アニメ逃げ上手の若君小笠原貞時と諏訪頼重が対立した理由と原因を解説

アニメ逃げ若

アニメ「逃げ上手の若君」では諏訪頼重によって保護された北条時行が信州諏訪へ落ち延びます。

しかしそこに、新たに信濃守護職に任命された小笠原貞時が登場し、時行の正体を暴こうとするのでした。

貞時は時行を見つけ出し、北条の遺児を匿ったという罪状で諏訪氏を追い落としたいと考えていたのです。

しかし貞時は、なぜ諏訪氏を目の敵にしていたのでしょうか?

今回は小笠原氏と諏訪氏が対立していた理由とその原因を解説していきたいと思います。







アニメ「逃げ上手の若君」小笠原貞時と諏訪頼重が対立した理由と原因を解説

アニメ「逃げ上手の若君」では北条時行を匿う諏訪頼重と時行の行方を探し、諏訪頼重が時行を匿っているという証拠を見つけたい小笠原貞時との対立というストーリーで、進んでいきます。

小笠原貞時と諏訪頼重が対立した理由は、簡単に言えば領地争奪戦でした。

小笠原が治めていた領地の隣が諏訪の領地であったため、諏訪を叩いて自身の領地を増やしたい、ということです。

では、この闘いが始まった原因は何だったのでしょうか?

それこそ、鎌倉幕府滅亡に依ってできた新興勢力が既得権益を追い落としたい、という動きそのものだったのです。

信州は北条家の所領

鎌倉幕府建材の頃、今の長野県、信州の国は北条氏の所領となっていました。

北条氏は鎌倉に住んでいたため、北条氏に変わって領土の信州を治める必要が有り、その役目を担っていた御内人(みうちびと)と呼ばれる諏訪氏だったのです。

ちなみに御内人とは、

    鎌倉時代に執権北条氏の家督・得宗に仕えた、武士、被官、従者

であり、その多くが御家人でも有りました。

鎌倉幕府時代後期には得宗の権力が増大したため、それに連なる御内人の権力が増しました。

その結果、訴訟などで便宜を図ってもらおうと賄賂が送られる事もあって、御内人は新たな特権階級の裕福層となっていったのです。

諏訪氏も有力な御内人の一人として数えられていたのでした。


が、そのような特権を持つ者に対して、うらやましく思う者、苦々しく思う者も現れます。

中には、訴訟に負けたことで恨みを持つ者の。

こうして御内人は増長する鎌倉幕府の一味と見られるようになり、増悪の対象となっていったのでした。

小笠原家はもともと甲斐国の出身

後に諏訪頼重と真宗を巡って争う小笠原貞時は、現在の長野県飯田市に生まれたとされています。

しかしもともと小笠原氏は今の山梨県の西部に当たる巨摩郡の出身でした。

小笠原貞時が飯田市あたりを所領にしたのは、鎌倉幕府倒幕後に恩賞として与えられたものであり、貞時が飯田市生れという説とは矛盾します。

ともあれ、諏訪氏が諏訪を拠点に長い間、統治をしてきたのに対し、小笠原貞時は信濃の国に新しく赴任してきた新興勢力であったのでした。

鎌倉幕府滅亡の功績で信濃守護に

小笠原貞時は足利尊氏につかえて鎌倉幕府の倒幕戦争で大きな功績をあげました。

その功績に対し、尊氏と後醍醐天皇は貞時を信濃守護職に任命します。

そして恩賞として現在の飯田市付近の所領を任せるのでした。

こうして小笠原貞時は尊氏・後醍醐天皇派として信州に乗り込んできたわけです。

小笠原家の領地飯田から北上すると諏訪

長野県の地図を見てみると、平地はほんの僅かしか有りません。

平地は小笠原貞時がいる飯田市より北上し、諏訪氏の治める諏訪市から北上すると塩尻、松本、安積野へ、南東に向かうと山梨県へ、と続きます。

つまり飯田市周辺を所領としていた小笠原貞時が更に領地を広げようとすると、諏訪市を狙うしか方法がない、と言える地形なのでした。


そしてその場合、諏訪を治める諏訪氏は北条家の御内人であり、明らかに鎌倉幕府派。

尊氏・後醍醐天皇派の小笠原貞時にとって、攻めやすい相手であったわけです。

しかし諏訪氏は諏訪に土着して長年この地域を支配してきた名家。

そうやすやすと事を構えるわけにはいきません。

そこで、北条の遺児時行を密かに匿っているということを暴けば、合法的に追い落とせるため、時行の行方を血眼になって探すことになるのでした。

まとめ

アニメ「逃げ上手の若君」で描かれている小笠原貞時と諏訪頼重の対立ですが、その理由と原因を解説してきました。

まず第一に諏訪頼重は北条派、小笠原貞時は足利派であるという理由があります。

諏訪氏は北条氏の代官的な役割を信濃の国で行ってきました。

一方、小笠原貞時は鎌倉幕府倒幕の恩賞として信濃守護職に任命されたのです。

この立場の違いが有りました。


第二に小笠原貞時が所領とした飯田市より信濃で領土を広げるとなると、北上して諏訪を狙うしか有りません。

この地理的な要因も小笠原貞時と諏訪頼重が対立する大きな原因となりました。


時代的に以前の秩序が壊れ、新しい秩序が構築されていくわけですので、新興勢力の小笠原貞時にとって、既得権益の諏訪頼重の牙城を崩すのに絶好のタイミングだったのです。

さらに北条氏の遺児である時行を諏訪頼重が匿っていることを暴けば、諏訪頼重の追い落としが可能であったため、小笠原貞時にとっては絶好のチャンスでした。

こうして諏訪頼重と小笠原貞時との対立は、弓矢を交えるまでにエスカレートしていくのでした









コメント

タイトルとURLをコピーしました