映画ベイビードライバーのネタバレ感想とあらすじ!ラスト結末でベイビーは運転能力を失った?

      2017/08/31

Pocket

映画「ベイビー・ドライバー」はカーアクションと音楽を融合させた非常に爽快感のある
作品
に仕上がっていました。

どうしてもカーアクションでメインになるのが「逃げる」という行為、追跡をかわすために
いろんなテクニックを披露しやすいという事があるので、主人公のベイビーが犯罪組織の
一員という設定になってしまっています。

ですので、出て来るサブキャラの冷徹さとか暴力的な行動が強調されることによって、
「ベイビー頑張れ!」という感情移入が強くなる反面、特に暴力的な描写がちょっと強い
かな
、という感想を持ちました。

ですが、音楽とアクションの一体感から来る爽快感はとても快感で、おすすめの映画です。





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

ベイビー/マイルズ: アンセル・エルゴート
幼少時の交通事故の後遺症で耳鳴りに悩まされ、常に音楽を聞くようになる。凄腕の運転手。
デボラ: リリー・ジェームズ
ベイビーよく行くレストランのウェイトレス。お互いに惹かれ合う。
ドク: ケビン・スペイシー
暗黒街のボスで銀行強盗チームの元締め。ベイビーを逃走用運転手として使っている。
バッツ/レオン: ジェイミー・フォックス
銀行強盗チームの実行犯要員。ベイビーのことを初対面から気に入っていない。
バディ: ジョン・ハム
銀行強盗チームの実行犯要員。恋人のダーリン/モニカとともに犯罪に加わっている。

ネタバレあらすじ

アメリカ ジョージア州アトランタでベイビーは犯罪組織の逃がし屋をしていました。
ボスであるドクの車を盗んだことで、借りができてしまい、ベイビーの類まれなる運転
能力に目をつけたドクによって彼の犯罪の片棒を担がされていたのです。

ベイビーは子供の頃に、母親の運転する車の中で交通事故にあい、それ以来耳鳴りに悩ま
されていました。その耳鳴りから逃れるには音楽を聞くことで、常に音楽を聞いている
のですが、それによって集中力が極限にまで高まり、驚異的な運転技術を操ることができる
のでした。

その交通事故で両親は死亡、養父のジョセフによって育てられましたが、ジョセフは
年老いて歩くこともできず、耳も聞こえないほど衰えていました。

他の趣味としてベイビーはいつもいろんな会話を録音し、それを元にリミックス音楽を
作ることくらいをたのしみにしています。

そんなとき、ベイビーは行きつけのレストランでウェイトレスのデボラと出会います。
音楽談義や家族の話で共感を持った二人は、いつの日かたくさんの音楽を持って、西海岸へ
行く夢を語り合うなどして、互いに惹かれ合うのでした。

ドクへの借りは次の仕事ですべて返すことになるベイビーは最後の仕事を行います。
そのメンバーの一人、バッツは若いベイビーのことを最初から気に入っていませんでした。

仕事内容は現金輸送車襲撃でしたが、襲撃の際、覆面警備員がいることに気が付かず、
しつこい追跡を受けます。その執拗さに追いつめられたとき、バッツは運転手に向け、
ショットガンを発砲しようとしますが、ベイビーは銃口を弾いて狙いを外し、銃口が
向けられていることに怯んだ運転手のスキをついて、なんとか逃走、撒くことに成功します
が、邪魔をされたバッツは面白くありません。

最後の仕事を終え、ベイビーは犯罪組織から足を洗います。
ピザ配達の仕事を始め、デボラとデートをし、高級レストランで楽しいひと時を過ごす
のでした。

そのレストランにドクが現れます。ドクはベイビーが足を洗うことを許さず、「断れば
大切な人達が傷つくことになる、新しい恋人も含めて」
と脅し、ベイビーを次の
仕事に加えるのでした。

次の仕事は郵便局にある未使用の国際郵便小切手です。
メンバーは前回参加したバッツ、そして前々回参加したバディとダーリンの4名。
仕事の初めにドクがセッティングした違法重火器の購入をすることになります。

が、バッツが取引相手の中に元警官が混じっていることに気がつき、相手を射殺。銃撃戦
の末、相手方を全員倒してしまいます。

アジトに戻る途中、デボラが働くレストランに寄るようにバッツが命じました。取引が
うまくいかなかった善後策を話し合うためでしたが、デボラの事を知られたくないベイビーは
断ります。しかしバッツは有無を言わせず、レストランに立ち寄らせるのでした。

ベイビーが来店したことを笑顔で迎えるデボラでしたが、ベイビーの表情が険しいことと、
その後にいかにも怪しげな雰囲気の3人が続いていることに何かを察し、知り合いがバレる
ような行動を取らず、よそよそしい対応をします。

それが気に触ったバッツはデボラを始末しようとしますが、ベイビーは強い意志でそれを
止め、デボラに午前2時に街を逃げ出そうとメモを渡します。

アジトでは取引がうまく言った際に必ず取引先からある連絡がないことに、腹を立てて
いるドクが、全員に何があったか詰問します。
ベイビー以外の3人は口裏を合わせて、向こうから先に発砲してきたので仕方なく応戦した、
と嘘をつきます。

取引がうまくいかなかったことから、すべての計画を白紙にすると宣言するドクに3人は
反対。それまで一言も発していなかったベイビーにドクが発言を求めます。
ベイビーは明日の仕事のために早く寝るべきだ、と答え、その場を去って、夜2時の脱出に
備えようとするのでした。

しかし車に乗り込んでアジトを出ようとした瞬間、バディにつかまります。しかもバッツも
ベイビーの後を追いかけてきていて、しかもベイビーが会話を録音しているICレコーダーを
目の前に突きつけるのでした。
会話を録音して証拠を集めている警察の手先か、という疑惑にリミックスを作るための音源で
あると正直に答え、それによって自宅にあるテープをすべて奪われてしまいます。

このことを初めて知ったドクも、ベイビーを今回の仕事から外すと宣言しますが、ベイビーの
強い主張と3人のベイビーへの運転能力への信頼から、明日の計画は実行されることに
なるのでした。

襲撃でバディとダーリンは表から、バッツとベイビーは脱出路の裏側に回ります。
バッツは裏側から侵入し、二人と合流して、出てきます。その際、警備員を一人射殺する
のですが、3人が乗り込んでもベイビーは車を発進させません。

目の前には工事用のトラックが停まっており、荷台からはみ出した鉄の棒が、ちょうど
助手席の前に突き出ていました。

3人は大騒ぎし、遂にバッツが銃口をベイビーに向けたその時、急発進をして前のトラックに
激突させ、バッツは胸に鉄の棒を突き刺して事切れます。

警察が周りを囲み始め、ベイビーとバディ、ダーリンは車を出て逃走します。
その途中、ダーリンが警察との銃撃戦の末、射殺され、バディはその責任はベイビーに
あると、激怒するのでした。

なんとか車を盗み出し、自宅のアパートに戻ってジョセフを救います。
住み込みの老人養護施設の前にジョセフを預け、デボラを迎えにレストランに行くベイビー
でしたが、そこにはバディが待っており、自分の受けた苦痛を味わわせてやるとデボラに
銃を向けようとします。

ベイビーは持っていた銃でバディを撃ち、裏口からデボラを連れて逃げ出します。
そして街を出る前に母親の思い出のテープを取り返しにドクのところに戻り、助けを求める
のでした。

はじめは断るドクですが、ベイビーとデボラが本気で愛し合っていることがわかり、助ける
ことにします。
車を彼らのために用意して駐車場に降り立つと、武器の取引組織から3人が仕返しにきて
いました。ドクが3人を始末しますが、ドクも傷を負います。
そこに盗んだパトカーでバディが現れます。そしてドクを跳ね飛ばし、ベイビーとデボラを
追いかけるのでした。

二人は車に乗り込み、バディから逃げ出します。そして罠を仕掛け、バディを多層駐車場の
上階に誘い込み、車ごと下へ落とすことに成功しました。

が、バディは車が落下する寸前で外に脱出しており、そのことを知らず、落ちた車を確認する
ベイビーに不意打ちを食らわせます。
持っていた銃を両耳のすぐ横で発砲して聴覚能力を失わせ、音楽の入ったアイポッドを
破壊してデボラを殺そうとしますが、デボラは車の中にあった金属棒でバディの腕を強打し、
銃を取り落とさせます。

その後のつかみ合いでデボラはバディに首を絞められますが、バディが落とした銃を拾った
ベイビーは、バディの足を打ち抜き、その痛みでデボラを離したバディはそのまま後ろへ
倒れて落ちたパトカーの上に落ちていくのでした。

気を失ったベイビーをつれ、アトランタから抜け出して、西海岸を目指すデボラは、
ベイビーが意識を取り戻したことに気がつきます。
助かったことを喜ぶ二人はベイビーの母親のミュージックテープを聞きながら、そのまま
しばらく走りますが、警察が前方でバリケードを作っているのに気がつきます。

なんとかと突破しようと思うデボラでしたが、ベイビーはそれを止めて自ら自首するのでした。

裁判ではデボラやジョセフ、ベイビーが事件の中で傷つかないように助けた幾人かの証人が
証言をしてくれたことにより、行いが良ければ5年で仮出所できる25年の禁固刑となりました。

服役中、デボラから定期的に郵便が届いており、5年後の仮出所では刑務所にデボラが、
アンティークカーでベイビーを待っていたのでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画