映画ウィッチのネタバレ感想とあらすじ!キリスト教って人々を脅し恐怖させる宗教?

      2017/07/23

Pocket

ネタバレ感想 1 魔女狩りに関してキリスト教って暗いイメージがあるのですが

この映画「ウィッチ」は魔女についての映画で、その出来はとても完成度の高いものだと
おもいますが、しかしこの魔女とか魔女狩りを題材にした映画では、どうしてこうも
キリスト教っていうものが、暗く描かれているのでしょうか?

とにかくこの時期のキリスト教信者は生まれながらにして罪深い存在で、その罪を許して
もらうために、なりふり構わず信仰し、それでも生活が良くならなければ、まだ足りない、
神からの許しを得られるだけの努力が足りないって強迫観念すら感じるような卑屈さ
生活していたような印象を受けます。

社会で君臨する教会や宗教として、人々を支配下に置くためには、一番の方法ではあるの
ですが、それこそ、村のトップが気に食わない個人や家族を神の名において罪人に仕立て
あげ、村八分にすることもできたわけですから、何ていう宗教だ、と思ってしまうわけです。

統治はし易いかもしれませんが、息が詰まってしまう印象が強く、とにかく暗いイメージ
しかもてません。

おもえば、この時代は神様がとても人間臭い存在だったような気がします。

僕の個人的な意見では、神はそんな人間のように誰が悪い、誰がいい、なんてことを判断する
ような存在ではないと思うんですよ。いわゆる自然のような存在で、常にいてエネルギーを
分け与えてくれるような存在、与えることに何の損得勘定も入れず、それこそ垂れ流して
いるような存在
だと思うのです。

それを受け取る側の人間が、勝手に良いの悪いのって感じているだけなんだと思うの
ですよ。

とはいえ、人々を罪の意識で縛って統治していたのは何もキリスト教だけではなく、例えば
昔の仏教も同じような教えで一大勢力を気づいていました。

その一番の例が戦国時代の一向一揆です。開祖親鸞がまったく考えもしなかった教えを
勝手に編み出し、「進めば極楽、退かば地獄」と戦争で攻めればたとえ死んでも極楽へ
行けるといって、農民を兵士に変えてしまったわけです。

どこの時代も、上に立つ人の都合のいいように変えられているんですね。





スポンサードリンク

ネタバレ感想 2 疑心暗鬼が一番の原因

映画では魔女の儀式や悪魔の契約が実際に出てきていて、それらの存在がメタファーでは
ありませんが、家族がバラバラになっていく過程をよくよくみると、コミュニケーションが
上手くいっていないからなのでは
、と思いました。

ウィリアムがキャサリンの銀食器を黙って売り払ったこともそうですし、カルブを森の
中へ連れて行ったことも、事前にこうこうこういう理由だから、と家族内で話をキチンを
しておけば、おかしな疑いは生まれなかったのでは、と思うのです。

もちろん、サミュエルの突然の行方不明という悲劇は家族に大きな傷を与えたでしょうが、
だからこそ、不安や心配事に対してきちんと話し合って、家族内で合意をしてから一つの
目的に向かって進めば、変な誤解なども生まれなかったのではないでしょうか。

あと、少し変に感じたのは幼い双子です。

集落から遠く離れ、家族だけが唯一の存在です。どんなに幼くても、特に農家であれば
仕事は山のようにあるわけで、遊ばせておくような余裕はないでしょう。

その割には映画内では、何かにつけて二人して悪ふざけをして遊んでばかりいるように
描かれています。そんな余裕はないと思うのですが。

あえて悪魔の存在を本物とするのであれば、家族だけという限られた社会の中で、
怪奇現象を起こすことで、悪気があって黙っていたわけではないことが、知らなかった
人に疑惑の念を起こさせる原因になるきっかけ
にしたのかもしれません。

僅かに芽生えた疑惑を良かれと思って禁止されている行為をしたことが、さらに悪い方へ
向かってしまう。そしてさらに互いの疑惑が深まるという悪循環になるように導き、
ついには魔女として自身の勢力を増やすことができたわけですから、みごとな作戦だ
と思ってしまいます。

スティーブン・キングも絶賛したホラー映画

本作品は2015年に北米で公開され、大絶賛されて数々の賞を受賞しています。

この作品で主演を演じているアニヤ・テイラー=ジョイはとても高い評価を受け、
第70回英国アカデミー賞の新人賞に輝いています。

その高評価を受けて2017年にはM・ナイト・シャラマン監督作品の「スピリット」で
主演に抜擢され、見事な演技を披露しています。

有名なホラー作家のスティーブン・キング氏も「とても怖い映画だった。素晴らしく
緊張感があり、考えさせられる上に腹の底にずっしりとこたえるような映画だ。」
と絶賛していました。

登場人物の内面や舞台となる森とその脇の農地から湧き上がる暗さが、恐怖をより
掻き立てるダークホラー。今作品が第一作目となる監督のロバート・エガースが数々の
新人賞を受賞したのもうなずける作品だと思います。

関連記事: 映画ウィッチと実際に起こった魔女狩りとの違いについてのまとめと考察





スポンサードリンク

ページ: 1 2

 - 映画