映画ブラッドファーザーのネタバレ感想とあらすじ!娘はどうやって父親の連絡先を知った?

      2017/06/05

Pocket

映画「ブラッドファーザー」はメル・ギブソン主演のアクション映画。

メル・ギブソンの代表作「マッドマックス」を彷彿させるようなアウトローヒーローで
娘を守る父親役
を見事にこなしています。

父と娘の交流にも心温まるものがありますが、少し時間設定がおかしいのでは、と思って
しまう部分がありました。

関連記事: 映画ブラッドファーザーより本当に不法メキシコ移民がアメリカ人の職を奪っているのか?





スポンサードリンク

予告動画はこちら

キャストの紹介

ジョン・リンク: メル・ギブソン
元犯罪者で今は仮出所し、アルコール中毒のリハビリ中。
リディア・ジェーン・カールソン: エリン・モリアーティ
ジョンの娘。母親と暮らしていたが家出。トラブルに巻き込まれ、ジョンに助けを求める。
ジョナー・ピンサーナ: ディエゴ・ルナ
リディアの彼氏で、ギャングの一員。誤ってリディアに撃たれる。
カービー・カーティス: ウィリアム・H・メイシー
ジョンの保護観察官で、唯一の友人。

ネタバレあらすじ

リディアは彼氏のジョナーとその仲間と一緒にとある貸家に武装して押し込む準備をして
いました。家の壁裏に隠してあったお金を主人が見つけて盗んだということで、それを
取り戻すためでした。

先に潜入したジョナーと仲間が住人の旦那を射殺し、妻を拘束。リディアに射殺するように
強要します。ためらうリディアを恫喝するジョナーのスキをツイて妻は逃げ出します。それに
驚いたリディアは発砲してしまいますが、誤って弾はジョナーの首を貫通するのでした。

とっさにその場を逃げ出したリディアは、困り果てて、長い間音信不通だった父親のリックに
助けを求めます。

リックは7年刑務所にいたあと、仮釈放され、刑務所に入る前から患っていたアルコール中毒の
リハビリをしていました。今はトレーラーハウスで暮らし、刺青師として働いています。

リディアを保護し、トレーラーハウスに戻ってたリックはリディアのカバンの中を確認し、
お酒にハンドガン、そして薬をみつけますが、リディアには何もいいませんでした。

数日の間、何事もなく平穏に過ぎていきますが、ある日リディアはギャングより脅迫
メッセージを受け取り、恐ろしくなって薬に手を出すことで気を紛らわせようとしますが、
ジョンに見つかって、叱り飛ばされるのでした。

その後、ある日の夜にギャングがリディアを探してジョンのもとにやってきます。
追い返そうとしたジョンとの間で口論となり、その後、銃撃戦へとなります。重火器を
使い始めたギャングに防戦一方となり、クルマで体当りされてトレーラーは横転させられ
ます。

そこへジョンの保護観察官のカービーと武装した近所の住人たちが駆けつけて来てくれた
お陰で、ギャングは退散します。
横転したトレーラーの外に出たジョンとリディアはパトカーのサイレン音が近づいてくる
事に気づき、カービーの泊めるのも聞かず、その場から逃げ出すのでした。

リディアはジョンに何があったのかを全て話します。ジョナーはメキシコの麻薬密売組織と
関係のある危険な人物でした。

二人はとあるホテルにチェックインします。そこで、リディアはリディアとジョンが、
ジョナーと仲間が殺した借り家の住人の殺害容疑者として警察が指名手配したことを
知ります。

調べにやってきた警官から逃れて駐車場でクルマを盗もうとしている最中に、警官が麻薬
密売組織のヒットマンに殺されるところを目撃します。二人はすんでのところでヒットマン
から逃げ出すのでした。

ジョンは彼の友人で、アウトローの生き方を教えてくれた人物、プリーチャーに助けを
求めます。プリーチャーは今では戦争に関するアイテムの収拾と売買をしていました。
ジョンの助けに応じるプリーチャーでしたが、リディアにかけられて賞金の金額を知る
と二人を捕まえて、賞金を受け取ろうとします。

ですが、ジョンの機転でその試みは失敗に終わり、バイクを奪って二人は逃げ出すのでした。
その二人を追ってきたプリーチャーの手下二人は、ジョンの反撃にあって命を落とします。

ジョンは刑務所でお勤めしていたときに知り合った友人、アルトゥーロに面会にいき、
ジョナーのことを聞きます。
アルトゥーロからの情報で、ジョナー自身がお金を盗み、その濡れ衣を住人に押し付けて
始末したことを知ります。

一方、一人でジョンの帰りを待っていたリディアのもとにカービーから電話が入ります。
カービーは一人でいるのは危険なので、映画館のような人の多い場所に行くように
アドバイスします。

が、映画館で待ち伏せしていたのは死んだと思われていたジョナーでした。逃げ出す
リディアでしたが、ジョナーの仲間によってとらわれてしまいます。

刑務所を出たジョンはカービーに電話をします。しかし出たのはジョナーでカービーを
脅してリディアを手に入れたことをジョンに話し、カービーを殺してしまいます。

ジョンはジョナーに、組織のお金の横領の秘密を知っていることを話し、取引を持ちかけ
ます。それはリディアをいかしたままにしておくことと、砂漠のとある地点で落ち合うこと
でした。ジョニーはその取引に応じざるを得ません。

プリーチャーのもとに戻ったジョンは地雷と手榴弾を手に入れて、落ち合う場所にむかい
ます。既に待っていたジョニーとその仲間はジョンにバイクを降りてクルマに乗るように
指示しますが、その際にジョンがバイクに仕掛けたブービートラップに引っかかり、
4人いたうちの二人が吹き飛ばされます。

クルマに乗らされて両腕を縛られていたジョンですが、爆発のスキをついて反撃します。
隣りに座っていたギャングにとどめを刺したタイミングで、外に出たジョナーが発砲して
きましたが、なんとか応戦します。ジョナーはひとり、その現場から逃げ出すのでした。

ヒットマンが高台から狙撃を初めます。その一発がジョンの脇腹に当たりました。
なんとか車の陰に隠れたジョンは、反撃してヒットマンにダメージを与えます。

狙撃用ライフルの弾が切れたため、ハンドガンに持ち替えて攻撃するヒットマンでしたが、
距離が遠すぎるため、近づいてきます。ジョンはヒットマンの裏をかき、なんとか仕留め
ますが、ヒットマンが放った銃弾が2発ジョンを捉え、ジョンもリディアの腕の中で力
尽きる
のでした。

ジョナーは逃走中に警察に捕まります。刑務所に送られましたが、そこにはアルトゥーロと
その手下が待っていました。

一年後、リディアはアルコール中毒のリハビリグループの中で話をしていました。
お酒を断って一年が経ち、父親を恋しく思うことで眠れない夜がありますが、今生きて
いられるのは父親のお陰であり、ありがとうといつも語りかけている、
と。





スポンサードリンク

ネタバレ感想は次のページへどうぞ

ページ: 1 2

 - 映画