映画のレッドスパローネタバレ感想!ドミニカの本当の狙いは何?

      2018/04/02

Pocket

ネタバレ感想 1 アクションのないスパイ映画は疑心暗鬼状態

スパイ映画はたくさんありますが、この「レッドスパロー」はアクションシーンが全く
ありません。

アクションシーンはおろか銃撃戦もない映画で、派手さがない一方で謎に対して一体何が
真実で信じていいのかが、最後までわからないスリリングなストーリーでした。

と、書きましたが、謎に対する答えはわかるものの真実は映画が終わっても謎のままなの
かもしれない、とも思えてきました。

わかりにくい、とも言えるストーリー展開で、好き嫌いはかなり分かれる映画ではないか
と思います。

僕個人としては嫌いではないものの、好きにもなれないという映画のような気がします。
個人的に内容を理解するために数回、見直してもいいかもしれませんが、自分の中で納得
がいってしまえば、それ以上見直したい、とは思わないでしょう。

最後の最後にネタバレがあるのですが、正直それを明かされたところでどうなのよ、と
いう気にもなってしまうほど、こんがらがっていて一回見終わったあとのスッキリ感は
乏しかったです。

何よりドミニカの気持ちがはっきりしない。

今思えば、不遇の家族生活に付け込まれて、無理やり女スパイになる以外の選択肢を選べ
なくされ、始めから終わりまでその復讐の機会を待っていたのかな、と感じられますが、
映画を見ている最中、そういったドミニカの思いというものは、僕は全く感じることは
できませんでした。

その分、ミステリアスな雰囲気を常に持ち、一体どうなるだろうという今後の展開への
期待を煽れるはずでしたが、僕にとっては訳がわからない、というはてなマークの方が
いつも頭の中にあったような気がします。

その結果、何のために女スパイをしているのかという理由が弱いというか、映画のはじめ
から終わりまで納得できないままでしたので、今ひとつストーリーの中に入り込めません
でした。





スポンサードリンク

ネタバレ感想 2 ロシア側ばかりでちょっと…

ドミニカが女スパイになる過程といい、女スパイになってからのドミニカの活躍が
メインで語られるのは仕方ないとは思いますが、どうしてもロシア側ばかりの視点で話が
進んでしまい、対するアメリカ側の行動というのが、受け身にしか感じられません。

アメリカ側のほうが仕掛けているのですから、本来ならアメリカ側のほうがもっと積極的
に動いているのが自然ではないのでしょうか?

ちょっとそこにアンバランスを感じてしまいました。

とくに、ロシア側のスパイ養成場内の話や、裏切ったドミニカを拷問するシーンなど、
詳細に描かれていて、ロシアは恐ろしいな、と思いましたが、それに比べるとアメリカ
側は都合がいいというか、ロシアで虐げられているのなら亡命しておいでよ、きちんと
身の安全を保証するから、といいことしか言っていないように感じられます。

そういう甘言で立場の悪くなった要人を釣る方法もあるでしょうが、それだけのようで
存在意義が薄く感じざるを得ません。

また、CIAエージェントで諜報活動を長年してきたベテランのネイトがああもカンタに
ドミニカの色香に惑わされてしまうのでしょうか?

たった一人でモスクワまで来たところを見ると、ドミニカがモスクワに連れ去られた後、
CIA内で救出するべきか見捨てるべきかの議論があって、結果は見捨てるという決断が
くだされたとと思われます。

それに納得できず、一人で来たわけですが、生き馬の目を抜く世界で活動しているスパイ
のネイトが、どういう理由でドミニカを助けたいと思うほど惹かれたのか、説得力が
足りない気がしました。

ロミオとジュリエットなみの恋愛物語であれば、愛の前に国境はない、となるのもわかり
ますが、スパイ映画で愛が強くて、というのはちょっとな、と思います。

ネタバレ感想 3 ジェニファー・ローレンスの体当たり演技に驚き

主演のジェニファー・ローレンスといえば、いまハリウッドの中で一番売れている女優と
言ってもいいくらいの活躍です。

そんな彼女がこの映画で全裸を披露したのには驚きました。

その衝撃が大きすぎたためでしょうか、ロシアのスパイ養成所では色仕掛けしか教えて
いないような印象を持たれてしまっているような気がします。

スパロー養成所でのトレーニングは各武器での戦闘方法などあったようですが、そこは
ほとんどフューチャーされず、唯一と言っていいほど時間を裂いて取り上げられていた
のは、心理戦の習得と称しての色仕掛けの授業。

しかしその色仕掛けの講義、女スパイにとってはハニートラップ技術はどのような任務に
関してでもとても有効なテクニックではありますが、それを男女共学で受けさせる意味は
あるのでしょうか?

女性にとっては大勢の視線がある前でも平然とできるだけの心の強さを得るために、
同性だけでなく異性もいたほうが有効だとは思いますが、見させられている男性は
それによって今後受け持つであろう任務のどの部分に役立つのかな、と。

なんとなくヌードシーンを出させる必然性としてフーチャーされたのでは、と邪推して
しまう僕でした。





スポンサードリンク





Pocket

ページ: 1 2

 - 映画