カナダ在住20年の筆者が見た映画の感想とふと思った疑問についてを勝手気ままに書いていくブログです。

映画ブラッドファーザーのネタバレ感想とあらすじ!娘はどうやって父親の連絡先を知った?

2019/08/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ネタバレ感想 1 離れ離れの父娘が再び心を通わせる感動の物語だけど…

長い間音信不通だった元犯罪者の父親とトラブルに巻き込まれた娘が再びめぐりあい、
一緒に困難に立ち向かう感動のストーリー、ではありますが、映画内で出て来る話を
つなぎ合わせて時系列で考えてみると、おかしなところが出てくるのではないか、と
疑問に思ってしまいました。

では、それを考察してきましょう。

リディアが行方不明になった日付が2012年4月23日。
2014年に撮影が始まっていますが、もともと小説が元ネタであるため、小説が発表された
のは2013年ごろではないかと、思われます。
発表された年が作中での時間ではないかもしれませんが、話自体は2015年くらいだと
してみましょう。

2015年の時点でリディアは17歳です。
一方リックは7年刑務所にいて、刑務所にいる最中から禁酒をして2年になると発言して
います。となると、刑務所に入ったのは8年前くらいでしょうか。つまり2007年。
その年はリディアは9歳という計算になります。

リックとリディアの母親は離婚し、その後リディアは3人の義理の父親を持ったと言って
います。
離婚した原因が、刑務所に入ったからかもしれませんが、アルコール中毒でもあったので、
その前に離婚している可能性もあります。

となると、離婚したのは数年前、リディアは6歳から8歳ということになります。

それくらいの年齢であれば、実の父親との記憶もありますし、もしかすると父親に懐いて
いたかもしれません。

その記憶から父親に助けを求めた、としても不思議はないかもしれないです。




ネタバレ感想 2 じゃ、連絡先はどうやって手に入れた?

しかしどう考えてもおかしいのは連絡先を知っていたことです。

14歳のときに家出をしています。その時、ジョンは刑務所の中にいた可能性が大です。
仮出所した後も、リディアがどこにいるかわからないと言っていますし、もちろん
連絡先も知りません。

では逆にリディアがジョンの連絡先を知っている可能性を考えてみましょう。

唯一考えられるのは母親が話したというルートです。
ジョンがリディアからお金をほしいと無心されたとき、ジョンは母親に電話をしています。
その会話から、以前にも電話をしていたことがうかがい知れますので、ジョンの電話番号を
知っていた可能性もあります。

とはいえ、元妻にとってジョンは厄介者の何者でもなく、できれば関わり合いになりたく
ないと思っていると思います。そんな人物の電話番号を取っておくでしょうか?

また、家出をしたリディアは大なり小なり母親との間が上手くいっていなかった可能性が
大です。そんな母親に電話をするのか、というのが最大のネックで、おそらくしないで
あろうと考えるの自然です。

とすると、他のルートで電話番号を知り得たことになりますが、はたしてどんなルート
だったのでしょうか?
ちょっと僕には思いつきません。

ネタバレ感想 3 自身のトラブルを役作りに活かしたかのようなメル・ギブソン

メル・ギブソンにとって久々の主演アクション映画ですが、その役どころは元犯罪者で
アルコール中毒からリハビリ中というものです。

元犯罪者はさておいても、元アルコール中毒患者という設定はなんとなく意味深な感じ
しなくもありません。

メル・ギブソン自身飲酒運転トラブルで2006年に逮捕されていますので、最初のリハビリ
のシーンでのスピーチは何らかの思い入れがあったのではないでしょうか。

ここ2作ともアクション映画の悪役で出演していましたので、今回はヒーローと思いきや、
また背景はアウトロー。DV問題で騒がれたこともありますし、なかなかついてしまった
イメージを払拭できずにいるのかな、とも思いますが、でももともと出世作の「マッド
マックス」もダークヒーローですし、「リーサル・ウェポン」シリーズもちょいワル風な
正義の味方でした
から変わっていないのかもしれません。

個人的に驚いたのはジョニー役のディエゴ・ルナ。最初の髭面、最後の病み上がりの顔から
気が付きませんでしたが、「スター・ウォーズ ローグワン」の準主役キャシアン・アンドー
役の俳優ではありませんか。

日本での公開順序から「ブラッドファーザー」のほうがあとになってしまっていますが、
制作年別で言えば、もちろんこちらのほうが先。その後「スター・ウォーズ」に参加して
いて、広く名を知られてことになります。

とはいえ、メキシコでは有名な俳優で、監督・プロデューサーもこなしているそうです。

彼の悪役ぶり、そして最後に刑務所に入ってからの不安な表情はとても雰囲気が出ていて
良かったです。本作でももっと登場シーンを増やしてくれたらなぁ、と思ってしまいました。











ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Takmoの映画三昧 , 2017 All Rights Reserved.