映画IT1990年バージョンとの違いを紹介!チャプター2のネタバレも考察

      2017/11/03

Pocket

スティーブン・キングの有名な小説「IT」の最新映画が公開されますが、1990年に
二夜放送のテレビ映画として作成され、今回はそのリメイク版という位置づけに
なっています。

僕は原作は読んでいませんが、1990年バージョンと新作の両方を見ましたので、その違いや
今後制作されるであろうチャプター2の内容を考察したいと思います。

関連記事: 映画ITそれが見えたら終わりのネタバレ感想とあらすじ!ITは死なずに第2章が存在する?
関連記事: 映画ITのペニーワイズを演じたビルスカルスガルドはどんな俳優?家族構成やインタビュー紹介
関連記事: 映画ITチャプター1のベブことベバリー役ソフィアリリスはどんな女優?過去の作品や家族構成も
関連記事: 映画ITベバリー役のソフィアリリス紹介インタビューを訳してみました!
関連記事:
映画ITそれが見えたら終わりのネタバレトリビア紹介!原作や1990年バージョンとの比較も





スポンサードリンク

1990年バージョンの紹介

1990年バージョンは、どちらかというと大人になった7人のキャラクターが話の中心と
なっています。
最新版でストーリーのメインとなっている子供の頃の、ペニーワイズの恐怖体験と反撃を
試みた冒険は、回想という形で映像化されています。

それなりに恐ろしいし、いろんな奇怪な現象が彼らに襲いかかりますが、やはりそこは
1990年ということで、今見るとやはりちゃっちい印象を受けます。

特に最新版と比べると映像技術は雲泥の差で、この点は仕方がないのかもしれません。

驚くべきは、大人になった7人です。
なんと一人を除いて全員大成功を収めているようなのです。

ビルはベストセラーホラー小説家で、作品の映画化の話も出ており、英国女優と結婚して
イギリスにすんでいます。
ベンはすっかり痩せてかっこよくなり、建築家として成功してTime紙の表紙を飾ったこと
があるほど。
ベバリーはファッションデザイナーで会社を経営していますし、リッチーは人気コメディ
アンとなっていました。
エディーはリムジンサービスの会社を経営しており、スタンは不動産業で成功していました。

唯一、平凡な生活をしていたのはマイクで故郷のデリーで図書館職員として働いている
傍ら、デリーで30年ごとに起こっている惨劇の歴史を調べていたのです。

そしてあの惨劇から30年後、再びデリーの町で子供達が何者かに襲われ、殺されたり行方
不明になったりし始めたとき、マイクの連絡で6人は約束通り町に戻るのでした。

と、思いきやスタンはあまりの恐怖から自殺してしまいます。

ラッキーセブンだったメンバーは6人になり、デリーに戻ると、彼らにしか見えない怪奇
現象に襲われ、町から出ていくように警告されます。

大人になり、デリーの町から出て、成功を収めている彼らには、町に残ってペニーワイズと
相対する必要はないのですが、それでは一生、過去の出来事に怯えて暮らすことになると
奮起し、再度、下水道の中に入っていくのでした。

そしてペニーワイズの本体である大蜘蛛の化物を見つけ出し、これを倒すことに成功しますが、
エディが犠牲となり、帰らぬ人となってしまいます。

ペニーワイズとその本体を倒し、元の生活に戻る彼らでした。ベンとベバリーは結婚し、
マイクも町を離れる決心をしました。
リッチーはエディに似た俳優を起用して映画に主演します。ビルは再び妻と幸せな生活を
送るのでした。

1990年バージョンとリメイク版との比較

1990年バージョンのほうがおそらく原作に近いのではないかと思います。
そんな1990年バージョンでは、リメイク版と少し異なるシーンと設定が幾つかありました。

たとえば、デリーに起こる30年毎の惨劇を調べているのはベンではなくマイクになって
います。また、リメイク版はマイクは自宅で勉強し、学校に通っていないという設定で
したが、1990年バージョンではきちんと学校に通っていました。

ベバリーは学校で嫌われているというか、バカにされているような描写はあったものの
いじめを受けているとわかる嫌がらせを受けるシーンはありませんでした。

父親から虐待を受けているような描写はありますが、性的な虐待を受けていることを
連想させるような描写は、はっきりとはありませんでした。

一番異なるのは、いじめっ子のヘイリー・バウワーズで、父親を殺す描写もなく、子供
時代の冒険では、死んでしまうという結末を迎えずに、一連の子供達の殺害の犯人として
捕まって自供する、という結末を迎えます。

大人になってからはずっと閉じ込められていた精神病院からペニーワイズの協力をうけて
抜け出し、町に戻ってきていた6人をナイフで襲って、マイクを病院送りにしますが、
その際に反撃を受けたため、持っていたナイフが自身に刺さって命を落とします。

リメイク版では深い井戸の底に落ちていきましたので、おそらく助かってないと思って
いましたが、大人になって6人を襲うというストーリーになっているのであれば、どういう
理由でかは想像できないものの、助かったということにするのでしょうか?
それとも他に残ったいじめっ子グループのキャラを使うのでしょうか?

大人の彼らを誰が演じるのかなど、チャプター2への楽しみが増えてきました。

チャプター2のネタバレあらすじ考察

1990年バージョンを見たとき、スタンが自殺してしまうストーリーに驚いてしまいました。
というのも、彼が自殺を選んだ理由が今ひとつはっきりしないからです。

ペニーワイズに恐怖して、再度相対するのであれば、死んだほうがマシ、ということなの
でしょうが、それほどの恐怖があったようには感じられなかったからです。

夏の終わりに一人だけ、不気味な出来事に出会い、命からがら逃げ出した、というシーンが
ありましたが、それから30年経っているので、今、自ら命を絶とうとする理由の説得力が
薄い気がするのです。

また、ペニーワイズは子供達が怖がった姿になって精神的ダメージを与えていますが、
実態ではありません。
1990年バージョンでは実態は「死の光」を発光させる、とてつもなく大きな蜘蛛が本体で
した。

ただ、蜘蛛が本体となると、かなりストーリーがチープになってしまった印象を受け
ました。
神出鬼没で、何にでも化けることができるペニーワイズのほうが恐ろしげで不気味なの
ですが、蜘蛛が本体では怖さも半減してしまいます。

しかも時代からかこの蜘蛛の動きが鈍くてとても怖さを感じられません。
おそらくモーションキャプチャーで撮影した、このために作られた蜘蛛の模型を使った
のでしょうが、昨今、CGなどを駆使してとんでもない化物が、スクリーン狭しと動き回る
のに見慣れたせいでしょう、蜘蛛が出てきても盛り上がらなかった、というのが僕の感想
です。

どうやら「死の光」というのが、作者スティーブン・キングのこだわって作った設定だと
思います。
せっかくですので、「死の光」を上手く使って、モンスター落ちにしなうようにしてほしい
ものです。

関連記事: 映画ITそれが見えたら終わりのネタバレ感想とあらすじ!ITは死なずに第2章が存在する?
関連記事: 映画ITのペニーワイズを演じたビルスカルスガルドはどんな俳優?家族構成やインタビュー紹介
関連記事: 映画ITチャプター1のベブことベバリー役ソフィアリリスはどんな女優?過去の作品や家族構成も
関連記事: 映画ITベバリー役のソフィアリリス紹介インタビューを訳してみました!
関連記事:
映画ITそれが見えたら終わりのネタバレトリビア紹介!原作や1990年バージョンとの比較も





スポンサードリンク





 - 未分類