カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画ドントウォーリーのネタバレと感想!どこまでノンフィクション?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカの風刺漫画家、ジョン・キャラハンの半生を記した自伝を映画化した作品です。

アルコール依存症の末、交通事故で四肢麻痺になったジョン・キャラハンが依存症を克服し、風刺漫画家として成功するまでを描いています。

アルコール依存症というものが、ただ単にお酒を飲むことがやめられないという病気ではなくて、心に巣食うトラウマや負の感情によって引き起こされていることを気づかせてくれた映画です。

「認めること」、「許すこと」の大切さを改めて思い起こさせてくれました。







予告動画はこちら

簡単なあらすじとキャストの紹介

2014年に死去したロビン・ウィリアムズが自身の主演で映画化の構想をあたためていた風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を、ガス・バン・サントがその遺志を継いで脚本を執筆。
主演にホアキン・フェニックスを迎え、企画から約20年の時を経て完成させた。

オレゴン州ポートランドで酒びたりの毎日を送るキャラハンは自動車事故により胸から下が麻痺し、車いすでの生活を余儀なくされる。

これまで以上に酒に溺れるキャラハンは周囲の人びととも衝突し、自暴自棄な日々を送っていたが、あるきっかけにより自分を憐れむことをやめるようになる。

持ち前の皮肉と辛辣なユーモアを発揮し、不自由な手で絵を描く風刺漫画家として、キャラハンは第2の人生をスタートさせる。
そんな彼の周囲にはいつもキャラハンを見守るかけがえのない人たちの存在があった。

フェニックスが主人公のキャラハン役を演じ、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラックらが脇を固める。

18年・第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品

ジョン・キャラハン: ホアキン・フェニックス

ドニー・グリーン: ジョナ・ヒル

アンヌ: ヌーニー・マーラ

デクスター: ジャック・ブラック

引用「映画ドットコム




自分一人だけ不幸を背負っていると思い込んでしまう

この映画で一番印象に残っているのは、ジョンがドニーの主催するリハビリテーション・グループの中で、仲間と会話をするシーンです。

ジョンが一生懸命話しをしているのに、その横でケラケラと笑いまくっているレバ。
そんな彼女を怒鳴りつけ、どれだけ自分が大変な目にあっているのかを叫びます。

ところが、そんなレバは大きな病を抱えており、そのために死んでしまうかもしれないという問題を抱えていました。

彼女が話さなければ、彼女の直面している問題をジョンは知る由もなく、

    自分のほうが不幸だ
    周りは普通に生活していて、なぜ自分だけこんな目に合わなくてはいけないのだ

という不満だけを抱えていたことになります。

四肢麻痺のジョンと治癒の可能性が低いレバとでは、どちらが不幸なのかはわかりません。

たとえば、ジョンがレバと入れ替われることができるというのであれば、果たして入れ替わることを選択したのか、という疑問が浮かんでくるほどです。

さらに、四肢麻痺になった原因である交通事故で、その時に運転をしていて、奇跡的にかすり傷だけで済んだデクスターに謝罪する事ができるか、とドニーに言われ、そんな事は考えられないという反応をするジョン。

しかし、ドニーは酒びたりになっていて、泥酔したままの状態で、デクスターとともに更に酒を飲みに行こうとしたジョンの決断について、考えるように諭します。

    そこまでして酒を飲み続けなければならなかったのか?
    起きていられないくらいに泥酔していながら、なぜさらに酒を呑むためにパーティーに行こうとしたのか?
    なぜ、デクスターが運転することを止めなかったのか?
    デクスターが運転する車になぜ同乗したのか?今のジョンならそんな決断をしたか?

結果だけを見れば、デクスターが事故を起こし、その結果ジョンだけが四肢麻痺になってしまったわけで、ジョンがデクスターのことを責める理由が十分にあるように思えます。

しかし、事故が起こったころのジョンの生活をみてみると、遅かれ早かれ同じような大きな悲劇がジョンの身に起こっていても不思議ではないことは、誰にでもわかるでしょう。

デクスターにしてみれば、ジョンとあの夜、出会わなければ、事故を起こすことはなかったのかもしれません。

自分だけほぼ無傷で助かり、巻き添えにしたジョンを一生四肢麻痺にしたという罪の意識を負いながら生きていくことはなかったのです。

もちろんデクスターにも責任はありますが、だからといってジョンが全く悪くない、というわけでもありません。

ただ、二人に責任がありながら、片方はほぼ無傷、もう片方は一生四肢麻痺という結果になってしまっただけの話です。

その事に気がついたジョンは、自分の不幸に対して考え方を変え始めるのです。

確かに自分は不幸だった、その上で他人にジョンが満足するように理解しろと強要していたことに気がつくのでした。


母親に捨てられ、顔さえまともに覚えていない。
そんな母親を恨むばかりで、我が子を諦めなければいけなかった彼女の事情などに思いを巡らすことはありませんでした。

養ってくれた義親にも、感じることは仕方がないにしても、実の子どもたちと自分を区別していると思って反発し、家族の中で孤立していた。

しかし受け入れられた家族によって大人になるまで成長できた、という事実があるわけで、しかもその間、虐待を受けていたわけではありませんでした。

自分を中心に考えて、なんて不幸だ、なんて可哀想なんだ、と思い込み、その辛さから逃れるために酒に溺れてしまう

ジョンにとってお酒を飲むことは、自分自身で辛いと思い込んでいた過去から逃れるための唯一の手段だったわけです。

ただ、お酒を飲むことが救われるための「唯一の手段」と思いこんでいたのはジョンだけで、実際には一時的に忘れるためだけの、逃げでしかあらず、まったくの解決にはなっていなくて、どんどんと深みにはまりこんでいくだけだったのです。

ジョンの場合はアルコール依存症でしたが、他の依存症でも同じことなのでしょう。

心の中にある原因にたいしてきちんと向き合わず、それを一時的に隠そうとしたり、見て見ぬふりをしようとしたりするために依存症になるような気がします。

根本的に解決をするためには、その原因に正面から対峙して、自分の言い分だけで見つめるのではなく、多角的に分析をしていく必要があるのですね。

ジョンはその事に気が付かせてくれたドニーとリハビリテーションの仲間、そして自分の存在価値を感じることのできる風刺漫画というもの、そして恋人のアンヌというめぐりあいによって救われたのでした。




どこまでノンフィクション?お酒を飲み始めた本当の理由

映画はジョン・キャラハンの自伝小説をもとに作成されています。

自伝小説も、映画のタイトルと同じで「Dont’t worry, He won’t get far on foot(心配するな、あいつの足では遠くまでいけないよ)」です。

本を出版した後のインタビューで自分が歩んできた人生をみんなに知ってもらうことでなにかの役に立つのでは、という思いから自伝を執筆したことを話していました。

そのインタビューによると、映画で常に述べられているように、産まれてすぐ、母親に捨てられ、里子に出されたそうです。

里子に貰い受けた両親、ディブとローズマリー夫妻は、子供ができない体であると思い込んでいたために、ジョンを養子を受け入れましたが、その後5人の実子に恵まれたのでした。

彼一人が血のつながっていない子供であり、特に地毛であるジョンの茶髪は、他の兄弟には見られないことで、幼心より、疎外感を感じていたそうです

カソリック系の小学校に通うようになり、先生である修道女から虐待を受けたと語っています
休み時間に他の子供と遊ぶことを禁じられ、修道女の隣でずっと座っていないといけな買ったそうで、また、8歳のときには性的虐待を女の先生より受けたとも語っています。

14歳からお酒を飲みだしたそうですが、先生からの虐待からの逃避理由が主な原因でしたが、家族の中にいても自分はよそ者だと感じていたらしく、学校でも家庭でも心休まる場所がなかったことも、大きな要因だったようです。

カソリック系の学校を卒業して公立の中学に進学すると、カソリック系の学校よりも厳しくないことをいいことに、よく授業を抜け出していました。

また飲酒だけではなく、大麻やLSDといった幻覚剤にも手を出していましたとも告白しています。

20歳でロスアンゼルスに移り、21歳で交通事故によって脛骨を損傷、四肢麻痺となってしまいます。

映画のように治療のため、両脇に大きな輪がついたベッドに固定され、くるくると回されていたそうですが、とても激しい痛みを伴ったそうです。

家族はなかなか見舞いに来てくれなかったそうですが、そんな中で映画でその後、恋人となるアンヌのような、ボランティアの女性が毎日来てくれて話し相手になってくれたそうで、彼女は本当に実在する人なのか、それとも天使なのか、とよく思っていたほど、心の拠り所になったと話しています。

ただ、その後、その女性と、映画のように一緒になったかどうかは、インタビューでは答えていません

リハビリを終えた後、生まれ故郷に近いポートランドに戻り、事故から4年後には一人暮らしを始めたそうです。

とはいえ、四肢麻痺となり、車椅子での生活となったため、それができるように家の中を改造しなくてはならなかったそうで、もちろん階段や段差はだめ。とくに他人の手助けを借りないと生活ができないという状況に慣れるのが、一番たいへんだったと回想しています。

映画でも描かれているように、四肢麻痺となってもジョンはすぐにはお酒をやめられませんでした。

実際にお酒を完全にやめたのは27歳になったときだったそうです。

それも、映画で紹介されているのと同じような状況を経験してお酒をやめる決意をしました

半分酔っ払いながら一人でいるときに、酒瓶の蓋を1時間以上も口で開けようと悪戦苦闘し、ついには瓶を床に落としてしまいます。

そして何もできない状態で、1時間ほど、泣いて続けていたとき、ふとその感覚がやってきたのでした。

それは、「人生は物事を自分の都合のいいようにしようとすることではない、なんでも自分の思い通りにしたいと思う心を解き放つことだ」という思いだったそうです。

1979年に大学に通い始め、1981年に風刺画を書き始めます。
子供の頃、漫画を書いていたことがありましたが、その頃は数人の友人に見せていただけでした。

再び書き始めたときには、誰彼構わず、絵を見てもらい、ついには映画のとおり、大学で発行している新聞紙に掲載されるまでになったのでした。

1983年に大学を卒業し、風刺画ペントハウスやニューヨーカーなどを商業誌に送り始めます。

そこで認められ、ジョンはアメリカ中に知られる漫画家として成功をおさめるのでした。

もちろん、ジョンの作品は風刺画で、とくに身体障害者を題材にしたものもあり、彼の作品を無礼で下品だと捉える人々も多くいました。

が、お酒を止めるときに悟った思い、「自分で変えられないものを変えようとせず受け入れる」の精神で、まったく気にもとめておらず、創作意欲に影響を与えることはなかったそうです。

こうやって見ていくと、映画で登場したエピソードはほとんど実際に起った話だと思われます。

アンヌに関する部分はノンフィクションかフィクションかの確認が取れていません。
調べられるだけ調べましたが、ジョンが四肢麻痺になった後の色恋沙汰に関するものは映画から以外では見つけることができませんでした。

個人的な印象ですが、この部分はフィクションではないかと思っています。

似通った経験をしているかもしれませんが、特定の一人の女性と、という関係ではないのでは、と思っています




ジョン・キャラハン原作のアニメ

ジョン・キャラハンの漫画は風刺画で、一コマ漫画です。

しかし彼の作品が有名になるに連れて、ジョンの作品を原作にしたアニメーションを、という話も持ち上がりました。

残念ながらどの作品も、日本では公開されておらず、日本語訳にもされていませんが、有名なところでは、「Pelswick」という名前の作品がニコロデオンで2000年から2シーズン、全26エピソード、放映されました。

主人公のPelswickは車椅子に乗って生活する13歳の少年で、ジョンをモデルにしているところがたくさんあります。

特に身体障害者だからといって特別な存在として扱われることを嫌っており、みんなと一緒のことをするという考えではなく、彼独特のものの見方をするキャラクターとして描かれています。

ユーチューブに第一話がありました。
日本語翻訳はされていませんがオープニングだけでもご覧いただけると、雰囲気はわかるのではないでしょうか。

また、映画の冒頭でジョンが酔っ払ってビーチでナンパをしようとしていたときに、「音楽を作っている」と自分のことを紹介していました。

このセリフのとおり、若い頃から音楽を作っていたかどうかは、実際のところ調べきれませんでしたが、ジョンは2006年にソングライターとしてアルバム「 Purple Winos in the Rain」をリリースしています

ジョン自身が曲を作り、歌詞を加え、自分自身で歌っているという作品です。

そのアルバムの中の一曲、「Texas When You Go」は映画の中にも使用されて、エンディングロールで紹介されています。

その中のアルバムのタイトルにもなった曲、 「Purple Winos in the Rain」がユーチューブにあがっていましたので紹介しておきましょう。

まとめ

映画「ドントウォーリー」はジョン・キャラハンという風刺漫画家の半生を描いた伝記映画です。

どん底といってもいい生活の末、若くして四肢麻痺という障害を持つことになり、それでも生きていかなければいけない人生の中で、いろいろと間違いに気がついて一歩ずつ成長していった姿が見ることができます。

ただ、ジョンが事故にあうまでの生活を見ていると、四肢麻痺という重度な障害になってしまったからこそ、あそこまで立ち直り、成功したのかなと思ってしまいました

もし、四肢麻痺になっていなかったら、酒浸りの生活を続けて、野垂れ死にしていたかもしれません。

そう考えると、本当に人の人生にとって、何によって幸福になれるか、逆に不幸になってしまうかは、その人の捉え方ひとつなのではないか、と思ってしまいます。

何が起こったか、ではなくてそれに対してどう生きていったか、なんですね。











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.