映画ガンズアキンボのノヴァ役俳優は誰?ナターシャリューボルディッゾのプロフィール

出演者プロフィール紹介

映画「ガンズ・アキンボ

「ハリーポッター」役で有名になったダニエル・ラドクリフ主演のガン・シューティング・アクション。

かなり暴力的な内容なだけに、コメディ要素をふんだんに取り入れ、明るい作風にしています


その一例が、ダニエル扮する主人公マイルズには元カノがいること

マイルズは未練たらたらですが、元カノのノヴァは友人としてしかマイルズを見ていません。

典型的な巻き込まれ方ヒーローのマイルズがノヴァを助けることでハッピーエンドを迎えるのかと思いきや、ここもいい感じで期待を裏切ってくれてます。


ところでこのノヴァを演じた女優はいったい誰なのでしょうか?

今回は映画「ガンズ・アキンボ」で主人公の元恋人役であるノヴァを演じた俳優について調べましたので紹介していきたいと思います。








映画ガンズ・アキンボ」のノヴァ役の俳優はナターシャ・リュー・ボルディッゾ!





映画「ガンズ・アキンボ」のノヴァを演じる俳優はナターシャ・リュー・ボルディッゾ

それではナターシャ・リュー・ボルディッゾの詳しいプロフィールを見ていきましょう。

ナターシャ・リュー・ボルディッゾのプロフィール


名前:ナターシャ・リュー・ボルディッゾ(Natasha Liu Boerdizzo)
生年月日:1994年8月25日
年齢:26歳
身長: 165 cm
国籍:オーストラリア
出身地:オーストラリア シドニー
活動期間:2016年より
インスタ:@natashaliubordizzo
Twitter:@natashaliub
主な出演作品:「Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー(2016)」、「グレイテスト・ショーマン(2017)」「ホテル ムンバイ(2018)」、「ザ・ソサエティ(2019)」


ナターシャ・リュー・ボルディッゾの家族構成や関係は?



ナターシャ・リュー・ボルディッゾは1994年8月25日にオーストラリアのシドニーで誕生しました。

父親はイタリア系の白人。
母親は中国人です。

ドルネームのリュー(Liu)が母親から、姓のボルディッゾがイタリア系の名前となっています


シドニー生まれのシドニー育ち。

地元の学校に通い、高校は女子高で、大学はシドニー工業大学で法律とコミュニケーションを専攻しました。


他に兄弟がいるのかどうか、などの個人的な情報は公開していません。

インスタグラムなどのSNSでも家族や親類などの写真はほとんど見つけられませんでした。

唯一、11年間飼い続けている飼犬の写真はたびたび公開されています



ナターシャ・リュー・ボルディッゾの結婚・恋愛などの恋人情報



ナターシャ・リュー・ボルディッゾの恋人情報については公開されておりません

過去に付き合った男性がいるのかどうか、といった情報も全く皆無です。


2019年にネットフリックスで配信されたドラマ「ザ・ソサエティ」では役柄上で恋人を演じた俳優はいました。

ファンの間では実際に二人が交際しているのでは、といううわさも上がったようですが、そのことを肯定する情報は今現在も何も上がっておらず、単なる希望的な噂の域を出ていません。



女優になるまでのナターシャ・リュー・ボルディッゾ



ナターシャは子供のころから女優を目指していたわけではありませんでした。

普通に高校、大学に通い、学生生活を送っていたのです。


ただし、大学生時代にモデルを始めます。

そしてそのモデルとして所属していた事務所の熱心な勧めで、映画のオーディションを受けたことが、その後の彼女の人生を大きく変えたのでした。

女優としてのデビューとその後の活動



ナターシャが受けた映画のオーディションは第73回アカデミー賞で作品賞を筆頭に10カテゴリーにノミネートされ、その中で撮影賞、美術賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞した「グリーン・デスティニー」の続編映画「Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー」でした。

オーディションの結果、この映画「Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー」で主要キャラクターの一人、スノーヴァースの役に抜擢され、女優の道を歩み始めることになります。




前作の「グリーン・デスティニー」が中国語で制作されたのと異なり、続編の「Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー」は始めから英語をオリジナル音声として制作することが決まっていたため、容姿が東アジア人で英語を母国語とし、幼いころからテコンドーを練習していたため、武道の動きができるという、うってつけの人材であったことからの採用でした。


その後、映画「グレイテスト・ショーマン」にも出演者として名前を連ねます。

が、こちらはサーカスに出演するパフォーマーの一人としての出演であり、映画のストーリーの中では役名すら明かされません。

一番印象的に登場するシーンは、サーカスに出演したい人を集めたオーディションのシーンで、そこで列に並んでいる姿が確認できるだけでした。

予告編の中には主人公とツーショットで登場するワンカットが確認できますが、本編ではどうやら編集カットされた様です


こちらの動画の0:43のシーンに登場するのがナターシャです。


ちなみにこの映画「グレイテスト・ショーマン」に出演する前年、本格的に俳優業に専念するためにアメリカ・ロサンゼルスに引っ越していました。


続いて2019年に公開された、2008年に起きたムンバイ同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められ、人質となった500人以上の宿泊客と、プロとしての誇りをかけて彼らを救おうとしたホテルマンたちの姿を描くスリラー映画「ホテル・ムンバイ」に出演します。




また、同年、ネットフリックスで配信されたドラマ「ザ・ソサエティ」のメインキャラクターの一人として出演

北米での認知度の高さは、この「ザ・ソサエティ」に出演している俳優として、が一番でしょう。


ザ・ソサエティ」のポスター。
ナターシャは向かって一番右にいます。


ザ・ソサエティ」のワンシーン。


また、俳優としてだけでなくモデルも続けており、パリで開かれたシャネル」のファッションショーにモデルとして招待され、ランウェイを歩くという快挙も成し遂げたのでした。

まとめ



映画「ガンズ・アキンボ」で主人公マイルズの元カノであるノヴァ役を演じたのはオーストラリア出身の女優、ナターシャ・リュー・ボルディッゾでした。

オーストラリア生まれのオーストラリア育ちですが、母親が中国人ということもあって東アジア人の顔立ちをしています。

英語と中国語を話せるパイリンガルで、こういった背景から中国武侠映画の主要キャラクターに大抜擢されたことがきっかけで俳優を始めたのでした。


アメリカ、ロサンゼルスに引っ越して本気で映画に打ち込んだ結果、映画「グレイテスト・ショーマン」やネットフリックスドラマ「ザ・ソサエティ」に出演して知名度を上げることに成功しています。

モデルとしても活動をつづけており、2019年にシャネルのファッションショーにモデルとして参加をしました。


実は日本も大好きで、旅先として一番気に入っているのはニュージーランドと日本である、とインタビューで答えています。

映画「千と千尋の神隠し」が大好きなようで、インスタにも「千と千尋の神隠し」のアイテムなどを挙げているほど。




今後も映画に出演予定がすでに決まっているようで、今後の活躍にも期待が持てそうですね。












コメント

タイトルとURLをコピーしました