カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画アナと雪の女王2でアナが魔法を使えるようになる可能性を考察!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画「アナと雪の女王」の続編が11月22日に公開されます。
ついこの間、予告編が公開され、どのような内容になるか、大いに盛り上がりました。

その議論の中で「アナと雪の女王2」ではアナが魔法を使えるようになるので、という噂が流れています。

今回はその噂が流れた根拠とどのような魔法を使う様になるのかを考察したいと思います。







アナが魔法を使えなかった理由

「アナと雪の女王」ではエルサと姉妹でありながら、アナは全く魔法を使えませんでした。

ところが実はアナも魔法の力を持っていたのではないか、と思われるフシがあるのです。

二人が子供の頃、夜中にベッドから抜け出してエルサの魔法の力を使って遊んでいましたが、アクシデントでエルサの魔法がアナの頭部にあたってしまいます。

両親はトロールのもとに向かい、長老のパビーの力で救われました。

覚えている人も多い映画の冒頭部分ですが、このときのパビーのセリフをそっくりそのまま抜き出してみましょう。

「I recommend we remove all magic, even the memories of magic to be safe.」
(直訳すると「すべての魔法、安全のために魔法に関する記憶も取り除いてしまうことを勧める」となります)

映画を見ていた際には「アナの中に残るエルサが放った魔法を取り除くとともに、エルサが魔法を使えるという記憶も、安全のために記憶から消しておこう」という意味だけだったと思いました。

が、この言葉をさらに深読みした場合、アナの中に眠る彼女自身の魔法の力も取り除く、という意味にも取れるのではないでしょうか?

つまりエルサの魔力を頭部に受けたというアクシデントによって、成長した暁には覚醒したであろうアナの魔法の力が失われた可能性があるということになります。

アナに魔法の力があるかも、と思われる点

アナに魔法の力があるのでは、と思われる点が「アナと雪の女王」の中にもありました。

映画の最後のシーン。

ハンスに切られそうになったエルサを助けるため、彼の前に立ちはだかります。
完全に凍りつく前に振り下ろされたハンスの剣を伸ばした手で受け、剣は粉々に砕けてハンスは吹き飛ばされてしまいます。

その後、生き返った際に、一房だけ白かった髪の毛が全て赤毛に戻りました。

この一連の出来事がすべてエルサの魔法を胸に受けた為、とするにはあまりに万能な魔力だと思わざるを得ません。

ハンスの剣を受け、その剣を粉々に壊して、ハンスを吹き飛ばす。

これだけのことをエルサの魔法を胸に受けただけでできるようになったと考えるのはちょっと出来すぎです。

また、エルサの魔法を2度も受け、トロールの助けを受けたとはいえ、2回とも助かっているのは、普通の人間ができる事ではないように思いませんか?

もしアナの魔法の力がエルサとは反対の炎関係で暖める力であるとしたら。

これは「アナと雪の女王」の前半部分で緑を基調としたドレスや「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」でひまわりのドレスを着ていたことと関連している用に感じられます。

「暖める」=「春」という印象も受けますね。

「アナと雪の女王2」でアナの魔法が目覚める!?

「アナと雪の女王2」の予告編で紹介されたシーンから考え田として、アナの魔法が目覚める可能性はあるのでしょうか?

一番に思い浮かぶのはエルサがオラフを守ってピンクもしくは紫の炎に囲まれ、エルサの魔法で炎を消そうとしていたシーン。

この炎がアナの魔法が暴走した結果、とは考えられないでしょうか?

「アナと雪の女王」でもメインストーリーはエルサの魔法の力が暴走し、それをどう止めるか、でした。

ディズニーの他の作品でも、ディズニー以外のストーリーでも魔法の力が暴走して…というのは、王道的なものです。

とはいえ、「アナと雪の女王」でも魔法の暴走。今回も魔法の暴走では、マンネリ感はとても大きく感じてしまいます。

ディズニーですので、うまく話をまとめる可能性はありますが、失敗すれば酷評は免れません。

ボク個人の印象では、このような話の展開は避けるのではないか、と思います。

もう一つ魔法と思われるのは新キャラ二人が登場する場面。

地面に積もる落ち葉をかき分ける一陣の風、そして落ち葉の下に横たわっていた男性が空中に舞い上がる。

間違いなく魔法の力が働いているシーンだと思われますが、この魔力は「風」であり、「炎」ではありません。

アナが使えるようになった魔法だと考えて、果たしてアナのイメージにあっているか。

ちょっと違和感があるというのが印象です。

最後に魔法の力は描写されませんが、アナが一人で岩山の中で心細そうにうずくまり、岩の上を進み、前方に見える洞窟に向かって崖を飛び越えるシーン。

魔法はでてきませんが、アナは何か大切なものを探して、それこそ命をかけて進んでいます。

これだけでは魔法が使えるかどうかはわかりませんが、アナが探している大切なものが魔法に関したものの可能性も否定できません。

正直、今回の予告編だけでははっきりしません。

ただ、明らかに魔法が関連しています。

魔法はポスターにも使われている4つのクリスタルからも春夏秋冬や火水土風といった自然と関連したものになると思われます。

そして主要登場人物の中で、エルサがすでに魔法を使える以上、次はアナの番ではないか、と考えられます。

とくに、アナは一番その要素が高いと思われ、その伏線が「アナと雪の女王」でも見受けられますので。

まとめ

アナが「アナと雪の女王2」で魔法を使う可能性はかなり高いと思われます。

が、今のところ、絶対にアナが魔法を使うという確証は見つかりません。

しかし「アナと雪の女王2」魔法を使うのでは、という観点で「アナと雪の女王」を見てみるとそこここに伏線らしきものを感じることができます。

果たして本当にアナが魔法を使うようになるのか、使うとした場合、どのような魔法になるのか、楽しみにしたいと思います。











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.