カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画トイ・ストーリーの映像&編集ミスまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画「トイ・ストーリー」の映像&編集ミスをまとめてみました。

言われるまで気が付かないようなミスや、かなりはっきりとしたミスまでいくつもありましたが、あなたはいくつ、気がついていましたか?

それでは見ていきましょう!







映像&編集ミスのまとめ

トランシーバーが消えて現れる?

ウッディとおもちゃたちがアンディの誕生日に送られる新しいおもちゃについて情報収集をしているシーン。

兵隊たちを送って情報を確認しますが、そのときのやり取りに使っているトランシーバーに注目。

落とした拍子に電池が抜けて、慌てて入れ直しています。

電池を入れ戻したトランシーバーから、アンディが部屋に戻ってくるとの通信が。
おもちゃたちは慌てて元の位置に戻ろうとします。

が、

その時、通信に使っていたトランシーバーが見当たりません

引きのカメラアングルから再び、ウッディと他のおもちゃに焦点が当たると、そこには消えたはずのトランシーバーが

トランシーバーも元の位置に戻らないとと慌てて動き回ったのでしょうか?

兵隊たちのパラシュートは?

消えて現れたトランシーバーのシーンの少し前、おもちゃの兵隊たちが1階でプレゼントの包装を開けているところに侵入して、情報収集を行います。

その際にパラシュート部隊がまず1階に降りて、降下用の縄跳びの端を押さえます。
使ったパラシュートはそのままですね。

やがて、残りの兵士が次々と1階に縄跳びロープを伝って降りてきますが、誰一人としてパラシュートを装備している兵士は見当たりません

最初の2名が使ったパラシュートはどこにいってしまったのでしょうか?

引っ越し1週間前の模様替え

バズ・ライトイヤーのおもちゃをプレゼントとしてもらったアンディは、バズに夢中。

それまでカウボーイのウッディが大のお気に入りだったのが、ウッディそっちのけでバズばかりと遊んでいます。

部屋の様子も、ウッディからバズへと変わり、

アンディ自身もバズの絵を書いて飾っているほど。

しかし、よくよく時系列を考えると、かなり不自然なんです

バズがプレゼントとして送られる日に、ウッディから「1週間後に引っ越しする」という発言がありました。

のこり7日でアンディの部屋のものをすべて引越し先に送らなくてはいけないのに、あそこまでウッディ一色だった部屋の飾りをバズに変えるでしょうか?

バズの掛け布団やポスターなど、バズのおもちゃと一緒に購入していた、とすれば、時間的に可能です。

アンディのバズの気に入り方から、たとえ1週間でも部屋の模様替えをおねだりすることは考えられます。

しかしそうなると、アンディの母親はバズのおもちゃと一緒に、他のアイテムも一緒に購入していたことになります。

ただそれだと、アンディがバズを気に入るかどうかわからない時点で購入するのは、リスキーだと思うのです。
アンディがもしバズを気に入らなかったら、他のアイテムもいらない、と言われかねませんから。

そのリスクがある上、一週間で引っ越すのであれば、引越し先でバズのキャラクターグッズで部屋を飾ればいいのでは?、と思うのはボクだけでしょうか。




バズのレーザーは?

新しいおもちゃのバズに興味津々なのは他のおもちゃも同じです。

ただ、ウッディだけはアンディのお気に入りの地位をバズに取られるのでは、と気が気ではありません。

ところがバズは自分をおもちゃでなくて、本物のスペースレンジャーだと思いこんでいて、腕に装備されたレーザーを危険に対して、撃ちまくる始末。

そんなバズのトンチンカンな行動ですら、ウッディには癪に障るらしく、レーザーポインターを撃ちまくるバズに、「ただの赤いライトだけだ」と悪態をつきます。

しかし、バズがレーザーを発するとその先には赤いポイントがはっきりと映し出されています。

これは、本物のレーザーポインターであって、ウッディのいう、ただの赤いライトではありませんよね

誰がゲートを直した?

アンディが母親に言われて、妹のモリーを連れていきます。

ただ、アンディもまだ子供ですので、モリーを抱きかかえると、他のこと、例えば下げた赤ん坊用のベッドのゲートを元の位置に戻すことなどはできません

ところが、何故か次の瞬間、ゲートはもとに戻っています

一体誰がいつ、戻したのでしょうか?

ボールはどこから?

ピザプラネットへ夕食を食べに行くことに興奮するアンディ。

おもちゃを持っていきたいというと、母親は一つだけよ、といいます。

その声に、ウッディは自分が一緒に行きたいと思いますが、最近のアンディはバズに夢中。
選んでもらえるかどうかの自信がありません。

そこで幸いにも占いボールが近くにあったので、自分が選ばれるかどうか、占ってみるというストーリーの流れになるのですが、

突如、ウッディのすぐ近くに現れた占いボール、一体どこから現れたのでしょうか?




誰がポットの向きを変えた?

シドの家に連れ込まれたウッディとバズ。

そこで自分がおもちゃであるという現実を突きつけられて、放心状態になるバズでしたが、そんなバズをシドの妹、ハンナが見つけて、おままごとに突き合わせれます。

お茶会のおままごとに最中にハンナがいなくなったスキを見つけてバズに駆け寄るウッディ。

あれ、ポットの向きが逆になっていますね。

ウッディがあたって向きを変えたのでしょうか?

車が変わった?

アンディの母親が運転するバン。

小さい子供がいると、何かと便利です。

しかしこのバン、少しおかしいんですよね。

ここでは屋根にサンルーフの窓が見られます。

でも、家に帰るとサンルーフが無くなっています。

2台車を持っているのでしょうか?

本はどこ行った?

シドの部屋で閉じ込められたウッディ。

そこにはウッディと一緒に本も檻の中に入っています

しかし、ちょっとカメラを引いたアングルのシーンでは、檻の中にはウッディだけ

本でも抜け出せるようですので、結構簡単に出入りできるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたしょうか?

結構、あるはずのものが消えていたり、なかったはずのものが急に現れたり、していますね。

あと有名なところで、映像ミスではありませんが、設定ミスで一つ。

バズがアンディの部屋でウッディや他のおもちゃの前で動き出してから、ずっと自分をおもちゃでなく、スペースレンジャーだと思いこんでいました。

であれば、他のおもちゃのように、人間の前で動かないようにならなくてもいいはずではないでしょうか?

だって、おもちゃではなくてスペースレンジャーなんですから。

とまぁ、突っ込みだしたらキリがない、設定上の矛盾もありますが、それも全てひっくるめて今見ても楽しめる映画あることは、間違いありません。

新作「トイ・ストーリー4」もこの夏、公開されますので、楽しみですね。











この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2019 All Rights Reserved.