映画プロメテウスのおさらいとネタバレ感想!エイリアンコヴェナントの陰謀はここで生まれた!

      2017/09/17

Pocket

ネタバレ感想 1 人類の起源をキャッチコピーにしたけど、内容は全く違う映画

2012年日本公開の際には、予告映像にもあるように「人類の起源」をキャッチコピーに
大々的に宣伝されていましたが、映画の内容では、「人類の起源」はまったく大した謎でも
なんでもなく、それこそ、映画開始数分で謎解きがされてしまうものでした。

とはいえ、開始数分の映像は、最初に見て「なにこれ?」と僕には全くわけの分からない
ものでしたけど。

というのも、この映画を初めて見た時、エイリアンの映画で、1作目よりも前を舞台にして
いるという予備知識だけあったので、最後にエイリアンが出てくるまで、本当にエイリアン
シリーズなんだろうか、ととても困惑もしました。

その後、エイリアンが生まれた謎を3部作で解き明かすというプロジェクトの第1作目である
ことを知ったわけなんですが、今見直してもいろいろとツッコミを入れたくなる所が満載です

映画の中でデヴィッドがチャーリーに黒い液体を飲ませるシーンで交わした会話が印象的で
したので、それについて感想を書きたいと思います。

チャーリーはエリザベスに比べると異星人が人類の起源であることに失望しているよう
でした。チャーリーの言葉を借りれば、地球は異星人が実験に使ったシャーレと同じだと。

今ひとつ理解できないのですが、チャーリーはそれで何を失望しているのでしょうか?

たとえ人類が、異星人の実験によって作られた生物だとしても、それによって人類の価値、
もっと言うのならチャーリーの存在意義が何か大きく変わったとでもいうのでしょうか?

人類が実験の結果できたものだとしても、進化の結果、誕生したのだとしても、今、
存在する一人ひとりの価値は全く変わりはないと思うのです。

もっと飛躍していうのであれば、チャーリーの失望は、望まれなくて生まれてきた子供は
全員、価値がない、と言っているようのものだと思います。

望まれようと、望まれなかったのであっても、生きていく間にその人物のことを必要に
思ってくれる人と出会えれば、それだけで価値があるでしょうし、望まれなかった出産の
末、世界の偉人に数え上げられるようになった人物もいるはずです。

異星人による実験で人類が誕生したとしても、それは気の遠くなるような太古のことで、
昔の起こった変えられない現象を思い悩むというとてつもない非生産性な行為でしか
ありません。

自分では絶対に変えられない歴史の事実に失望しても意味は無いと思ったのでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想 2 アンドロイドのデヴィッドはエスパー?

映画の中で重要な鍵を握るデヴィッド。彼はこの映画だけでなく、今後の映画でも重要な
役割を担っていますが、それにしても、あまりに万能過ぎないでしょうか?

ピーターの秘密の命令を受けて、独自に動き回っているのはストーリー上、実は死んだと
思っていたピーターが生きていたという驚きがあっていいのですが、どうしてそこまで
物事を読んでいるの?と聞きたくなるような行動もチラホラ見受けられます。

例えば、チャーリーに黒い液体を飲ませるシーン。
あれがただの毒で、その場でチャーリーが絶命したらどうするつもりだったのでしょうか?

というより、未来の宇宙船内で解析機械も豊富にあるのに、まったく調査せず、「誰かに
飲ましてみよう!」という発想になる理由がわかりません。

大体、液体の入っていた容器を開けた瞬間、液体が気化しないという保証はどこにあった
のでしょうか?
未知の惑星の未知の物質に対してあまりに不用心すぎます。

彼がアンドロイドだから、という理由付けも無きにしもあらずですが、そうであった場合、
彼の第一の命題はピーターを老衰から救う方法を探す、であったはずです。

それと、黒い未知の液体を誰かに飲ますという行動がどうやったら結びつくのでしょうか?

黒い液体でいえば、それを飲んだチャーリーは約12時間後には体調が急変し、自身でも
諦めてしまうほどの変調をきたしています。

たまたま飲んですぐにエリザベスとHしたからエリザベスの体内に未知の生物が育ち始め
ましたが、彼らがHするなんてどうしてわかったのでしょうか?
Hしなければ、あの生物が生まれることはなかったわけで、しかもその時間的可能性は
12時間。とんでもない狭い窓と言わざるを得ません。

ヤネック船長が生物兵器の開発をしていたのでは、と仮説を立てましたが、おそらくその
とおりだと思います。
だとして、液体を摂取し、12時間で死んでしまう毒物で、それまでにHをすると巨大
フェイスハガーが生まれる薬なんて、武器としてとても非効率的と言わざるを得ません。

毒を作るならはじめから毒でいいし、エイリアンのような攻撃生物を作るならはじめから
生物を作ればいいのに。

一体、異星人はどんな生物兵器を作りたかったのでしょうか?

ネタバレ感想 3 エイリアンが生まれたのも偶然?

だいたい、最後の最後にエイリアンが登場しましたが、登場させる必要はあったのか?
と思ってしまいます。

あの巨大生物も異星人に取り付こうとしたシーンは、とてもグロテスクなたくさんの牙を
持った口の様はものを開けましたけど、それで咀嚼して食べるのかと思いきや、新しい管を
だして、異星人の口の中に侵入するわけです。

だったらあの牙みたいなもの、必要なんでしょうか?必要のない臓器なり器官なりは退化
するのが生物としての鉄則ですけど、あまりにもデザイン重視で、合理性がないと感じ
ました。

最後にエイリアンが生まれたことで、この映画がエイリアンシリーズの一つですよ、と
伝える事はできましたが、あのような過程を経ないとエイリアンが生まれないのであれば、
本当に非効率的すぎます。

この後の2作で、エイリアンの誕生の謎が明らかになるそうですが、これだけ見ると上手く
まとめることができるのか、ちょっと不安に思ってしまいます。

関連記事: 映画エイリアンコヴェナントのネタバレ感想とあらすじ!続編はどうなる?





スポンサードリンク





ページ: 1 2

 - 映画