映画ザマミー呪われた砂漠の王女のネタバレ感想とあらすじ!ダークユニバースシリーズって何?

   

Pocket

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」は1932年に公開されたミイラ映画のリブートで、
ユニバーサル・ピクチャーズが1920年代から1950年代にかけて制作したホラー映画を
リブートすることで、現代世界を舞台にしたアドベンチャー映画シリーズである「ダーク・
ユニバース」の第1作目となります。

今後、有名な複数のモンスターを共演させた作品やサブキャラクターを主人公にした
スピンオフ作品も予定しているとのことで、アメコミ映画のマーベルヒーローシリーズや
DCコミックのジャスティスリーグのような世界をモンスターで描こうとしていると思われ
ますが、果たして今後うまくいくのかどうかはこの一作目にかかっているといってもいい
でしょう。

既に第2作目はフランケンシュタインがメインキャラとして予定されています。

映画のストーリーとして今後の展開をいろいろ連想させるような伏線が多数ありましたが、
個人的な感想を正直にいえば、その目論見がうまくいったけど、そっちの方に力を入れすぎた
感じが大きすぎて、映画単体としては物足りない内容だったかな、と思いました。





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

ニック・モートン: トム・クルーズ
アメリカ軍に所属する軍曹。中東で任務に着いていたが、宝探し目的でアマネットが封印されている遺跡を発見してしまう。
アマネット王女: ソフィア・ブテラ
紀元前1127年のエジプトの王女。王位継承権を奪うべく、邪神と契約して王を殺すが、殺害後、ミイラとして封印される。
ジェニー・ハルジー: アナベル・ウォーリス
考古学者。バグダットでニックと知り合い、一夜を共にするが、ニックに遺跡の資料を盗まれる。
クリス・ヴェイル: ジェイク・ジョンソン
アメリカ軍に所属する伍長でニックの部下兼友人。ニックとともに宝探しをする。
ヘンリー・ジキル博士: ラッセル・クロウ
ジェニーの上司でプロディジウムの責任者。プロディジウムは秘密の対モンスター組織。

ネタバレあらすじ

古代エジプトで皇位継承順位第一位のアマネット王女は、父メネプトレ大王に男児が誕生
したことで皇位継承ができなくなってしまいました。しかし諦めきれないアマネットは
死の神セトと契約し、魔力を手に入れ、父親と弟を殺してしまいます。

その後、契約の一部としてセトを現世に蘇らせる儀式を執り行っている最中、神官達に
よって計画を阻止され、アマネットは生きたままミイラ化される罰を受けて遠くエジプト
から離れた地に葬られたのでした。

現代の中東、アメリカ軍に属するニックとクリスは、ニックが手に入れた遺跡の在り処を
示す地図を片手に部隊を離れて宝探しに来ていました。

移籍は反乱軍の拠点である村にあることがわかり、忍び込みますが、見つかって四方から
攻撃を受けます。追い詰められてもはやこれまで、というところで友軍からの空爆援護で
九死に一生を得、しかも探していた遺跡まで見つけるのでした。

援軍が到着しましたが、その中に考古学者のジェニーも同行しており、ニックが得た遺跡の
情報は彼女のもので、バグダットでの一夜をともにすることでニックが盗み出していたこと
がバレてしまいます。

上官の命令で遺跡探索に行くジェニーの警護としてニックとクリスが同行することになり
ます。遺跡に降りて調査を開始するジェニーはそこは墓としてではなく、監獄として
設計されていることに気がつきました。

そんなことは知らないニックは、遺跡の中央に水銀のプールがあって、そこに納められていた
棺を引き上げてしまいます。
そうするとその後、次々と奇怪な現象が起こるのでした。

まず、大量の大型グモがどこからともなく大量に発生し、3人にまとわりつき、クリスは
首のうしろを噛まれてしまいます。

ニックは突然、砂漠に立ち尽くす映像が頭のなかに広がります。若い女性が古代エジプト語で
語りかけながら近づいてきて、ニックに口づけをするのでした。

砂嵐が近づきつつあることがわかり、棺を収容してイギリスに持ち帰ることにします。
砂嵐に追いつかれる前に全てを収容して輸送機は飛び立ちますが、蜘蛛に噛まれたクリスの
体調はどんどん悪くなっていました。

居眠りをしていたニックがふと気がつくと、クリスは固定された棺を解いて開けようとして
いました。それに気づいたグリーンウェイ大佐が、クリスに近づきますが、刺殺されて
しまいます。

完全に正気でないクリスは次にジェニーとニックにナイフを持って迫ってきたため、
仕方なくニックはクリスを射殺してしまいます。が、次の瞬間、飛行機のエンジンの一つが
トラブルを起こし、さらに大量の鳥が飛行機に体当りし始めて、コックピットの窓ガラスを
は買い。操縦士達はそのために死亡し、飛行機は制御を失います。

ニックはジェニーにパラシュートを装着させて逃しますが、その後、飛行機は墜落し、
全員死亡してしまうのでした。

数日後、霊安室で目を覚ましたニックは、ちょうど訪れたジェニーと再会します。
どうやってニックが助かったのか、二人して不思議がりますが、理由は全くわかりません。
そんなとき、ニックにはクリスの亡霊がニックを呼んでいるのが見えるのでした。

どうやらクリスはニックにしか見えないらしく、席を外してクリスと話をします。
するとクリスはニックとともに王女の呪いにかけられ、彼女が望む希望を叶えない限り、
平安はないことを伝えます。

事があまりに突飛なため、信じることができませんが、ニックはその後も一人で幻覚に
悩まされ、車にひかれそうになったところをジェニーに助けられるのでした。

そんなジェニーに行かなければならない場所がある言うニックは、見知らぬ教会へ辿り
着くのでした。全く記憶にないその教会でミイラとして復活していたアマネット王女と
復活のために生気を抜かれた手下のミイラ達が待ち伏せをしていました。

ニックは手下のミイラ達に捕まり、アマネット王女が見つけ出したセトの短剣で生贄
されるところでしたが、セトの短剣に宝石が無いことに気がついたアマネット王女が見せた
スキをついて逃げることに成功します。

が、半分アマネット王女に支配されているニックは逃げているつもりでしたが、彼女の
もとに戻ってきてしまいます。
手下のミイラを次々と撃退することができたニックは、ついにはアマネット王女を
実力行使で駆逐しようとしますが、あまりの力の差に逆に叩きのめされるのでした。

そんなとき、武装をした謎の一団が現れ、アマネット王女を捕獲します。ニックも隊員の
一人に薬物を注射され、気を失うのでした。

彼らはプロディジウムという秘密の対モンスター用に訓練された一団で、ジェニーも
その内情を詳しくは知りませんでしたが、この組織の一員でした。

リーダーのジギル博士は捕獲したアマネットを解剖して今後のために詳しく調査をしたい
としていました。ジギル博士が一番重要視している事はモンスターを学習し、世界の為に
今後起こりうる超怪奇現象に対処するためのデータ集めでした。

そのためにはニックをセトの短剣で生贄にして、セトの復活がどういったものかも確かめる
必要があると考えていたのです。

一方でニックとジェニーは、ニックにかけられた呪いを解くことでニックを救う方法を
見つけ出すものと思っており、明らかに目的は違っていることがわかりました。

ジギル博士に考えを変えるように迫るニックでしたが、博士は発作を起こして薬を注射し
ようとします。話し合いにきちんと応じていないと思ったニックは注射器を奪い取りますが、
それによって発作に間に合わなくなったため、ジギル博士の内面に封じ込まれていた悪人の
ハイド氏が人格を乗っ取り、ニックに襲いかかります。

同じ頃、アマネットは魔術を駆使して、カブトムシを召喚し、それを研究員の一人の脳に
潜入させることに成功させます。
操られた研究員はアマネットを拘束している水銀注入器を止め、防火用の斧を持って施設を
破壊し始めます。

それによって自由の身となったアマネットは、プロディジウムの別働隊が発見した短剣の
宝石の在り処を知り、奪還に向かいます。

ニックはハイドに散々、痛めつけられますが、薬をセットした注射器を注射することに
成功させ、ジギル博士を呼び戻すことで、難を逃れます。
助けに来たジェニーによってアマネットが宝石のもとへ向かったことを知った二人は
後を追いますが、ロンドンの街はアマネットが呼び寄せた砂嵐で大混乱に陥っていました。

なんとか地下に逃げ込んで、宝石の発掘場所に向かいますが、そこへはすでにアマネットが
地下に何千といる死体を操ってプロディジウムの別働隊を全滅させており、ニックと
ジェニーにも、アンデット達が次々と襲いかかります。

なんとか逃げ回っていましたが、二人は地下水脈に落ち込んでしまい、しかもジェニーは
アマネットに連れ去られてしまいます。

迫りくるアンデットから逃げながらジェニーを連れ去ったアマネットを追いかけますが、
アンデットに捕まってアマネットの待つ地下広間に引き上げられるのでした。そこには
溺死したジェニーの体もありました。

ニックをセトの復活の生贄にしようとするアマネットは、復活したセトの力を手に入れた
ニックと二人で世界を支配しようと誘惑します。死をも超える力を持てるという彼女の
誘い文句に、ニックは死んだジェニーをよみがえらせるため、セトの短刀を奪い返し、
自分自身で胸に突き立てるのでした。

セトの力を手に入れたニックはアマネットから生気を奪い取り、彼女を再びミイラ化させます。
そして同力を使っていいか、よく理解できないながらもジェニーを蘇らせることに成功する
のでした。

気がついたジェニーは、ニックに近づこうとしますが、既に人間ではない存在になってしまった
ニックはジェニーが近づくことによって、彼女を傷つけてしまうことを恐れ、再会を約束して
闇の中に消える
のでした。

アマネットはプロディジウムによって水銀に満たされた棺の中で封印されることになります。

セトの力を手にしたニックのことを話すジギル博士とジェニーは果たして人間世界にとって
味方か敵かを考えるのでした。
ジェニーはニックの中にある善を信頼していましたが、ジギル博士は「毒をもって毒を
制す」存在にはなるのでは、と考えていました。

そのニックはクリスを復活させ、新たな冒険を求めて、エジプトに戻っているのでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画