スピリットベアは日本の動物園にいる?見学できるツアーのある詳細あり

      2017/01/14

Pocket

カナダのブリテッシュ・コロンビア州 太平洋沿岸にグレートベア・レインフォレストと呼ばれる
温帯雨林地帯が広がっています。
ここは入り組んだ入江に大小の島と、苔むした肥沃な森が広がっており、そこは野生動物たちの
楽園でも有ります。

そんな地域に僅かに生息する白いアメリカクロクマは先住民より敬われ、スピリットベアと
呼ばれています。
アルビノと呼ばれる白子ではなく、毛皮の色が白くなる劣勢遺伝子を両親から受け継いだことで
毛皮だけ白くなります。ちなみに劣性遺伝子とは優性遺伝子があった場合、その特徴が
個体に出ない遺伝子のことで、仕組みは血液のO型になる場合と似ています。

残念ながら日本の動物園だけでなく、海外のどの動物園でも飼育されていません。
ホンモノを見たい場合は野生のスピリットベアを見る以外方法がありませんが、そんな
スピリットベアを見学するにはどうしたら良いのでしょうか?


スポンサードリンク




スピリトベアを見るには何処に行けばいい?

グレートベア・レインフォレストには約400頭未満のスピリットベアが棲息すると言われています。
特にその中でもプリンセス・ロイヤル島には約120頭のスピリットベアの棲息が確認されています。

そのプリンセス・ロイヤル島の南隣にある島、スウィンドル島。
ここにある先住民の町クレムトゥにロッジがあり、そこから野生動物を見るツアーが出ています。

このクレムトゥまで行くのにはどうしたらいいのでしょうか?

クレムトゥまでの行き方-飛行機

カナダ入はまず、バンクーバーへ。ここからローカルフライトを使って移動することになります。

飛行機会社名はパシフィック・コスタル・エアライズ(Pacific Coastal Airlines)。
バンクーバー空港とバンクーバー島のポート・ハーディー(Port Hardy)空港をメイン空港として
ブリテッシュ・コロンビア州を北から南まで網羅しているローカル飛行機会社です。

この会社のフライトを利用し、バンクーバー空港からポート・ハーディー空港を経由して
ベラベラ(Bella Bella) 空港まで移動します。この間の所要時間は約2時間。
運行している飛行機はプロペラ機で30席以上のサーブ340か、19席のビーチクラフト1900です。

そこからクレムトゥまでは水上タクシーを利用することになります。移動時間は約90分。

飛行機代を見てみると税金や手数料など全て込みで一人あたり片道200カナダドル前後でした。

クレムトゥまでに行き方-フェリー

もう一つの方法としてポート・ハーディーから出ているフェリーを使う方法もあります。
このフェリーは車も載せることができますが、クレムトゥのある島、スウィンドル島はほとんど
道が整備されておらず、車で行けるエリアがごく限られていますので、車で行くメリットは
あまりないと思います。

フェリーは週に1便のみで、ポート・ハーディーからクレムトゥへ向かうフェリーが土曜のみ、
夕方6時に出発し、クレムトゥには翌日日曜の朝5:30に到着。
クレムトゥからポート・ハーディーへ向かうフェリーは金曜のみで、夜の9:30に出発し、
ポート・ハーディー到着は翌日土曜の朝9時になります。

フェリーの代金はピークシーズンで大人一人が片道206カナダドル、車は普通車1台で片道
469カナダドルです。

まとめ

以上がスピリットベアを見るツアーに参加するためにロッジにたどり着く方法です。
ブリテッシュ・コロンビア州の北部はまだ人がほとんど入りこんだことのない地域が多く、
特に太平洋沿岸の島々はほとんど手付かずの自然が残っています。

ですのでスピリットベアという非常に珍しいクマも生息するのですが、そこに行き着くのも
一苦労です。

上で紹介した情報は僕が現時点で調べた結果をもとにしています。スケジュールや料金は
前触れなく変更することがありますので、お出かけ前には自身でお調べの上、確認ください。


スポンサードリンク




 - 旅行・観光