映画ゴジラvsコングを分かりやすくネタバレ!あらすじ・見どころやキャスト情報も

あらすじ

映画「ゴジラvsコング」はワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが共同で手掛ける「モンスターバース」の第4作目です。

日本が誇る怪獣ゴジラとアメリカの怪獣キングコングがめちゃめちゃに街を破壊しながら死闘を繰り広げる迫力満点の怪獣映画。


今回はこの映画「ゴジラvsコング」の基本情報や予告動画やキャスト情報、そして映画の見どころやあらすじを分かりやすく紹介していきます。










映画「ゴジラvsコング」の基本情報



それでは映画「ゴジラvsコング」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして出演キャストの紹介をしておきます。

映画「ゴジラvsコング」の基本情報と予告動画


ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの

    ・「GODZILLA ゴジラ」(2014)
    ・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(2019)
    ・「キングコング:髑髏島の巨神」(2017)

をクロスオーバーして描く「モンスターバース」シリーズの第4作で、ゴジラとキングコングという日米の2大怪獣が激突する。


モンスターの戦いで壊滅的な被害を受けた地球。

人類は各地で再建を計り、特務機関モナークは未知の土地で危険な任務にあたりながら、巨大怪獣のルーツの手がかりを掴もうとしていた。

そんななか、ゴジラが深海の暗闇から再び姿を現し、世界を危機へ陥れる。

人類は対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出す。

人類の生き残りをかけた戦いは、やがてゴジラ対コングという未曽有の対決を引き起こす。

監督は「サプライズ」やNetflix実写版「Death Note デスノート」などを手がけたアダム・ウィンガード。

出演はアレクサンダー・スカルスガルド、レベッカ・ホール、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」から引き続き登場するミリー・ボビー・ブラウン、カイル・チャンドラーほか。

また、「GODZILLA ゴジラ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮役で小栗旬が出演し、ハリウッドデビューを飾った。

引用:映画ドットコム





映画「ゴジラvsコング」のキャスト紹介



続いてキャスト紹介です。

ネイサン・リンド


地質学者で怪獣たちを地底に存在する空洞に送る計画を手伝うため巨大テクノロジー企業「エイペックス」に協力する


演じるのはアレクサンダー・スカルスガルド

アイリーン・アンドリューズ


モナークに所属する人類学者で骸骨島でコングの研究をしている。


演じるのはレベッカ・ホール

マディソン・ラッセル


ゴジラの活動を独自調査している女子高生。
巨大テクノロジー企業「エイペックス」に陰謀の予兆を感じる。


演じるのはミリー・ボビー・ブラウン

バーニー・ヘイズ


陰謀論者で巨大テクノロジー企業「エイペックス」の調査をしており、マディソンと一緒に潜入調査をすることになる。


演じるのはブライアン・タイリー・ヘンリー

芹沢 漣


かつてモナークの主要メンバーだった芹沢猪四郎博士の息子。
巨大テクノロジー企業「エイペックス」に協力し、とある計画を手伝っている。


演じるのはハリフッド映画初出演となる小栗 旬

映画「ゴジラvsコング」の見どころ紹介



やはり映画「ゴジラvsコング」は二大怪獣が街をハチャメチャにぶっ壊しながら繰り広げる決闘シーンの迫力でしょう。

ゴジラやコングの前では高層ビルも最新鋭の戦艦も空母も戦闘機も、まるでおもちゃのように一撃で破壊されてしまいます。


あんなケンカ、人間がしていてもはた迷惑極まりないと思ってしまいました。

ですが、やはりコロナでたまったストレスを発散させる効果もあったのか、北米で大ヒットしていました。


また、メカゴジラが登場するのもうれしいですね。

しかもこのメカゴジラが強いのなんのって、ゴジラとコングが束になってもかないません。

そんなゴジラとコングの危機を主人公たちの協力で何とか乗り切らせ、勝利をつかむというストーリーも王道といえると思います。

関連記事:メカゴジラが暴走した理由を考察!キングギドラの脳が理由?


ただまあ、王道であるがゆえにワンパターン的なストーリーである、と感じてしまうかもしれませんが。





映画「ゴジラvsコング」ネタバレあらすじを分かりやすく解説



それでは映画「ゴジラvsコング」のネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします。

起・骸骨島のコング・ゴジラの襲撃



ゴジラがキングギドラを倒してから5年の月日が流れていました。

骸骨島ではモナークが巨大なドーム状の檻の中でコングを監視しており、その責任者は人類学者のアイリーン・アンドリューズ博士でした。

アイリーン博士にはイウィ族の生き残りであるジアという養女がおり、彼女は耳が聞こえないろうあ者でしたが、コングと特別に親密な関係を築いていたのでした。


巨大怪獣であるタイタンとそれらにまつわる政府の陰謀論をテーマとしたサイトを運営しているバーニー・ヘイズは巨大テクノロジー企業「エイペックス・サイバートロニクス」に技術者として潜入します。

フロリダ州ペンサコーラにあるエイペックスの工場に潜り込み、何やらタイタンたちに関して怪しげな活動をしていることを示すデータを盗み出すのでした。


ところが偶然にも、ちょうどその時にゴジラが来襲し、ペンサコーラ施設を破壊し始めます。

大混乱の中、さらに施設の奥へと潜り込んだバーニーは、不気味かつ怪しげな、かなり大きいディバイスを目撃することになるのでした。


ゴジラの破壊活動は激しくなり、バーニーは施設から脱出します。

そして無事自宅に帰り着いたバーニーはその発見を元に、新たな音声データを自身のサイト上に更新するのでした。


マディソン・ラッセルは、新しく更新されたバーニーの音声を聞き、今回のゴジラによるペンサコーラ施設への攻撃の理由を調査し始めるのでした。


エイペックスのCEOウォルター・シモンズは、元モナークに属していた地質学者ネイサン・リンドの研究室を訪れます。

ネイサンは地球の底に空洞が存在し、そこがタイタンたち怪獣の住処であるという理論を展開していました。


ウォルターはネイサンにかつてモナークの主要メンバーだった芹沢 猪四郎博士の息子である芹沢 漣を紹介します。

そして二人はネイサンに今取り組んでいるプロジェクトを完成させるために、地底の空洞の中にあるとされるエネルギーを調査・採取の必要があり、その手助けをネイサンに依頼するために来たと伝えるのでした。

エイペックスはすでに、地底の空洞への入り口を南極に見つけていたのです。


しかし、その申し出にネイサンはあまり乗り気ではありません。

というのも、地底の空洞にはとても強い反重力が働いており、かつて調査に向かった兄がその地で殉職したという過去があったからでした。


ウォルターと漣は、エイペックスで通称HEAVと呼ばれる地底の反重力にも耐えられる特殊な輸送機を開発したことをネイサンに明かし、それによってネイサンの同意を取り付けます。


しかし地底の空洞にたどり着いても、その内で目的のエネルギーを探し出すという課題が残っていました。

ネイサンはその課題をクリアーするために、かつての同僚に助けを求めることにします。

承・コングを道案内に地球の空洞へ



ネイサンは骸骨島へ行き、アイリーンに協力を求めます。

コングを地底の空洞へ連れていけば、探しているエネルギーを見つけることができると考えたからでした。

その計画に懐疑的ではあったものの、ウォルターらが今進めているプロジェクトが成功すれば、ゴジラに対する絶大な対抗策となるため、ついにはネイサンに協力することにします。

コングは眠らされ、アメリカ海軍の護衛とともに、大型輸送船の甲板に鎖につながれて南極に向け、移動することになるのでした。


また、エイペックス側から、ウォルターの娘であるマイア・シモンズも同行します。
アイリーンの幼女でコングと特別に絆を築いているジアも、アイリーンとともに船に乗り込んでいるのでした。


目を覚ましたコングは鎖につながれた状態に不安といら立ちを見せます。

そんなコングにジアは手話で話しかけ、落ち着きを取り戻させるのでした。

ネイソンやマイア、そしてアイリーンまでも、ジアがコングとコミュニケーションを取っていることに驚きます。

ジアにコングと会話ができることを確認したアイリーンに、コングから黙っているように言われた、とジアは打ち明けるのでした。


コングをのせて南極に向かう船団にゴジラが襲い掛かります

応戦するものの、全く効果はなく、船や戦闘機は次々に破壊され、ついにはコングの乗る輸送機もゴジラに攻撃を受けるのでした。

鎖につながれた状態で行動に制限のあるコングは、船から落ちてにおぼれそうになります。
ネイソンは襲撃によってパニックになっているブリッジの中で何とかコングを鎖から解き放つことを成功させるのでした。


コングによる反撃が始まりますが、やはり海の上、という場所がコングには大きなデメリットとなってしまいます。

ゴジラによっておぼれさせられそうになり、何とか海軍の助けで海面に戻ってくるものの、ゴジラに対抗する力は残っていません。


ネイソンのアイデアで、残った全船のエンジンを止め、すべて破壊されたように見せかける死んだふり作戦が採用されます。

その作戦は見事に成功し、ゴジラは甲板の上で息も絶え絶えに横たわるコングに一瞥を投げかけて、いずことなく去っていくのでした。


船の動力を再稼働させて南極へ向かい始めれば、またゴジラの来襲を招くかもしれません。

そこでコングを多くの輸送機を使って空送することに変更され、コングは無事、南極にある地形への入り口まで送り届けられるのでした。

目を覚ましたコングは全く異なる場所に戸惑い、地底に通じる穴に気が付いても中に入ろうとはしません。

ネイソンとアイリーンはジアを通じて、コングに穴の中に故郷があり、家族がいるかもしれないと伝えて、コングを地底に向かわせることに成功するのでした。

一行は2機のHEAVに乗り込んで、コングの後を追いかけます。

転・エイペックの真の目的



マディソンは親友のジョシュとともにバーニーを訪れます。

バーニーが怪しげな部品を発見したエイペックス、ペンサコーラ施設を3人で再調査することにするのでした。

ゴジラによって破壊された施設に忍び込んだ3人は秘密に地下設備があることを突き止めます。

そして物音がしたことから小さな部屋の中に身を隠すのですが、実はそれは輸送ポッドで、そこに閉じ込められた3人は、輸送ポッドの目的地である香港に送られてしまうのでした。


到着したその場所は非常に奇妙な場所でした。

かなり広く天井も高い空間が広がっています。

そしていくつかの扉のようなものも壁についていました。


そこは、ウォルターが漣とともにテストを重ねる極秘プロジェクトの実験場でした。

そしてその極秘プロジェクトとは、ゴジラに対抗する兵器として開発されたメカゴジラを完成させる、というものだったのです。


多くある扉の向こうには怪獣が閉じ込められており、メカゴジラの性能を試すための実験戦闘のモルモットととして利用されていたのです。

メカゴジラはキングギドラの頭蓋骨と神経ネットワークシステムを利用して漣によって遠隔操作できるように設計されていました。

メカゴジラのパワーはすさまじく、テスト怪獣相手でも無類の強さを披露します。

が、稼働のためのエネルギーが足らず、短時間で出力不足となるという欠点を持っていたのでした。

ウォルターがネイソンに依頼した地底のエネルギーは、このメカゴジラ完成のために、どうしても必要不可欠のアイテムだったのです。


地底に到着した一行は、そこに骸骨島とよく似た生態系の世界が広がっていることに驚きます。

そしてその世界に驚くことなく、まるで目的地を知っているかのように進んでいくコングを追いかけ、扉のついた洞窟を発見するのでした。


中には、玉座のようなものがあり、ゴジラの背びれを使ったと思われるコングサイズの戦斧も発見します。

そして地表や壁には至る所に青白く光るゴジラが活動するために必要とするエネルギー源の鉱石が無数に認められるのでした。


マイア率いるエイペックスの一行は、ネイソンやアイリーンの反対を無視し、武器で脅して、このエネルギー源のサンプルを採取し、そのデータを香港に送ります。

これによってメカゴジラ計画は最終段階に入るのでした。

結・ゴジラvsコングの決着



そのころ、ゴジラが香港に現れ、街を破壊し始めていました。

が、地底のコングの存在を感じ、放射熱線をコングのいる王座の間まで放出して一本の穴で繋げてしまいます。

そしてそれに呼応するかのように、地底のモンスターが一行に気づいて襲い掛かり始めます。

襲い来るモンスターのため、エイペックスの護衛の何名かは餌食となってしまいました。そんな中、マイアはサンプルをもってHEAVに戻り、ゴジラの作った穴から地表へと戻ろうとします。

が、そのHEAVをコングが捕まえ、握りつぶしてしまうのでした。


その後、コングは戦斧を握りしめて穴の中に飛び込みます
ネイソン、アイリーン、ジアも残ったもう1機のHEAVに乗り込み、コングの後を追いかけるのでした。

地表に戻ったコングはゴジラと死闘を繰り広げます

その戦いによって香港の街は、完膚なきまでの破壊されるのでした。


二匹の戦いはゴジラがだんだんと優勢になっていき、終にはコングが意識を失ってしまいます。

ゴジラが傷付きながらも勝利したのです。


一方でマディソン、ジョシュ、バーニーは実験場を何とか抜け出し、エイペックス施設の中をさまよっていましたが、セキュリティに見つかり、ウォルターの前に連れていかれます。

そしてそこで、エイペックスによって作り出されたメカゴジラに地底で発見されたエネルギーが組み込まれるのを目撃するのでした。


漣はエネルギーが強すぎるのではないか、と懸念を伝えていましたが、ウォルターは意に介さず、進めてしまいます。

上手くいったかに見えましたが、未知なるエネルギーを得たメカゴジラは、漣の意識を失わせ、独自の意思でウォルターを殺害し、香港の街に出ていって破壊活動を行います

そしてゴジラを見つけ、襲い掛かるのでした。


すでに傷付いていることもあり、メカゴジラの前にゴジラはどんどんと押されていきます。

その状況に、ゴジラはコングの助けが必要だと感じたネイソンは、HEAVに残されたエネルギーを使ってコングの弱りつつある心臓に電気ショックを与えることにするのでした。

その作戦は見事に成功。
コングは意識を取り戻します。


ジアによって真の敵を示されたコングはゴジラとともにメカゴジラに挑みかかります

が、それでもメカゴジラのほうが、二匹よりもパワーが上でした。


エイペックス社内では、マディソン、ジョシュ、バーニーがメカゴジラの制御端末から2匹及び香港への破壊活動をやめさせようと試みます。

が、パスワードが分からず、偽パスワードを入力し続けた結果、パスワード機能が閉じてしまいました。

そこでジョシュがとっさに液体を制御端末に振りかけ、端末を故障させてしまいます。

それによってメカゴジラの動きが止まり、このチャンスを逃さず、ゴジラがコングの戦斧めがけて放射熱戦を浴びせます。

これによって戦斧は共鳴効果でパワーアップして青白く光り輝きます。
その戦斧をふるうコングの活躍でメカゴジラはことごとく体を切り刻まれて、活動を停止したのでした。


メカゴジラが破壊され、コングとゴジラも戦闘を止めます

ゴジラは海へと帰っていき、マディソンはモナークの一員として香港に来ていた父親マークと再会するのでした。


しばらくしてモナークにより、地底の空洞に観察施設を移します。

そこでその世界の王となったコングとともに、他のモンスターも観察・学習していくのでした。












コメント


Fatal error: Call to undefined function do_blocks() in /home/takmori83/takmo01.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/toc.php on line 330