。

そしてとある部屋に行き着き、そこにあったスケッチを見ていると、その一枚にショウ
博士の変わり果てた姿の絵があることに気が付きました。

背後から忍び寄るデヴィッドに、ショウ博士が不時着の際に命を落としたのではない
こと、そしてデヴィッドが何かしら研究の対象にしてしまったことを知らされるのでした。

第3作目で詳細が明らかに

ここまでが映画「エイリアン・コヴェナント」で語られるショウ博士の「プロメテウス」後に
起こった出来事でした。

20th センチュリー フォックスより出されている3分未満のショート映像で、ショウ博士が
デヴィッドを修理するシーンが出てきます。

そしてエンジニアの惑星を探し当ててから、そこへ移動するまでの間、冬眠装置で眠りに
つくショウ博士の姿も確認できました。

こちらがその映像、「エイリアン・クロッシング」です。英語バージョンのみで日本語
字幕は確認できていません。

おそらく、惑星に到着したあと、ショウ博士を冬眠装置から起こさずに、デヴィッドは
クリエイターを生物兵器で絶滅させたのではないか、と思われます。

しかし、なぜ絶滅させたのか、また、愛していると言っていたショウ博士をエイリアンの
研究のために使用したのかの理由はまだはっきりとわかりません。

おそらく2019年に公開予定の第3作目において、そこら辺の謎が明らかにされると思われます。

一部、未確認の情報で、3作目は「プロメテウス」と「エイリアン・コヴェナント」の間、
ショウ博士とデヴィッドがクリエイターの惑星を目指して航海している最中がメインの
話になる、という噂が出ましたが、事実かどうか、確認はできておりません。

2017年9月中旬の現時点で発表されているのは、2019年公開ということのみで、リドリー・
スコット監督も映画の中身について何も決まっていない、と話しています。

僕の予想ですが、おそらく「エイリアン・コヴェナント」の後の話になるとは思いますが、
同時に「エイリアン・クロッシング」で扱われた辺りから、デヴィッドがクリエイターを
全滅させるまでの間の話も、回想という形を用いて明らかにすると思われます。

いろいろな謎がまだたくさん明らかにされないままですので、今から2019年に公開される
3作目が楽しみになってきます。

関連記事: 映画プロメテウスのおさらいとネタバレ感想!

関連記事: 映画エイリアンコヴェナントのネタバレ感想とあらすじ!





スポンサードリンク





 - 映画