映画ラッキーローガンのネタバレ感想とあらすじ!コカコーラ600ってどんなレース?

   

Pocket

映画「ラッキー・ローガン」は、あの「オーシャンズ」シリーズを手掛けた監督、
スティーブン・ソダーバーグがメガフォンを取った作品です。

2013年に引退していたのを、わざわざカンバックしたほどの作品ですので、期待を
持っていましたが、見た感想は、正直、それほど響かなかったです。

何が「オーシャンズ」シリーズと違ったのか、考察してみました





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

ジミー・ローガン: チャニング・テイタム
アメフトの将来有望選手だったが、怪我で断念。離婚した妻との間に娘がいる。
クライド・ローガン: アダム・ドライバー
ジミーの兄、イラク従軍で片腕を失い、軍を退役。今はバーを経営している。
メリー・ローガン: ライリー・キーオ
ジミーとクライドの妹。兄の計画した現金強奪に参加。
ジョー・バング: ダニエル・クレイグ
金庫破りのプロ。刑務所に服役中。

ネタバレあらすじ

高校時代は将来有望のフットボール花形選手だったジミー・ローガンでしたが、怪我の
ためにその夢は断念せねばならず、建設現場作業員として生計を立てていました。
しかしシャーロット・モーター・スピードウェイの建設現場で作業をしている最中に、
会社を首になってしまいます。

しかも離婚した妻のボニートの間に最愛の娘、サディーがいて定期的に会っていたのですが、
ボニーと再婚相手が仕事の関係で今より遠い場所に引っ越すことになり、そうなれば
これまで以上に合うことが困難になることがわかるのでした。

失意と怒りを覚えながら、兄クライドが経営するバーで飲んでいたジミーでしたが、客で
ロートレースチームのオーナーであるマックスとそのクルーがやってきて、クライドの
ことをからかって笑いものにしている場面に出くわします。

クライドはイラク従軍をした際に負傷し、片腕を失って義手をはめて、バーテンダーを
しているのでした。

ジミーはマックスとその連れを痛めつけ、クライドはマックスの車に、アルコール度数の
高いお酒で即席の火炎瓶を作って火を付けます。

一連の騒動が修了した後、ジミーはクライドに向かって「カリフラワー」という、秘密の
合言葉を言い放ちます。
これは二人が若い時に、犯罪を企んだ際に使う合言葉でした。

次の日、ジミーはクライドにスピードウェイのエアーシューターシステムを利用した現金
強奪計画を話すのでした。

クライドはジミーの計画に賛同し、二人は金庫破りのプロであるジョー・バングを仲間に
入れるべく、会いに行きます。

しかしジョーは刑務所に服役中でしたので、誰にも気付かれず、ジョーを刑務所から抜け
出させ、仕事が終わった後、誰にも気付かれずに刑務所に戻すという計画を立てます。

ジョーは計画に参加することにします。そして3人の他に、ジョーの弟二人のサムと
フィッシュ、そしてクライドとジミーの妹のメリーの6人で実行することになるのでした。

まず、クライドが軽い犯罪をわざと犯し、90日間の刑務所送りとなります。
これによって実行日にジョーを刑務所から脱出させる手助けをするのでした。

メリー、サム、フィッシュはスピードウェイの金庫室にゴキブリを送り込むことで、その
駆除清掃員に化けて忍び込み、金庫室の寸法を測ることに成功します。

ジミーは実行に備えて用具を揃えていましたが、ある日、クラスメイトだったシルビアと
再会します。彼女は医者としてキャンピングカーを改造して移動クリニックで患者を診て
回っていましたが、経営は苦しい状態でした。

シルビアはジミーが破傷風の予防ワクチンを必要としている事に気づき、これを注射で
投与します。

その直後、ジミーはスピードウェイの工事が既に終了していることを知り、5月の最後の
月曜日に設定されている祝日、戦没将兵追悼記念日の前日に行われるコカ・コーラ600
レースにおいて計画を実行することにするのでした。

ジョーとクライドは、仲間の囚人をそそのかし、暴動を起こさせます。その混乱に乗じて
刑務所を脱出、輸送車の下に隠れて抜け出し、メリーとの待ち合わせ場所で落ち合って
スピードウェイに乗り込みます。

同じ頃、サムとフィッシュはスピードウェイのメイン発電機を爆発物で破壊し、会場の
買い物をすべて現金で行うように仕向けます。

ジョーは爆発物を使ってエアシューターのメインパイプを破壊し、それによって金庫室の
現金を吸い上げ始めるのでした。

しかし、この爆発によって煙が発生してチューブから漏れ始め、それに気がついた職員の
知らせによってガードマン二人が、異変が起こっていないかどうか、見回りに送られます。

幸いなことに、ジミーが念のために用意しておいた囮によって、バレることなく、仕事は
完了しますが、スピードウェイを抜け出すジョー、クライド、ジミーはその途中で、
レースに参加していたマックスと鉢合わせしてしまい、3人でマックスを叩きのめすことで
なんとかその場は逃げ出すのでした。

いくつか危ない事はありましたが、なんとか無事に全てを済ませ、ジョーとクライドは
無事に刑務所に戻り、ジミーは娘のミスコンに間に合います。舞台の上からジミーの姿を
見つけたサディーはジミーの一番好きな歌、カントリーロードを歌い、コンテストに優勝
するのでした。

FBI捜査官サラ・グレイソンが調査に乗り出しますが、刑務所で暴動が起こっていたため
に詳細がはっきりしないこと、スピードウェイで3人を見たというマックスの証言に対して、
マックスのことに反感を抱いていたチームドライバーが、正反対の証言をしたこと、
そしてスピードウェイが盗まれた金額に対して保険でカバーできたことに満足し、それ
以上犯人探しに興味がなくなったことが重なり、6ヶ月後に調査は打ち切りとなりました。

ジョーは刑期を終え、釈放されて自宅に戻ります。そして庭に埋められた彼の取り分を
見つけ出すのでした。

残りのメンバーも取り分を受取りましたが、その他にも、刑務所で暴動を起こすように
手配してくれた囚人や、金庫にゴキブリをばらまくために利用した女性職員、ジミーに
注射をしてくれたシルビアにも匿名でお金を渡していました。

ジミーは引っ越したボニーとサディーの家の隣の家を購入し、住宅リフォーム・生活家電
チェーン店のロウズで働いています。

映画の最後のシーンはクライドのバーで全員が集まって酒を飲み、楽しいひと時を過ごし
ています。そこにシルビアが現れ、親しげにジミーの横に座ると、二人はキスを交わす
のでした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画